CD Review --096--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「orangery」 waffles

6曲収録のミニアルバム。どの曲もじっくり練りこまれてて、聴き応え十分。特に今回は、バンドの音で一気に押し切るのではなく、曲の展開にあわせて、繊細で音響的なサウンドなども効果的に使っている。印象としたら、前作「cinematic」でひとつの形が出来上がったワッフルズのサウンドを、今度はやや「解体」する方向で作られた作品、という感じだろうか。より隙間のある音、奥行きを感じさせるアレンジ。歌詞についても、メロディーと一体になって、言葉のその向こう側にあるイメージを呼び出すようなタイプのもの。もともと恋愛などのストーリーを具体的に描写しているわけではないから、あまり分かりやすいとはいえないのだけど、リリカルなメロディーの中で聴くと、不思議にイメージが広がっていく。どの曲も「ここにある自分」というものがテーマになっているのではないだろうか。「春舞人」「girl like girl」「帰り道」といった曲が特に印象に残る。 ★★☆(05/05/29)

「海の青 空の青」 大山百合香

沖永良部島(奄美)出身の21歳のソロシンガー。デビューシングルで3曲収録。タイトル曲は、ゆったりしたメロディーと広がりのある歌詞、そして洗練されたアレンジが印象的なチルアウト・サウンド。とてもきれいなボーカルの声質にまず引きつけられ、次いでまっすぐな眼差しを思わせる素直なパッションに打たれる。バイオグラフィーを見ても、島唄をやっていたとは書いてないのだけど、サビの部分などでは、やはり素地を感じさせるものがあるようだ。C/Wの2曲も、いずれもミディアムナンバー。「月あかり」はタイトル曲をよりシンプルにした作風(作者が同じ、nanamiさんという方でとてもいいメロディーを書く人)、そして「あなたに」はモンゴル800のヒット曲を大幅にリアレンジして、まったく別の曲のようになっている。これも良い。マウントシュガーとか好きな人なら、これは気に入ってもらえると思う。ぜひ一度ライブでも聴いてみたいボーカリストだ。 ★★☆(05/05/29)

「EVERY」 星村麻衣

何作目のシングルか分からないけど、これはかなりいいですよ(2曲収録)。力の抜けた、軽く爽やかな風がステップを踏んでゆくようなポップチューン。少し前からピアノにこだわらずに自由に曲を書くようになってから、彼女は抜群に良くなったと思う。C/W曲「Summer of Love」もそうなんだけど、どこかで聴いたことがあるような、ふと懐かしさを感じてしまうメロディー。それは決してパクリとかそういうことではなく、ポップスの王道のいちばんおいしいところをたっぷり吸収して、自分のものとして消化しきっているからこそ出てくる相似形なんだと思う。リッチ感のあるアレンジも楽しく、いい仕事してるな〜という感じ。※この路線でアルバムが出来るなら、相当な傑作になる可能性もあるのではないだろうか。ぜひ「夏物」でお願いしたい。 ★★★(05/05/29)

「Whatever」 中ノ森BAND

2ndシングル(2曲収録)。今回も外国人アーチストと中ノ森文子さんの共作による楽曲(たぶん歌詞が中ノ森さんなんだろうな)。ポジティブで芯のある、いかにも「ロックンロール」という感じのナンバーだ。ライブでも何度か見てるバンドなんだけど、生で聴いた感じとCDとの間に落差があまりないのが特徴だと思う。それは、中心にある中ノ森さんのボーカルの存在感がドシンとしていて、揺るがないということだ。一般的には、アイドルバンドのように思われてるみたいだけど、少なくとも彼女の歌はアイドルという一言ではくくれないと思う。声質の良さ、ハート、パワー。まさにライブに通いつめたくさせるボーカリストだ。C/W曲「センチメンタル・プレイス」で聴かせるミディアム曲での情感もまた良い。 ★★(05/05/29)

「大切な人」 植村花菜

メジャーからのデビューシングル(3曲収録)。本来、自作曲を歌うスタイルの彼女だけど、ここでは一般受けを意識したのか、プロのライター(亀田誠治、渡辺なつみ)による楽曲2曲がタイトルナンバーをはじめメイン楽曲として採用されている。まあ、それらもわるくはないのだけど、個人的にはやはりM3「あしおと」に魅力を感じてしまう。リラックスした雰囲気のミディアム曲なのに、意外と自由奔放だったりする歌詞(いきなり右手にお団子持ってたりするし…)や、春ののほほんとした日のプチハッピーな情景描写に思わずほっこり。粗削りだけど、彼女らしさがよく出ていると思う。 ★★(05/05/29)