CD Review --092--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「NEO ROMANTIC」 The Fuzz Picks

博多出身の4Pバンドの2ndアルバム(8曲収録)。パワーと切れ味を感じさせるギターロックでありながら、どの曲もリリカルなメロディーの輪郭がくっきりしているところが、けっこう好み。どこか湿り気のある日本的な情感を漂わせている風情もあり、個人的には、ふと吉田知加などを思い出してしまった(特に前半の曲なんて、そんなイメージではないですか)。ボーカルの声質もセツナ感があって良いしね。…なんて思ってたら、中盤のブルース曲「唇のスキャット」では、男性ボーカルとのデュエットで雰囲気をがらっと変え、さらに終盤はスピード感のある曲で一気の盛り上げ…と、まるでライブでのステージを見ているような構成の妙も素敵。実力十分のバンドという感じ。いいですよ。 ★★☆(05/04/04)

「無から出た錆」 熊木杏里

2ndフルアルバム(14曲収録)。サウンドプロデュースが前作と同じ吉俣良氏ということもあり、思いのほか長かった2年近いブランクをほとんど感じさせない。サウンドのベースは、彼女がつくるメロディーの美しさを引き立てるアコースティックでシンプルなもの。自分では、フォークソングの影響が大きい…と言ってる彼女だけど、その作品はフォークとかポップスとか一口にくくれるものではなく、やはり熊木杏里の曲…としかいえない独特の世界だ。曲数は多いけど、時折、軽快なニューミュージック的アレンジの曲もあり、適度なバラエティ感もあって飽きさせない。個人的には、冒頭の「長い話」や、中盤での「雨」「説教と楓」、後半の「祖母と二人で」…といった彼女の歌声を無加工に近い形で聴かせる曲に惹きつけられる。また、「夏蝉」「夢のある喫茶店」など、ストリングスがまるで映画の一場面ような情景を浮かび上がらせるナンバーも味わい深く、何度も繰り返して聴きたくなる。派手さはないけど、繊細な美しさが詰まった作品集だ。 ★★★(05/04/04)

「metro trip a go!go!」 metro trip

男女2人組ポップグループの2ndアルバム(9トラック・実質7曲収録)。ジャケットの小粋なデザインからも雰囲気が伝わるんだけど、いわゆるおしゃれ系のキュートで楽しいポップス。ちょっと曲をいじりすぎてるというか、アレンジなどが聴きようによってはゴチャゴチャしてる感があるものの、マニアックになりすぎそうなところを、明るく元気でネアカなボーカルのキャラクターで上手くバランスを取っている感じ。昔の渡辺満里奈とか、トウキョウ・フレンチなオシャレ感が好きな人なら気に入りそう。テンポのいい曲が本領だろうけど、意外とミディアム曲のしっとり感も素敵。M7「ウソ」とかけっこう切なくて思わずホロリ。今後にも期待です。 ★★(05/04/04)

「サイレント フライト」 サノトモミ

札幌在住のソロシンガーの1stミニアルバム(7曲収録)。洗練されたAOR的シティポップ・サウンドに、ややウィスパー系の儚げなボーカル…という絶妙の組み合わせがまず良い。R&Bが主流になる以前の都会的サウンドって、こうしたフュージョンっぽい気分が主流だったんだよな〜と、思わず遠い目になってしまうこと確実な、大人の音楽的ツボにグワ〜ンとはまる作品。ギターのカッティング、フェンダーローズ、ストリングス…どの曲もイントロだけで「イイよね〜」とウットリできるし、ボーカルがインしてくると幸福度はさらに上昇。雨上がりの夜の首都高をドライブしながら聴いてみたい…とシチュエーションも思わず80年代的チョイスに走ってしまうのもやむなしか。そしてこの盤のハイライトは、なんといってもM5「追憶の鏡」だろう。ここだけいきなりベタなユーミン風ナンバーで攻められるわけだけど、これがマジで泣ける出来! 技ありすぎです…。 ★★☆(05/04/04)

「純」 関口由紀

すでにメジャーデビューしてるソロシンガー。そのインディーズ時代の曲を集めたフルアルバム(11曲収録)。一言でいえば70年代風の情念系歌謡曲。思いつめたような恋愛の曲が多く、ボーカルのテンション、アレンジの密度とも高いから、聴きようによっては、かなりヘヴィーなイメージということになるかもしれない。特に冒頭の3曲、シングルリリースもされている「わからずや」「ドライブ」などは、わざと狙ってるのでそんな雰囲気が濃い。でも、中盤の「初恋日和」以降の曲は、メロディーもけっこう開放的だし、個性的なポップスとして楽しめる。歌舞伎町的な夜の雰囲気がカッコいい「投げやり」、唯一のバラード曲「姿川」、サビが印象的な「雨を唄えば」など、どれも良い。個人的には、むしろ全編この路線でいって欲しかったな…と思ったりして。好きな人とそうでない人と分かれそうだけど、歌謡好きの人は聴いておいて損はしないと思う。 ★★(05/04/04)