CD Review --075--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「the look of love」 Tammychan

池田夕美さんのワンマンユニット「タミーチャン」の2ndミニアルバム(6曲収録)。「タミー・チャン」と発音すると香港かどこかのアーチストみたいだけど、実は本名の読み替えのようです。で、サウンドなんだけど、これは楽しいですよ! のんびり&のほほ〜んとしたゆるい感じのギターポップで、メロディーは80年代の南野陽子とか松本典子といったお嬢さん系アイドルが歌いそうなかわいらしいもの。ボーカルの声質もキュートな雰囲気で、ちょっとその系統入ってます。完全に古いわけでもなく、でもどこか懐かしい気分がベースにある。個人的オススメは、ラストのM6「秘密」。スチールギターのゆるゆる感がたまんない。脱力したい時、昼寝のお供に、あるいはちょっとうれしいことがあってプチハッピーなんて時に聴くと、より幸せになれるかも…。 ★★☆(04/07/10)

「レモンシュガー」 アルコロール

男女2人ユニットの1stアルバム(9曲収録)。リラックスできるボサノバ〜ポップ曲集で、テクニック的にはけっして上手いとはいえないヘタウマ系ボーカルと、どことなくチープ感のある薄〜いバックのサウンドが、なんともいえない「ハナウタ感」をかもしだして絶妙。特に、ボーカルはこういうタイプが好きな人とそうでない人に分かれるのでは…という気がするんだけど、個人的にはかなりツボにはまりましたね。甘くてかわいい声質なのも良いし。例えていうなら、透明ビニール素材のグッズ類が持つポップなお洒落感…に共通する手触りとでもいうのかな。60年代と現代が共存しているような雰囲気で、軽くBGMとしてもいいし、じっくり聴き込むことも可能な奥の深い盤。 ★★☆(04/07/10)

「S.F. sound furniture」 capsule

カプセルの新作は11曲収録。…といってもそのうち5曲はインスト、またはSEにナレーションをかぶせたようなトラックなので、歌ものナンバーは実質6曲。それら、ボーカル曲でのメインはすべてこしじまとしこさんが取り、豊富なゲストボーカル陣はコーラスにまわっている感じ。「サウンド・ファニチャー(=家具としての音楽)」というコンセプトだから、歌だけじゃなく「サウンド作品」もあわせてトータルに…ということなんだと思うけど、ボーカル好きには一曲おきにインストがはさまる構成は、ややテンポが気になる感じ。ボーカルナンバーは「キューティー・シネマ・リプレイ」に匹敵する充実ぶりなだけに、もっとストレートにこしじまさんの歌を楽しめる作品になっていたら言うことなかったのですが…。オススメナンバーは、M10「Ocean Blue Sky Orange」。※こういう場合、MP3プレーヤーなどで自分で曲順を編集して聴けばいいんでしょうね、これからは。 ★★(04/07/10)

「フェルマータ」 一十三十一

久々の新作はメジャーデビューミニアルバム(6曲収録)。全体の音は、深い響きを持つアコースティックサウンドを基調に、彼女の個性的な節回しのボーカルがくっきりと浮かび上がってくるもの。ジャズ、R&Bなど様々な音楽的要素を用いながらも、まさに一十三十一の音楽としかいえないものだ。クオリティはとても高いのだけど、メロディーのおいしさ、ポップスとしての楽しさ…といった側面から聴くと、ちょっと難しすぎるのでは…という気がしたのも確か。インディー時代のシングル曲が持っていた、いい意味での歌謡曲的なポップ感が薄れているのは、個人的には残念だ。hiro:n の「マンゴスチン」などと近いものがある。そんな中では、前述の「DOWN TOWN」や「渚にて」などが比較的聴きやすい。また、歌詞も全般的に抽象度が高く、恋のはじまり、恋に落ちる瞬間…みたいなのを歌った曲が多いのだけど、もう少し分かりやすさがあるといいのに、と思ってしまった。天才すぎるのか。 ★☆(04/07/10)

「Level 42」 木村カエラ

雑誌「SEVENTEEN」のモデルで人気者の木村カエラさんのデビューシングル(2曲収録)。タイトル曲は、ちょっとオールドスタイルでまさに教科書的な「ロックンロール」ナンバーなんだけど、サビ前にストリングスのパートがうまい処理で入っており、なかなかドラマチックに仕上がっている。ボーカルも、もともとロックが好きでバンドをやっていたというだけあり、思い切りのいいストレートな歌唱で印象はいい。でも、それよりも感心したのが、C/W曲の「What ever are you looking for?」だ。一転してセツナ系のミディアムギターポップナンバー。勢いだけで歌える曲ではないだけに、彼女の歌心の確かさ、そして声質の良さをしっかりと感じられる。まあ、こういう曲調を私が好きってこともあるんだけどね。Goodですよ!
★★(04/07/10)