CD Review --070--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「ムーピーゲーム」 the sad sad planet

男女2人ユニットの3rdシングル(3曲収録)。これはいいですよ。これまでの盤は、試聴とかしながらも、なぜか手が出てなかったんだけど、この作品は春のリリースということもあってか、全体に開放的な色彩感があって、とても気持ちよく聴ける。特にタイトル曲が素晴らしい。洗練された哀愁を秘めたメロディー、キュートでいながらそこはかとない色気のあるボーカル、そしてアコースティックな雰囲気で始まり、後半に向けて盛り上げて行く芯の強さを感じさせるサウンド…。大サビへの展開なども言うことなし。完成度は非常に高いのではないだろうか。C/W曲の水準もよい。アルバムでもこのレベルをキープしていれば、これはすごいことになりそうだ。 ★★☆(04/04/24)

「タイガー・リリィ」 CECIL

4曲収録だからミニアルバムというより、マキシでしょうか。「タイガー・リリィ」は曲名ではなく、この作品全体のタイトル。雰囲気的には、初期作品〜つまり「CHEEK」までの3枚などに近い感じかな。技術的にはものすごく高くて、ポップはポップなんだけど、気分的にはゆったりした曲が中心。ある意味で時代を超越しているというか、エバーグリーン性の高い世界ではないだろうか。このグループにマンネリは存在しないと確信。聴いていると、昔の外国映画を見てたり、海外の短編小説を読んでたりする時のような気分になってくる。すごく快適。個人的には、まさにリラクゼーション、ヒーリングミュージックだったりします。 ★★☆(04/04/18)

「カミヒコウキ」 麻衣夢

「マイム」と読みます。ソロシンガーの1stミニアルバム(6曲収録)。浜口庫之助のカバー「みんな夢の中」があるほかは、全曲自作です。雰囲気としては、昔のヤマハ系ニューミュージック、特にエレクトーンやってた人が作りそうな曲とでもいいましょうか。ボーカルもきれいなソプラノだし、決してイマドキ風ではないのだけど、妙な魅力がある。何がいいのかというと、やはりメロディーのおいしさだろう。覚えやすくてフックがしっかりしているし、全体にロマンチックな気分があるところがいい。ボーカルも真っ直ぐで可憐でケナゲな感じ。あと、アレンジもけっこう凝ってます。たぶん予算の関係で生音じゃないのが残念だけど、ジャズ風サウンドの曲とか好きですね。ハマる人はハマりますよ、これ。(^v^) ★★(04/04/18)

「4/3」 ズクナシ

女性4人組バンドのライブ会場で売ってた自主制作CD(3曲収録)。タイトルは「サンブンノヨン」と発音。これは、4月3日リリースということにも引っ掛けてあるらしい。「米ぬか夫人」「メロウソロウ」「ハッピーソング」…という最近のライブでやっている代表曲を集めた盤で、いずれも彼女たちらしい都会的なR&Bをベースにしたクールなナンバー。ライブっぽい一発録り風サウンドで、演奏時間も各曲6〜7分近い長尺版になっていて、ステージの雰囲気がよみがえってくるようだ。なかなか力のあるバンドだと思うので、これからの成長がとても楽しみ! ★★(04/04/18)

「きみになりたい。」 小西康陽作品集 for girls

レディメイド・プレゼンツのお楽しみオムニバス。あの小西康陽氏がアイドル系女性シンガーに提供した楽曲を集めた作品集。それぞれ相手の個性にあわせて書いてるのだとは思うけど、こうしてまとめて聴いてみると、まるで最初からひとつの作品だったかのように、サウンド的なまとまりを感じさせてしまうのは、やはり小西氏の作家性に一本芯が通っているからに違いない。それと、アイドル向けということで、小西氏自身もスイートなナンバーをつくるのを楽しんでたんじゃないだろうか。小室哲哉、つんく…をはじめ、女性シンガーの楽曲を得意とするプロデューサー/ライターは他にもいるけど、個人的には一番好きですね。16曲収録、66分間たっぷり楽しめるエンターテインメント盤! ★★☆(04/04/18)