CD Review --083--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「ムーンライト」 西田真由美

20歳のソロシンガーのデビューシングル(2曲収録)。試聴したときに、とにかく彼女の声の美しさが印象に残って思わず購入。タイトル曲は、ピアノとストリングスを生かした、ムードのあるジャズっぽいアレンジのバラード。とても大人っぽい雰囲気だ(岡本一生の70年代の曲のカバーとのこと)。でも、美しいイントロに続いてボーカルが出てきた瞬間、その若々しく可憐な声の響きに胸をぎゅっとつかまれてしまう。ささやくような、柔らかさのある声質。もうこれだけで十分…という感じ。テクニック的には、この若さを考えればうまい方…というくらいで、きっちり聴くとまだまだ発展途上中だろう。でも、ここではそんなことは、あまり気にしなくていいと思う。若い女性の歌声と洗練された大人サウンドのコントラスト。オヤジ殺しの一枚だな。(^v^) ★★☆(04/11/20)

「ゆびきり」 ユンナ

韓国出身の16歳のソロシンガーの2ndシングル(2曲収録)。これはいいね! 何度聴いても飽きることがない。日本的なフォーク系ポップの曲もかなり良いのだけど、やはり聴きどころはみずみずしいボーカルの魅力。声質もピュアな感じできれいだし、歌詞に描かれた感情をきちっと伝えてくる力は素晴らしいの一言。きれいな日本語の発音も、言われなければ母国語でないとはほとんど気づかない。それでもかすかに残る微妙な固さに、10代の青春に独特のかたくなさや微熱感がシンクロする…という奇跡的な展開がここに実現している。ちなみに、詞・曲ともに日本人スタッフの手によるものなんだけど、この場合もいわゆる「韓流」になるのでしょうか。C/W曲は、ベッツィ&クリスのカバーで「花のように」(北山修&加藤和彦)。こちらもクオリティは高く、両A面にしたいくらいだ。 ★★★(04/11/20)

「願い唄」 川江美奈子

デビューシングル(2曲収録)なんだけど、これまでも他アーチストに楽曲提供してきた人ということで、全体的な完成度は高い。スタイル的には、ミディアム〜バラードの美しい曲をしっとりとピアノ中心に聴かせるという感じ。声質や雰囲気などは、諌山実生(古くは小林明子)などに通じるものもあり。このへんのファンならかなりハマるのではないでしょうか。そのうえで、彼女のよいところは、メロディーのおいしさを生かして、すっきりシンプルに聴かせることに専心していること。このあたりは、さすが大人という感じ。ちょっと和風なメロディーを生かしたタイトル曲、クリスマスシーズンにも沁みるC/W曲…と2曲ともいいのだけど、アルバムでもこのレベルを維持出来たら、かなり素晴らしいものになりそうだ。 ★★☆(04/11/20)

「大きな愛」 柳田久美子

メジャー2ndシングル(3曲収録)。ミッドテンポの開放的な雰囲気のナンバー。サウンド、メロディー、そしてボーカル…とどこを聴いても柳田久美子だとすぐわかるオリジナルな個性を確立しているというのは、やはりすごいことだろう。したがってファンにはそれだけで十分という感じなんだけど、欲をいえば、シングルなんだからもそっとフック感があればな…という気もする。「スモールワールド」とか「蛍の夜」といった曲が作れる人だと思うので。まあ、もともとシングルでヒット狙いというタイプではなく、アルバムでトータルに聴かせるのが本筋だと思うので、それでもいいといえばいいのですが。※ジャケの物思いにふける柳田さん。カワイイです。 ★★(04/11/20)

「matatabi」 バンブー茂

女性ボーカル+男性2人の3人ユニットのミニアルバム(7曲収録)。存在感のあるリズムセクションの上にキャッチーで洗練されたメロディーラインがのっかっている構図は、個人的にはAOR〜シティポップ的感覚で楽しく聴けるものだ。特にメロディーという部分では、かなりおいしい作風で好みのタイプ。でも、けっして単なるお洒落系(ラウンジで心地よい系)に走るのではなく、芯のところにガッツがあるサウンド&ボーカルには一本筋が通ってる感じがして好印象。日本語の歌詞も良い。
※これは7月リリースの旧譜なんだけど、ライブが印象的だったので購入。ところが、その直後に活動休止を宣言してしまったため、今のところ本作が最後の作品となってしまった。いい感じのアーチストだなと思った矢先だけに残念。 ★★☆(04/11/20)