CD Review --078--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「NAGISA COSMETIC」 NAGISA COSMETIC

1stミニアルバム(7トラック、実質6曲収録)。人気モデルの市川渚さんをボーカルに起用した、中田ヤスタカ氏の新プロジェクト…なんだけど、ボーカルが違うという以外は、カプセルとほとんど同じじゃないか、という声も聞こえてきそう。でも、楽しいから許しちゃいます…という声も聞こえてきそうだ(同時に「うらやましい」という声もね)。カプセルが「サウンド・ファニチャー」なのに対して、こちらは「コスメティック・ミュージック」なんだそうだ。市川さんのボーカルは、まだシロートっぽい感じだけど、そこがかえってガジェット感をかもしだすというか、いい意味でのアイドル的な魅力になっている。それにしても、中田氏まったく絶好調だな。 ★★☆(04/08/22)

「SONG IS LOVE」 the Indigo

12曲収録のフルアルバム。全体に爽やか&お洒落系のミディアムナンバーでまとめた一枚。夏の夕暮れ時に聴きたいようなメロウな雰囲気。目指している方向性としては、たぶん「paris match」なんかとほとんど同じなんだろうな。AORとポップスの違いはあるにしても…。だから、完成度はものすごく高いし、文句のつけようもないほどよく出来ているんだけど、どこか「きれいに作りすぎている」ようなところが、逆に不満足だったりもする。無難すぎるというか。これで、歌詞などにもう少し「痛い感じ」とかがあると、個人的にはドンピシャにハマりそうな気がする。あ、でもそれだとユーミンになっちゃうか。 ★★(04/08/22)

「lotos」 MiyuMiyu

2ndミニアルバム(5曲収録)。ギター、ベース、ドラムスというシンプルな編成で、アコースティック感を生かした音…という路線は前作同様。ただ、印象としては、より「純文学化」した感じ。歌詞には、夢・眠れない夜・現実と妄想のはざま…といったイメージが頻出し、全体にメランコリックな世界。透明感のあるボーカルによって歌われる内省的な物語は、もう少し具体的なイメージが伴うと、より強力になるだろうという気がする。派手さのあるサウンドではないし、最初はあまり印象に残らないかな…とも思ったのだけど、何度か聴いてるうちにじわじわと良さがにじみだしてくる感じの盤。なかでも聴き所は、M4「ライム」のマイナーなテンションなど。 ★★(04/08/21)

「そら」 タテタカコ

長野在住のソロアーチストの1stアルバム(7曲収録)。曲は自作で、基本的には全曲ピアノ弾き語りによる演奏。彼女の世界も、ポップスというよりは「純文学の音楽版」という雰囲気だ。淡々と、そしてひたひたと迫ってくるような歌とピアノが、独特の個性を作り出している。高原の透明で引き締まった空気を思わせるような凜とした世界。どちらかというと人工甘味料入りのポップが好きな私としては、お気に入り度がちょっと下がってしまうのはいたしかたない感じだけど、ラストのM7「あの人」はメロディーにほのかな甘みが感じられ、個人的には好きなタイプの曲。M6「傷」の民話的なモチーフも捨てがたい。
★☆(04/08/18)

「やさしさという形のないもの」 iyiyim

男女2人ユニット「イーム」のアルバムとしては2作目になるミニアルバム(6曲収録)。今回はアコースティック楽器を大幅に導入。打ち込みの音もポイントごとに効果的に使ってはいるけど、いわゆる「打ち込みらしさ」を感じさせるものではない。楽曲の世界観自体もよりナチュラル志向なものに移行しつつあるのではないだろうか。といっても、以前からライブでは、ギターとパーカッションだけというようなシンプルな編成で奥行きのあるサウンドをつくりだしていたし、どうせならCDもぜひその路線で…と思っていただけに、期待に応えてくれた形で楽しんで聴くことができた。どの曲も親しみやすいメロディーを持っているし、ボーカルも好調。なかなか良いです。 ★★(04/08/18)