CD Review --094--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「私をたどる物語」 熊木杏里

TV番組の挿入歌になった2曲をカップリングしたシングル(3曲収録)。タイトル曲は、「3年B組金八先生」に使われたもの。派手さはないシンプルなミディアムナンバーながら、最初から最後まで、彼女ならではの美しいメロディーが冴えわたっている。中盤のBメロに相当する部分にほとんどサビといってもいいほどの強さをもたせ、そして本来サビになる最終部分は、むしろ開放的でおだやかな気分が広がっていくようなパートに仕上げるなど、素晴らしい構成。何度聴いても良い曲だ。作詞は武田鉄矢氏。思わずジーンさせられる瞬間あり。なんだかんだいってキャリアのない人間には書けない詩だと思う。C/W曲「ヒトツ/フタツ」(ふたつぶんのひとつ)は、NHKの朝の連続ドラマ「こころ」で使われた2分あまりの小品。作曲は吉俣良氏。もう1曲はアルバムから「あなたに逢いたい」。 ★★(05/04/30)

「嗤うヌケガラ」 しばのまり子

1stミニアルバム(7曲収録)。ソロアーチストみたいな名前だけど、実はボーカル(ギター)の柴野真理子さんを中心にした男女3人組バンドだ。曲もほとんど彼女が作っている。基本はマイナー系のギターロックで、メロディーやアレンジには歌謡っぽいところもあり、けっこう好みかも…と思って買ってみた。一方で、アコースティックギターの響きを生かしたミディアムテンポの曲などもあって音楽的な幅も感じさせるし、どの曲もとても丁寧に仕上げている感じは好印象。ただ、このタイプの楽曲ってボーカルにものすごいパワー、力強さ、思いを伝えてくる情念…みたいなものを要求するのだけど、まだそこがちょっと弱いかな〜と思って、やや辛目の星になってます。メンバー全員まだ若いみたいなので、今後に期待を込めて。※ライブは見てみたい。 ★☆(05/04/30)

「Logic」 鈴木友美

ソロシンガーの1stミニアルバム(5曲収録)。名前の読み方は「すずき・ともみ」。基本はピアノ弾き語り系アーチストみたいだけど、この作品では、リズムセクションやストリングスも加えてちゃんとアレンジされたサウンドになっている。ポップでスムーズなメロディーを書く人で、どの曲も気持ちよく聴ける。ものすごく個性が強いわけではないけど、聴くほどに良さがにじみだしてくる…そんなポピュラリティのあるメロディーの良さだ。ボーカルは、きれいな声質、でも完全にクリアなトーンではなく、地声に近い音域で歌っているようなところも飾らない感じで好印象。ベストトラックはM4「ロジック」。ふと佐藤聖子などを思い出してしまった。M3「マーチ」で聴かせるボサノバ的なサウンドもいいアクセントになっている。もっと他の曲も聴いてみたくなった。 ★★☆(05/04/30)

「Le3」 Le3

女性ボーカル+男性2人の3人組ユニットによる1stミニアルバム(5曲収録)。ユニット名は「レ・トレ」と発音。男性メンバーの方はいずれもボサノバ関係では相当な実力者だそうで、一曲目の音を聴いただけで、そのスキのないサウンドにうならされる。もちろんボサノバなので、スキというかルーズなノリはたっぷり保ちながら、今時のラウンジっぽい要素もどこかに感じさせる絶妙な匙加減が何ともいえない。そして、ボーカルには新人の女性を抜擢。脱力具合といい、ややハスキーがかった声質の良さといい、人選もばっちりだ。…と思ってクレジットを見てびっくり。なんとオリジナル曲はこの山本真由美さんがほとんど作っているのだった(詞・曲とも)。彼女の才能に惚れ込んだベテランが自ら出馬してユニット作っちゃったという構図だろうか。すごい。これは一聴の価値ありでしょう。 ★★☆(05/04/30)

「Good Luck to You」 有里知花

有里知花さんの初のベストアルバム(15曲収録/うち新曲2曲)。もともとこのタイトル曲の「Good Luck to You」は、2004年の夏ごろから企画されていた新しいシングルの候補曲だった。それがいつのまにかベスト盤になったわけで…まあ、いろいろあるのかな〜。というわけで、ここでは新曲について書いてみよう。タイトル曲は、海北大輔氏(from LOST IN TIME)とのデュエットナンバー。雰囲気としては「あなたに会いに行こう」などに近い、ゆったりした広がりを感じさせるミディアム曲だ。もう一曲のM14「手のひら」は、哀愁をたたえたメロディーがハマってる。「涙の物語」とか、この系統でも彼女にはいい曲あるんだよね。どっちも代表曲を集めたベスト盤の中にあっても、けっして埋もれてないのはお見事というべきだろう。いずれにしても、これから有里知花を聴いてみようという人には絶好の入門盤になっている。※惜しいのはジャケットのデザイン。せっかく内容がいいのに…なんとかならなかったの〜? ★★(05/04/30)