CD Review --097--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Monologue」 jenny01

以前は4人組のバンド形式で活動していたグループ「ジェニーワン」が、ボーカルの「NAOKO」さん1人によるワンマンユニットにリニューアル。これはそのソロ第一弾シングル(2曲収録)。サウンド的には、ポップ度が大幅に増して、2曲ともキラキラ感のあるエレクトロニックなグルーヴがとても気持ちいい出来。決してユーロビートではなく、楽しいメロディーやウィスパー系ボーカルの甘さと、洗練されたアレンジによるラウンジっぽい今ドキ感のバランスが絶妙に優れている感じだ。個人的にはかなり好きな方向性。いいですよ、これは。意外とありそうでなかったサウンドではないだろうか。次回作、アルバムなどがとても楽しみになってくる。 ★★☆(05/06/19)

「KISS or KISS」 北出菜奈

5thシングル(2曲収録)。タイトル曲は、ゴールデン枠連ドラのテーマ曲という強力なタイアップがついたためか、ものすごく分かりやすい仕上がりになっている。ポップなメロディーやアレンジなど、これまでの彼女の作品からは考えられないくらいだ。こういう曲を歌うと、彼女の声は意外なくらい「かわいい」ことに気づかせられてしまう。まあ、北出菜奈入門篇として、これはこれで悪くはないわけだけど、やはり個人的には、C/W曲「挑発ガール」(←このタイトルもいいねぇ)のような曲の方が、何倍もゾクゾクくる。これはいい曲だ。※恒例になってる「アルバムまだ〜?」で今回も締めたいのだけど、「KISS or KISS」がボーナストラック扱いになるような、そんな雰囲気の作品を期待してます。 ★★(05/06/19)

「吾亦紅 -われもこう-」 ドルチェ

福岡をベースに活動している男女2人ユニットの2ndアルバム(8曲収録)。まったく予備知識なく店頭で試聴して即決で購入。一言でいえば、子守唄を思わせるような和風メロディーと美しい女性ボーカルが郷愁をかきたてる…そんな曲が印象に残る。「rain book」とかが近いかも。私好みの癒し系ということになるのだけど、レベルは相当に高いですよ。難しいことは何もやってない。でも、いいメロディーを書くこと、純粋な世界を歌で伝えること…これがいちばん大変だったりする。単純なレシピのカクテルほど作り手の腕が分かってしまうようなもので。聴きたいシチュエーションとしては、月のある夜に窓を開け放って、机の上にはグラスに一杯の吟醸酒。流れるはM6「我も恋う」。最高ですね…。 ★★☆(05/06/19)

「Promise」 Candy

2ndシングル(2曲収録)。デビュー曲でもある前作「Bye&Thanks」がぶっとびの快作だっただけに、2作目というのはどうしても割を食いがち。たしかに、ぱっと聴くと派手さはなく、シングルのタイトル曲というよりもC/W曲っぽい雰囲気のウォーキングリズムのミディアムナンバー。ただ、じっくり聴けば、彼女の声質の魅力や一つ一つのフレーズを大切に歌うシンガーとしての説得力…などがじわじわと伝わってくる。また、曲自体も単純にR&Bというわけではなく、そのテイストをとり入れながらも基本はポップス。これも彼女の持ち味を生かそうとしているようで印象は良い。 ★★(05/06/19)

「ほうき星」 ユンナ

2ndシングル(3曲収録)。タイトル曲は、アップテンポのピアノロックで、前作のしっとり路線とはまったく違う彼女を聴くことが出来る。この楽曲自体は、わりと普通の出来だと思うので、やはり聴きどころはボーカル。疾走感のある曲でも、決して力まかせにならず、とても豊かな表情を感じさせる。日本語を母国語としているかどうかなんて、まったく問題にならない。C/W曲は、それぞれ力強いミディアムテンポのロック曲「あした天気になれ」と、じっくり歌い上げることを求められる「思い出にできない」。個人的には、こちらのタイプの曲の方が好きなので、いずれも思わず引き込まれてしまう。ライブで聴いても感じたのだけど、本当に幅の広いシンガーだ。しかも、まだ若いから(たしか17歳)その可能性はさらに発展中。じっくり育ててほしい。 ★★(05/06/19)