CD Review --087--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「イタイアイ」 上弦の月

女性ボーカル+男性メンバー4人からなる5人組バンドの4曲入り1stミニアルバム。サイズ的にはマキシだけど、「イタイアイ」は曲名ではなく、全体のテーマを示しているので、コンセプトとしてはアルバム志向なのだろう。サウンドを一言でいえば「情念系ロック」で、けっこう個人的には好きなタイプの音。ただ、情念…といっても、やたら重いのではなく、このバンドの場合、すっきりシャープでクリアな音になっており、もたれないところが良い。ボーカルも切れ味がよく、華やかさもあり引きつけられる。こういうのは、やっぱ爆音で聴きたい。アレンジともどもライブ映えしそうなカッコイイ曲がならんでいて、ぜひ一度生で体験してみたい感じだ。期待。 ★★(05/01/10)

「桜梅桃李」 ハッチズクローバー

女性ボーカル+男性メンバー3人の4Pバンドのフルアルバム(10曲収録)。個人的には、なぜかこれまでちゃんと聴く機会がなかったのだけど、これはもっと早く聴いておくべきだったな〜。非常に良いです。イメージ的には、ちょうど80年代頃にニューミュージックの一流どころのアーチストが、アイドル系シンガーに楽曲を提供して、非常にクオリティーの高いコラボレーション作品を作っていた時期があったけど、あの当時のフィーリングを色濃く感じるもの。どこをとっても味のある楽しくきれいなメロディー。ポップで親しみやすく、それでいてディテールにまできちっと神経が行き届いたアレンジ。かわいい声で味わいのあるボーカル。10曲のフルアルバムがあっという間に終わってしまう。私の好みポイントをすべて直撃。内容的には満点だ。※ただしジャケはもうちょっとなんとかならなかったのか…ちょっと残念。 ★★★(05/01/10)

「PRESENCE」 aruha

大阪をベースに活動してるソロシンガー「アルハ」の1stミニアルバム(7曲収録)。まったく予備知識なしから試聴で購入。ただ、聴けた時間が短かったせいか、結果的には「サウンドは好き、でもボーカルがいまいち弱い」という手応えだろうか。どうボーカルが弱いのかというと、ピッチが不安定でパワー感がない。ライブならそう気にならない程度かもしれないけど、CDだと粗さが目立ってしまう感じ。声質にはキュートな魅力があるので、これから精進していただくのを願うのみ…かな。一方の曲やアレンジは、軽いロック系J-POPで雰囲気がとても良い。伊藤サチコとか好きな人なら、かなりハマりそう。それだけにボーカルが…ととても惜しい気分。 ★(05/01/10)

「樹」 oragans cafe

4thアルバム(12曲入り)。今回もとても丁寧につくられた作品になっていて、一曲々々がじっくりと練り込まれている印象。ミディアム系のナンバーが中心だけど、多彩なアレンジで巧みに変化をつけていて飽きさせない。何曲かある南欧っぽいサウンドをとりいれた趣向も新鮮。加藤沙香菜さんのピュアで素直なボーカルが好きな人なら、きっとかなり満足度は高いと思う。個人的には、M3「おしろいばな」の映画のようなドラマチックな展開が気に入った。押しの強いサウンドではないけど、まさにカフェでおいしいお茶を飲んでいる時に感じるようなホッと出来る盤だ。
※ただ、あえて注文をつけるなら「歌詞」にもっと強い言葉があるといいんじゃないだろうか。ポップス系の曲における歌詞って、聴いてないようで意外とそれがフックになってるケースが多い。本当に心に残る曲はやはり歌詞の力が大きいと思う。 ★★☆(05/01/10)

「143.demo」 Michelle

ライブ会場で売ってたデモCDR(4曲収録)。メジャー契約は終わってしまったみたいだけど、そんなことは関係ない!…といわんばかりのバリバリのやる気を感じさせる勢いのある内容になっている。ギミックを使わないシンプルなロックバンドのサウンドで、メロディーの良さとストレートなボーカルの声質の魅力を前面に押し出しているのが好印象。疾走感のあるアップナンバー2曲で、セツナ系ミディアム曲2曲をサンドイッチにした構成。どっちのタイプの曲もとても良い。バンドっていいなと改めて思わせられる。難しいこと言わないで楽しんじゃえ! ★★☆(05/01/10)