CD Review --093--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「雨のコンチェルト」 the sad sad planet

男女2人ユニットの4thシングル(3曲収録)。タイトルナンバーは、得意とする切なく甘いメロディーが印象的なミディアム曲。「泣き」が入ったボーカルの声質の魅力を引き出している。80年代後半のアイドルの曲だといってブラインドで聴かされたら、信じてしまうかもしれない…そんな雰囲気。C/W曲は、それぞれストリングス系の音をたっぷり使っていてスケール感がある。アップテンポ、ミディアムとタイプは違うけど、聴き終わるとかなりの充実感だ。 ★★(05/04/09)

「二人の日々」 はやしいと

2曲収録のシングルで、4月リリースのアルバムに向けてのお試し盤になっている(500円だしね)。リラックスできる大人のポップスという感じ。2曲ともミディアムテンポで、バンドの音なのにアコースティック感があって、ウィスパー系のボーカルに似合っている。以前、ライブをちょっとだけ見たことがあるくらいで、CDをきちんと聴いたのは初めて。でも、印象的にはすごく分かりやすくなっているというか、メロディーのメリハリも効いてて、良いんじゃないでしょうか。静かな公園に面した、昼下がりのオープンカフェなんかで聴きたい気分。 ★★(05/04/09)

「Tokyo escape music.」 清家千晶

2ndアルバム(9曲収録)。トーレ・ヨハンソンが作曲・アレンジで絡んでいる曲が2曲(M6「chocolate」、M7「刹那」)。ここは抜群にいい。もともとボーカリストとしての力、そして作り出す雰囲気は素晴らしい人だから、楽曲が良いととにかく映える。反面、自作曲だと、内面に深く深く沈みこんでいくような曲が多くなってしまい、聴いている方としては、やや息苦しい印象を受けてしまう。ライブだと、このテンションの高さが良い方向に作用するのだけどね。CDの場合は、もっと楽しませる要素も欲しく、そういう面でもトーレの曲は、やはり「技あり!」という感じなのではないだろうか。 ★☆(05/04/09)

「空耳」 ソラミミ

約3年ぶりのマキシ(4曲収録)。以前は4Pバンド編成だったけど、現在は男女2人ユニットとして活動している。青春の日々のセツナさをモチーフにしたギターポップ…という音楽性のベースは変わってない印象。でも、アレンジや演奏の洗練度は、確実にアップしている。個人的な好みとしては、ボーカルにもう少し「色」が欲しい気がしてしまった。素直すぎる…というのかな。M4「忘れてしまう」などは、春の卒業、異動シーズンに聴くと思わず共感してしまう佳曲だと思うだけに惜しい気分。 ★☆(05/04/09)

「8つの小品」 ジムノペディ

3rdアルバム(10曲収録)。インストが2曲含まれているので、タイトルが示す通り実質8曲ということになる。独特のサウンド、そして個性的なボーカルで、最初の十数秒を聴いただけですぐにジムノペディだと分かる。音そのものからお耽美、退廃の甘い香りが漂ってくるようだ。ジャズ的なモチーフが多用されているけど、洗練や都会的…といった洒脱な方向でのそれではなく、倦怠と快楽、刹那の愛に身をまかせながら、絶望という名の希望に向かって漂ってゆく彼らの音楽の一部として完全に消化しきっている。どの曲もよく出来ており、クオリティーは高い。なかでもシングルカットもされた「スタッカート」の美しさが際立っている。M8「主従関係」の、コミカルでいながらちょっと不気味な味わいも忘れがたい。
★★☆(05/04/09)