CD Review --099--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「landmark」 Salyu

Salyu名義での1stアルバム(11曲収録)。とにかく全曲が色彩感にあふれたポップサウンドになっていて、まずそこで心地よい意外性を感じさせられた。もちろん、ポップといっても、単に楽しいとか聴きやすいとかいうポップではなく、奥行きを感じさせ、リリカルな余韻に満ちたポップさ…といえばいいのだろうか。ミディアムテンポの曲が中心だが、ディテールまで味わいがあり、繰り返し聴いても聴き飽きない感じだ。ボーカルについていえば、Salyuというシンガーは決して器用な歌い手ではないと思う。むしろ、どちらかといえば、「何を歌っても同じ」というようなタイプかもしれない。でも、だからこそ、その声質の良さや唱法の持ち味を生かすために、まるで組曲のような11のナンバーが技巧の粋を尽くして、繊細に織り上げられている(曲はすべて小林武史氏)。シングルナンバーも全体の中にぴたっとハマっている。
★★☆(05/07/16)

「SPACE DREAM BATHROOM」 エイプリルズ

3rdミニアルバム(8トラック収録、実質5曲)。前週にライブを見たので、改めて聴いてみたのだけど、より一層イメージが鮮やかによみがえってきた。やはり良いですね、エイプリルズ。SFっぽいコンセプトやメロディーのおいしさ…といった個性はもはや確立されていると思うので、あとは着々と楽しい作品を送り出してきてほしいものです。今回も、スピード感たっぷりの、これぞエイプリルズな「キラメキ・ムーンダイバー」、理屈のいらないユーロビート曲「COSMO'80s」、スプリットCDにも収録されていた名曲「タイム・アフター・タイム」、そしていかにも渋谷系な爽やかチューン「虹の惑星」…など、どれもレベルは高い。全体的にはイマイ氏がボーカルをとってる曲が多いみたいだけど、イグチさんも要所での存在感はなかなかのもの。※またライブに行きたい〜! ★★(05/07/16)

「時の自画像」 川江美奈子

1stアルバム(12トラック収録、実質10曲)。全曲自作。メロディーも歌詞も、難しいテクニックや奇抜な言葉などは何一つ使っていない、それでいてしっかりした曲の良さがまず印象的。「いい曲」を順番にあげていこうとすると、ほとんどの曲を書き並べてしまうことになりそうだ。アレンジは、ピアノを中心に、リズムセクションやストリングスをここぞというところだけに使っている。一見した派手さはないけど、地味な柄の着物をよく見ると高級な生地を使ってたりする…というのに似た贅沢感。そしてボーカルの瑞々しさ。女性らしいちょっと泣きの入った声質も好きだし、素直に上手いと思える。全体のバランスがとても良く、まさに大人の鑑賞に耐える良質なJ-POPという感じ。竹内まりや、あるいはこのサイト的にいえば信保陽子、高田みち子あたりが好きという人には躊躇なくオススメしたい感じです。 ★★★(05/07/16)

「水際」 福田 舞

アコースティックギターでの弾き語り曲を3曲収録(「水際」「まほうつかいのうた」「イデアドール」)。前作がバンドサウンドだったのに対して、今回は音を極限まで削ぎ落とした演奏。曲自体もすべてスロー〜ミディアムになっている。しかし、地味かなと思うとそうでもない。そのことで、かえって核にあるメロディーの良さが引き立つ結果になっているからだ。歌詞の内容的には、痛みを伴った感情を歌っているはずなのに、なぜか全体的に水底に反射する光のような輝きのイメージがあるのも不思議。ボーカルの感情の細やかさや声質の美しさもよく分かり、思わず引きつけられる。※「ジャケット」もシンプルで良かったのでは…という気がするけど、どうしてもこれでないといけなかったのだろうか。曲の内容とは直接的な関連はないみたいだけど。 ★★(05/07/16)

 

「Slow」 加藤いづみ

11曲収録のフルアルバム。この数年の彼女の充実ぶりは素晴らしいの一言につきる。プロデューサーであり、同時に大半の曲を手がけている高橋研氏とのコンビネーションもますますいい感じだし。今回の作品は、誰もが日常の中でふと感じる「大人になるって、こういうことなのかなぁ」みたいな感情を優しく表現しているものが多い。ある時は、ぐるぐる同じところを回り続ける遊園地の電車に、日々の生活に埋没している自分を重ねてみたり(M2「モンキートレイン」)、学生時代の淡い思い出にひたってみたり(M4「桜を待つ丘で」)、かつて恋人と一緒に旅行した海岸を今度は1人で訪れてみたり(M10「ノルマンディ」)…。まあ、誰もがやってるんじゃないですか。大人になるって、楽しいことばかりでもないし、かといってしょっぱいことばかりでもないよ。いづみさんみたいな素敵な人にそう言われると、単純な私なんかは思わず「そうそう!」って、頷いてばかりなんだよねぇ。(^v^) ★★☆(05/07/16)