CD Review --074--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Every time」 TiA

16歳のソロシンガーの1stシングル(2曲収録)。デビュー後すぐに17歳になったみたいだけど、高校生にはかわりない。でも、自作の曲もしっかりしているし、歌いっぷりも堂々としたものだ。基本的にはR&Bテイストの入ったポップ曲。曲調そのものには、それほど新鮮味はないながら、全体に感じられる開放感、メロディーの伸びやかな感じ、声質のフレッシュな響きなど、とてもすがすがしいものがある。リップしかつけてないような、素顔に近いメークのジャケットの感じそのまんま。出来れば、C/W曲も同じテイストのナンバーで押して欲しかったな。ミディアム〜スローの曲なんだけど、こちらはややありがち。
★★(04/06/19)

「ひまわり」 星村麻衣

3曲収録のシングル。全曲がメロディー重視のミディアムナンバーで、これまでのピアノをバリバリ弾きながら歌うピアノロックな彼女のイメージの意表を突くものかもしれない。しかし、どの曲も切なく美しい旋律が全編にはりめぐらされており、それを感情豊かに、あるいはしっとりと歌い上げている。案外彼女の本質はこっちなんじゃないか…と思うほどの充実ぶりだ。ピアノはもちろんフィーチュアされているけど、最小限に抑えられている感じ。まわりから与えられていた、あるいは自ら演じていた「ピアノガールという役割」から解放された自然体。何のポーズもつけずに、こっちをまっすぐ見つめるジャケット写真からも、そんなストレートな意思みたいなものを感じる。いいですよ、これ。 ★★☆(04/06/19)

「君といる時間の中で」 平原綾香

3rdシングル(2曲収録)。デビュー曲の「ジュピター」が大ヒットした彼女だけど、以後はオリジナル曲で展開中。といっても、ストリングスをフィーチュアしたスケール感のあるミディアム曲…という路線を引っ張ってしまってるのは、まあ仕方ない感じだろうか。単にこの一曲として聴けば、中音域に個性がある彼女のボーカルを生かした、わるくないナンバー。クオリティは高い。声質のせいだろう、実際の年齢よりも大人っぽい曲を歌える人だと思うので、やはりシングルよりもアルバムでじっくり聴きたい気がする。ジャズっぽい曲なども映えそうだ。※同時に、母音の発音に独特の歌い方、特色がある。米村裕美さんをちょっと思い出したりした。 ★★(04/06/19)

「あじさい畑」 堀下さゆり

シングルはこれが1st(3曲収録)。弾き語りのイメージが強い彼女だけど、この盤はクリンゴンがプロデュースということで、きっちりしたバンドの音になっている。一言でいえば、インディーポップサウンドにアコースティックピアノを加えた感じのソフトロック。サウンド的には好感の持てるものだが、特に個性的というアレンジでもないため、かえって普通っぽくなってしまったような気もする。彼女独特のメロディーがきわ立つ場面がいまひとつみつけにくいのだ。ライブで聴いたらまた印象が違うのかもしれないけど…。ややテンポを落としたM3「くずかご」がその中では比較的いい感じ。 ★☆(04/06/19)

「Slow Music」 rain book

男女2人ユニットの1stミニアルバム(7曲収録)。ライブで気になったので買ってみた。2003年11月リリースの旧譜。大人のための癒し系サウンド…というコンセプトで、童謡のカバー「朧月夜」(♪菜の花畠に入日薄れ…)なども入っていたりするのだけど、実は他のオリジナル曲がとても良い。ライブでは、カバー曲の比重が高く、オリジナルはあまり演奏してなかったのだけど、実にもったいない話だ。郷愁を誘う二胡の音色が効いているM1「お家に帰ろう」、ゴスペルテイストを上品にまとめたM3「気づいてる?」…など佳曲の印象が強い。サウンドはアコースティック中心だけど、メロディー自体はかなりポップス的なものだし(M7「ずっとずっとずっと」など)、清涼感、透明感のあるボーカルの美しさも素敵。 ★★☆(04/06/19)