CD Review --091--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「春の匂い」 紗希

20歳のソロシンガー「紗希(さき)」のデビュー・ミニアルバム(6曲収録)。全曲自作で、アコースティックなサウンドが似合うフォーク系ポップ曲。ストレートであまりクセのないきれいなメロディーを書く人だ。特に、M1「春の匂い」〜M2「the winter sky」は、日本的な湿り気やベタつきがなく、さらっとしているのに繊細で優しい空気感が十分にあり、洋楽ともまた違う魅力がある。ボーカルの声質も陽だまりの木綿を思わせる、素朴ななかに芯の強さを秘めた感じ。最後のM6「つぐない」もいい曲だ。押しつけがましくないからこそ、わざと気にして聴いてあげないといけないような気になってくる音楽かもしれない。欲をいえば、歌声にもうほんの少し力強さ、安定感がほしい気がする。 ★★(05/03/12)

「笑顔が見える瞬間」 柳田久美子

インディーズ時代にミニアルバム2作をリリースしているけど、フルアルバム(10曲収録)はこれが初めて。メジャーからの1stアルバムでもある。どこかに野草のエグ味を残したようなひっかかりのあるメロディーと、すっぴん的な飾り気のないボーカルが持ち味の彼女。その個性をうまく生かしながら、きれいなお皿に盛り付けたような洗練されたアレンジとのバランスがいい。オープニングの華やかなM1「スパンコール」やポジティブでくっきりした色彩感のM3「心晴れれば」、クールで都会的なM4「月が沈む」…など。どの曲も聴きやすく魅力的。ただ、個人的には、シンプルなアレンジのバラード曲、M6「つつんで」やM7「ふり向いて」などにより心惹かれるものを感じる。 ★★☆(05/03/12)

「ズクナシ」 ズクナシ

女性4人組バンド「ズクナシ」のミニアルバム(6曲収録)。サウンド的には、ソウル〜ファンクの色が濃いけど、同時にポップ〜ロック、さらにはAOR〜フュージョン的なセンスも混在している。メロディーには強めのフックがあって、聴いていて楽しいのがいい。すべて日本語の歌詞もかなりユニークだし。そして、そういった楽曲のおもしろさもさることながら、このバンドの最大の聴き所は、やはり圧倒的な存在感と迫力を放つ歌うたい、山口衣美(えみ)さんのパワフルなボーカルだろう。この作品は、ライブでの彼女たちの雰囲気をかなり忠実に再現している。曲にもいろんなタイプがあるし、どんなバンドかを知ってもらうには、まずはこんなところから…という感じかな。 ★★(05/03/12)

「Cheap Blues」 黒葛原りつ

「りつ」改め、本名の「黒葛原(つづらはら)りつ」名義での最初のリリース。といってもライブ会場で売ってたCD-Rなんだけど。ファンには貴重な音源だ。ライブ録音での5曲+スタジオ作品1曲(合計6曲)のミニアルバム。ライブ編は、オープニングの定番曲「イナズマ」から最後の「あいたい」まで、彼女のイベントでのステージをそのままパッケージしたようなベスト選曲だ。ブルースを基調にしたアコースティックサウンドは、スタイルとしては古さを感じそうなものだけど、彼女のメロディーにはどこか瑞々しくエバーグリーンな味わいがある。中音域のストレートで正直なボーカルとともに大きな魅力になっている。そして、唯一スタジオ録音のM6「巻き時計」。セツナさにあふれたとてもいい曲だ。新作の予定はあるのだろうか。気になってしまう。 ★★☆(05/03/12)

「ラズベリーパイ」 中ノ森BAND

ボーカルの中ノ森文子さんを中心にした5人組ガールズバンドのデビューシングル(2曲収録)。タイトル曲はルーズなノリのアメリカン・ポップロックで、外国人ライターを起用したメロディーはかなり洋楽っぽい。しかし、甘さもたっぷり含んでいて、グラフィティ物アイドル映画(もちろん洋画よ)の主題歌…とでもいう趣きで、ちょっといい感じ。こなれ方が良いというのか。バンド名からして真ん中の人をプッシュするための企画物ユニットなんだろうけど、けっこうサマになってて好印象。C/W曲は、J-ROCK的なアップテンポのガレージサウンドなんだけど、これはこれで悪くないしね。 ★★(05/03/12)