CD Review --072--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「ナミナミ」 東川亜希子

1stミニアルバム(7曲収録)。ピアノ弾き語りで歌うソロシンガー。ほどよく力の抜けた素直なボーカルと耳なじみのいいメロディーのバランスがいい。特に、アレンジ(ピアノのフレーズ)には個性があり、音数が比較的多いのでかなりポップな気分もあるし、かといって決してうるさくならない洗練されたものだ。声質も柔らかくて好きですね。日常的な幸福をさらっと歌っている素直な歌詞世界は、いかにも中流家庭の育ちのよいお嬢さん風だけど、嫌味がまったくなく、紅茶とエクレアが似合いそう。ポップ度の高いM1「タイムマシーン」や跳ねるようなM2「Melody」、しっとり感のあるM4「わたぼうし」…などが印象的。全体の水準も高い作品だ。 ★★(04/05/23)

「風薫る」 タケヲ

2ndマキシシングル(4曲+隠しトラックとしてもう1曲)。ジャケットの抜けるように青い空が印象的。そう、この作品は全曲がこの風薫る5月の空のような気分をテーマに作られている。前作ではインドア系のイメージだったんだけど、今回は気持ちいいほど開放感あふれるオープンエア系。明るいメロディー、歌詞の内容もメチャクチャハッピー。彼氏とのデート前のウキウキ気分とかね、思わず笑ってしまうような感じ。M4「east olive way」は、たぶん留学体験を歌ったもの。これも素敵な思い出の曲だ。サウンドは、ひとことでいえばポップスなんだけど、ゴスペルっぽいタイトル曲があったと思えば、歌謡曲っぽいM2、アジアっぽいM3…などいろんな味つけが楽しめる。 ★★(04/05/23)

「光る海」 辻 香織

1stフルアルバム(10曲収録)。フォークのカバー集もリリースしてる彼女だけど、本作は全曲オリジナル(一部プロデューサーの小宮山聖氏と共作の曲あり)。フォークというよりアコースティック色の強いギターポップ、あるいはニューミュージックかな。派手さはないけど、どの曲も丁寧に作られていて、彼女の甘い声質が好きな人なら、かなり楽しんで聴けると思う。ジャケットに使われてる「春の海辺」の写真が、まさにこの作品のふんわりした気分を象徴している。ライブでも歌っている「Hey!ジョニ」は、中盤のよいアクセント。ただ、個人的には、これくらい刺激のある曲がもう2〜3曲あれば…という気がしてしまった。ちょっと単調さが気になったので、星は辛め。 ★☆(04/05/23)

「意味深探偵団」 リナン

ゴールデンウィークにライブを見て、ちょっと気になったので買ってみた一枚。4月リリースのリナン名義での1stシングル(4曲収録)。美しいメロディーのポップ曲でボーカルはウィスパー系。雰囲気で聴かせる感じかな。4曲中3曲がミディアムナンバー。メロディーには、どこかイギリスっぽさを感じさせるような典雅な響きがある。…なんて書いてても、これじゃさっぱりわけが分からんよね。独特の個性があるサウンドで、なんとも説明しにくいものだ。でも、どこかクセになりそうな魅力もある。※タイトルの「意味深…」は収録曲名ではない。なぜ探偵団なのか、そのココロはなんでしょう? ★★(04/05/22)

「Our Love to Stay」 Our Love to Stay

2004年1月リリースのデビュー作品。8トラック収録のミニアルバム(短いインスト曲やリミックスも収録しているので実質5曲)。シングル「春」が気に入ったので買ってみたのだけど、生のホーンズを生かしたビッグバンド・ジャズサウンド&ポップなメロディーというコンセプトは、もうこの時点でしっかり確立されており、とても充実した作品になっている。M2「One Love」とかM4「ソファ」(←この曲はウィズ・ストリングス!)など佳曲も多い。また、ふと当然のように聴いてしまうけど、ボーカルのAYAさんは、これは相当に上手いですよ。ぜひライブで聴いてみたいアーチストだ。 ★★☆(04/05/17)