CD Review --077--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「僕の場所」 伊藤サチコ

2ndアルバム(7曲収録)。曲数を絞り込んでミニアルバム的なサイズになっているけど、それだけにどの曲も練り込まれ、歌い込まれている感じで、とても聴き応えのある盤になっている。独特の青くささ(いい意味で)を感じさせるメロディーと歌詞の世界。いや、いちばん青くさいのは、彼女のボーカルかもしれない。ちょっと無理して出しているような高音部の声の表情からは、若さだけが持つ一途さ、まっすぐさが感じられる。きっと彼女の本質は、とても真面目な人なんだろう。曲のタイプはバラエティに富んでいて楽しめる。個人的にはM3「MUSIC LIFE」が一番好きかな。歌詞カードのこの曲の写真の中に音符を発見してうれしくなってしまった。全体のアートディレクションも良い。※歌詞の中の一人称に「僕」を使うことが圧倒的に多い彼女が、最後の曲「コップが割れた日」でだけ「私」を使っている。この曲は特に“ノンフィクション度”が高いということかも。 ★★☆(04/08/16)

「ハナトヒカリ」 risa

名古屋出身の19歳のソロシンガーの2ndミニアルバム(7曲収録)。マイナー調のロックサウンドがベースなんだけど、重量感+スピード感に満ちたパートとアコースティックな隙間感のあるパートとのメリハリが絶妙なアレンジ。自作のメロディーもいいし、こういうテンション系のサウンドが好きな人はハマりそう。2曲あるバラードタイプの曲では、一転して静謐で透明感のある世界も聴かせる。やや気になったのは、バラード〜ミディアムテンポの曲での自然な感じの歌い方の時と、アップテンポの曲での声を張ったボーカルでは、ほとんど別人に聞こえる瞬間さえあること。声の質がまるで変わってしまうのだ(何かエフェクト使ってる?)。個人的には、力を抜いたソフトな発声の方が好き。…とはいえ、まだまだ発展途上だし、いろんな可能性がありそうなアーチストじゃないでしょうか。 ★★(04/08/16)

「風と花束/Present/Heart&Soul」 SUGAR

3rdシングル(トリプルA面の3曲収録)。「風の花束」は、アップテンポのポップナンバーで、サビのコーラスのテイストがいかにも彼女たちらしい。さわやか系なんだけど、上品さだけにとどまらないパワーも感じさせる曲だ。「Present」は、ややテンポを落とした曲。ストリングスのアレンジが美しいけど、これだけでA面だとちょっと弱いかも。「Heart&Soul」は、リズムを強調したエレクトロニックなテーマが印象的。やや字余り的な歌詞の処理など、いわゆるエイベックス的なサウンドへのアプローチかな。デビューアルバム(特に前半)の清楚でおっとりした作風を継承しているのは「Present」だけで、あとの2曲はより力強さを増していこうという路線だろう。意外と「Heart&Soul」なんかがおもしろく聴けた。いいんじゃないでしょうか。 ★★(04/08/11)

「願〜negai〜」 mihimaru GT

男女2人ユニットの3rdシングル(2曲収録)。歌詞をラップ風に処理した部分など、一部にヒップホップ的なアプローチもあるけど、リズムトラックを中心に聴いてると、基本はユーロビート的なサウンド。メロディーも「女の子ボーカル」が映えるキュートなものだし、アレンジ全体にもアイドルチックなキラキラ感があって良いじゃないですか。ヒップホップ風味は、アクセントをつけるために加えた“薬味”みたいな扱いなのかな。ラップに弱いという人、敬遠しがちという人(←私もです)、これは聴かなきゃ損だよ! ボーカルも華やかな輝きを感じさせるイマドキ感のある声質。アイドルポップス好きにもウケそうな仕上がり。けっこう好き。 ★★☆(04/08/11)

「my back pages」 Tammychan

少し前に買った2ndアルバムが良かったので、勢いで買ってみた1stミニアルバム(5曲収録)。2002年5月の旧譜です。シンプルなギターポップ曲に、かわいい感じのヘタウマ系ボーカル。彼女のスタイルはしっかり確立されているという印象だ。そこはかとないお洒落感もしっかり身にまとってるし、センスのいい小品といったイメージの一枚。 ★★(04/08/11)