CD Review --103--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「夢ならクリムゾン」 ジムノペディ

3曲収録のシングル。メンバーチェンジ(ピアノ、ギター)があったようだけど、楽曲担当の小林さん、ボーカルのナオミさんというセンターラインがきっちり固まっているので、サウンド的には磐石という感じ。イントロを聴いただけで、これぞジムノペディという雰囲気。どっぷりと夜のとばりが降りてくる。ボーカルが語るストーリーに心を奪われ、ピアノの魅惑的な響きに酔わされる。アップテンポなタイトルナンバーもいいし、C/Wのミステリアスでセツナくブルーな気分があふれるミディアム曲「傘もささずに」も素敵。同じく「やっと、ひとくち」はNEWバージョンで。 ★★☆(05/10/01)

「ひまわり / LOVEACCELE」 sugar

5thシングルは両A面扱いの2曲入り。彼女たちの曲は、初期の頃からそうなんだけど、なんともいえない清楚さ、品の良さが魅力だと思う。今回も、たっぷり使ったストリングスのサウンドが涼しげで、お嬢様系アイドルポップスのお手本のような仕上がり。コーラスもきれいだし。2曲のうち、どっちが好みかといえば、あまりにも良い子すぎる「ひまわり」はちょっと退屈さもあり、適度にソフィスティケイトされた「LOVEACCELE」の方が断然好き…だったりする。といっても、コーヒーちょっぴり、ミルクほとんどのカフェラテを飲んでるようなもんだから、音楽に刺激を求めるムキにはおすすめしない方が無難なんでしょうね。 ★★(05/09/25)

「ブーゲンビレア」 大山百合香

2ndシングル(3曲収録)。ゆったりしたアコースティックサウンド(ウィズ・ストリングス)で、美しいボーカルを堪能することが出来る曲。小細工はなく、でもそれだけで十分と納得させられる。楽曲的には、最近の小野綾子さんの世界などに近い感じ。思わずプロモの映像が目に浮かんできそうになる。奄美とか宮古とか石垣とか…。行ってのんびりしたいです。それにしても、この人の声のきれいさはずば抜けている。もう少しまとめて聴いてみたい。※C/Wに、なぜか「真夜中のギター」のカバー。歌詞カードを見なくても歌えてしまったのですが…。(^v^;; ★★☆(05/09/25)

「坂道発進」 高田梢枝

ソロシンガーの1stミニアルバム(7曲収録)。ふだんはアコースティックギターで弾き語るタイプの人みたいだけど、ここではきちっとしたバンドアレンジ(曲によってはストリングスもフィーチュア)。丁寧でカラフルなサウンドづくりで聴きやすく仕上げている。楽曲そのものは、ポップというよりフォーク的な感覚。歌詞は内面の悩みや葛藤、まわりとのコミュニケーション…などを歌ったものが多く、ちょっと伊藤サチコさんなどを思わせる要素もある。まっすぐなボーカルは力強くしっかりしている。ただ、ちょっと真面目すぎるというか、ストレートすぎるというか、聴いていると息苦しくなるようなところもある。どうせなら泣かされてしまった方がカタルシスはあるのだが。 ★☆(05/10/01)

「家出ノススメ」 家出ノススメ

ボーカル+ピアノのはなちんさんとドラムスのかおりんさんによる女性2人組ユニット。ライブ会場で手売りしていた自主制作盤(7曲収録)なんだけど、一聴して目からウロコというか、耳からシャボン玉が出て来そうになるくらいの超快作。どれもスタジオ一発録りという感じのラフなサウンドながら、個性的でポップなメロディー、しなやかでスリリングなピアノ演奏、ぐいぐい前に進むリズム…などが渾然一体となって、聴く者を飽きさせない。矢野顕子っぽさはもちろん指摘できるけど、疾走感の中にセツナさがぐっとくるワッフルズ系の曲もある。個人的には、どれも思いっきりツボ。ほとんどの曲が2分台と短く、一番いいところだけサッとやって次にいくその潔さ(気まぐれさ?)にも惹きつけられる。自称「乙女ロック」。たしかに、はなちんさんの弾くピアノは、普通の伴奏っぽいフレーズではなく、まるでロックにおけるギターのリフのように印象的だ。もう何回聴いたか分からない。今、現時点では「満点」としかいいようがない。
★★★(05/09/24)