CD Review --080--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「月夜のユカラ」 東京エスムジカ

女性ツインボーカル+男性サウンドクリエイターによる3人ユニット。メジャーからの2ndシングル(3曲収録)。メリハリのきいたリズムのインパクトと、アジア系エスノミュージックの味わいをうまくブレンドしたサウンドに個性がある。タイトル曲は、スケール感のあるオリエンタル調のメロディーが生きていてとてもよく、和風な音の端々に沖縄や中国大陸などを思わせる要素が次々に現れては消えていく。ボーカルも素直できれいな声質が心地よい。サビの一瞬だけ島唄などの下地がふいと現れるのも絶妙。C/W曲「オレンジの実る頃」では、ジプシーなどヨーロッパの民族音楽の香りが濃い。 ★★(04/09/26)

「たのしそう かなしそう」 原田郁子

クラムボンのボーカル(ピアノ)のソロ名義での1stシングル(3曲収録)。タイトル曲は、ピアノ+ベース+ドラムス+アコースティックギターという編成でセッション一発録り…といった雰囲気のフリーで伸びやかな感覚がよい。空間を感じさせる、同じ部屋の中で聴いているような気分になってくる立体感のある録音にも注目。腕のいいミュージシャンの丁々発止が楽しめる一曲だ。他のC/W曲は弾き語りだったり、ピアノだけのインストだったりするので、このシングル作品だけだと、もっと聴きたい…という欲求不満に陥ってしまいそう。やはり、アルバムをじっくり聴きなさいってことかも。 ★★(04/09/26)

「Sweet Season」 チコチェアー

再びインディーに戻ってのミニアルバム(6曲収録・うち1曲はライブ録音)。ジャケットの雰囲気も前作とはまるっきり変わった。「作り込み」から「素」へ。ボーカルのChicaさんのモノクロに近い写真のジャケットは、そういえばデビュー作品「チコデストロイヤー」に似ている。初心に戻って…という意味かな。いいんじゃないでしょうか。サウンドも初期テイストに若干戻ったような雰囲気だけど、緻密さという部分はそのまま発展中。すぐにでもライブでやれそうな曲ばかり(あるいはライブではおなじみの曲)だし、驚きはないかわりに、安心して聴ける作品という感じ。チコ初心者にもオススメ。 ★★(04/09/25)

「SET ME FREE」 SHUUBI

京都限定作品「FREE」をより強化して全国で入手できるようにしたミニアルバム(5曲収録)。オープニングのナンバーは、ダイナミックなリズムとメロディーが印象的な「かぞえうた」。このところのステージでも最初に演奏している曲。そして最近の彼女を象徴するようなミディアムナンバー「ママ」「秘密の樹」の2連発。そして前回1曲目に収録されていた「風と星と月と雨」。これぞまさしくSHUUBIサウンドだ。最後の「全国21」は「京都21」の別バージョン。珍しくシンセサイザーのリズムトラックや大胆なエフェクトを導入。これはライブで再現したら、そうとう盛り上がるだろうな。次はフルアルバム? いやいや、じっくり行きましょう。成熟していく彼女の世界からは目が離せない。 ★★☆(04/09/25)

「あなたあたし」 笹川美和

メジャー3rdシングル(2曲収録)。ボーカルの力強さという点だけとっても、着々と成長しているのが分かる作品。同時にここでは、アレンジにも注目してみたい。インディーズだとピアノ弾き語りで出してしまうかもしれない曲だけど、この盤で聴ける2曲とも、メジャーならではの分厚いしっかりしたサウンドが重ねられていて、それが作品の世界をより広げることに成功していると思う。タイトル曲は和風、C/W曲「さずけましょう」は洋楽フォーク風。シンプルな隙間のある音も素敵だけど、うまく作品の世界とシンクロしている重層的な音もまた良い。また、「あなた/あたし」というフレーズは、2曲ともに共通してサビのパートで使われており、2曲で1曲…的な表裏一体をなす双子曲になっているアイデアも魅力的。 ★★☆(04/09/25)