CD Review --090--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Bye&Thanks」 Candy

ソロシンガーのデビューシングル(2曲収録)。ジャケットの雰囲気や売り方から、「またR&Bかぁ…」とあまり期待しないまま試聴してみてびっくり! これはいいですよ。キラキラしたリズムに弾けるホーンズ。ドリーミーなストリングスをまとった甘いメロディー。そして、華やかさたっぷりの伸び伸びとしたボーカル…。楽しさ全開、ビューティフルなサウンドの万華鏡だ。もちろん今の音楽だから、R&B的な要素も含まれている。でも、全体としてはこれこそ断然ポップスの王道じゃないですか? タイトルナンバーは2バージョン収録されていて、最初に入っているのが7分近い「Extend Mix」というところもうれしい。このゼイタクなサウンドを、リピートボタンを押さなくてもたっぷりと堪能できるつかの間の幸せ…。C/W曲「PLASTIC LOVE」も、よりR&B色は強いけど、十分ポップ。次作も期待したい。 ★★★(05/02/26)

「MUFFLER」 norinha

ソロシンガー「ノリーニャ」の3rdアルバム(7曲収録)。これまでのカフェミュージック、ボサノバ、ブラジリアン…という路線から、今回のテーマはずばり「ポップス」。ということで、都会的で洗練されたポップサウンドをたっぷり味わえる。アレンジは全曲・佐藤五魚氏が担当。美しいメロディーとロマンチックな歌詞。80年代末頃のポップ系ニューミュージックのいちばん良質な部分を継承しているサウンドといっていいだろう。「恋愛回遊魚」「東京タワー」「七色グラス」…と続く中盤の充実度は素晴らしいの一言。小品ながら佳作。まさにそういいたくなる好盤だ。 ★★☆(05/02/26)

「PRIDE」 HIGH and MIGHTY COLOR

男女ツインボーカルを中心とした6人組バンドのデビューシングル(3曲収録)。ツインボーカルといっても、メロディーを歌うのはほとんど女性の方で、ラップ主体の男性ボーカルは楽器の一つという扱い。ヘビーメタル系サウンド+日本語詞+ポップメロディー、そしてラップ…のミクスチャーだ。派手なサウンドではあるけど、本質的な部分を抜き出すと、これって「歌謡系J-POP」そのものではないだろうか。女性ボーカルのマーキーさんは、まだ10代だそう。歌い方はストレートで、バックのサウンドに負けないパワーはあるけど、どこか若さゆえのキュートさがにじみ出す感じがいい方向に作用している。アニメがらみの展開らしいけど、あまり気にせずに聴ける。けっこう好きかも。 ★★(05/02/26)

「Ada-bana」 Ada-bana

このサイトでも以前から注目して追いかけていた福田舞さんが、ソロ活動を休止し、2004年から新しいユニットのボーカリストとして再始動している。それが5人組ロックバンド「アダバナ」だ。これはそのライブ会場で売られていた自主制作CD。ゆったりしたリズムからじわじわと激しい感情がわきだしてくるようなM1「枯れた体」、意外なほど開放感のあるサウンドを解き放つM2「こもりうた」、そして本領発揮のハードなサウンドのエッジを突き立ててくるM3「カオス」…の3曲を収録。いずれも、内省的な彼女独特の歌詞を、それぞれタイプの異なる楽曲でパッケージしている。激しさと優しさを同時に内包するサウンド。好きな人にはかなりたまらない雰囲気。 ★★☆(05/02/26)

「Ada-bana 2nd」 Ada-bana

同じくアダバナの2nd自主制作盤。ジャケットには「GATE」「絆」の2曲しかクレジットされてないけど、前作収録の「こもりうた」のアコースティック・バージョンも含めた3曲収録だ。基本的には、前作からのパート2という感じで、何かが大きく変わったということはない。セットで聴けばいいともいえる。疾走感のあるM2「絆」がライブなどのイメージに近いけど、ミディアム〜アコースティックで表現されるナンバーもまた彼らの表現したい世界なのだろう。 ★★(05/02/26)