CD Review --104--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「18 -eighteen-」 北出菜奈

ついに出ました…という感じの1stアルバム(11曲収録)。このサイトでもシングルのレビューをするたびに、「アルバムまだ〜?」と書いてきたので、まさに待望の一作。当然ながら、これまでのシングル6曲はすべて収録されているけど、それぞれのC/W曲は入っておらず、これまでシングルを買ってきたファンへの配慮として納得できる構成といえるだろう。なかばベストアルバム的な内容だが、通して聴いてみると意外なほど統一感が保たれている。新曲5曲もクオリティが高い。M3「螺旋」、M9「Fake」などはシングルに切ってもまったく問題ないレベル。サウンド的にはロックだが、ポップな華やかさが十分にあり、アイドル系ロックシンガーという立ち位置でのバランスがうまくとれている。また、お得意のスピード感にあふれたマイナー調のナンバーは言うまでもないが、ミディアム〜スローの曲も思いのほか良い。
★★☆(05/10/01)

「ぼくが生きていたこと」 奥田美和子

傑作アルバム「二人」に続くシングル作品(2曲収録)。勝手な想像だが、(おそらく全体のバランスなどの関係で)アルバムに収録しきれなかった2曲ではないだろうか。作詞も同じ柳美里さんだし、作風的にもまさに延長線上といえるものだ。だとすれば、「二人」のアンコール作品というか、小説などでいえば外伝みたいな聴き方をすればいいのだろう。いずれにしても、これも楽曲、歌唱とも素晴らしい内容となっている。「二人」が気に入った人なら、これも聴き逃せない一枚に違いない。※ところで、ここまで完成度の高いコラボレーションを実現してしまうと、次回作以降も柳さんとのタッグで作品をつくっていくのかどうか…など、大いに気になってしまうところではある。 ★★☆(05/09/25)

「おせっかいカレンダー」 加藤千晶

ソロシンガーの3rdアルバム(13曲収録、うち2曲はインスト)。ぱっと聴くと、どの曲もNHKの「みんなのうた」で流れてきても違和感のないような曲…とでもいえばいいのだろうか。押しつけがましいサウンドじゃないんだけど、いつの間にか部屋の中にしっくりなじんで、心をのほほんとした幸せな気分で満たしてくれるような音楽。どの曲もメロディーが抜群に美しく、歌詞もまるで絵本でも読んでいるかのような、シンプルな言葉の魅力を再発見させてくれるもの。それでいて、多彩な楽器の音とリズムを精巧に組み合わせて織り上げたようなアレンジは、実はかなり「技あり」だったりする。ボーカルのタイプは、セシルのゆきちさんとかが近いイメージ。ふわっとして何気ないようでいて、この音楽の世界にはとてもあっている。有機野菜のスープと天然酵母パン…みたいに噛みしめるほどに味わいが出てくる。 ★★☆(05/09/25)

「観覧車」 柳田久美子

メジャー移籍後の3rdシングル(3曲収録)。ちょっと聴いただけで彼女だと分かる独特のメロディーライン。デビュー時から一貫しているサウンドメイキング。とても安定している。シングル盤のタイトルナンバーらしく、勢いのあるボーカルで押し切った「観覧車」、アコースティック感を生かした「不思議」、原点に返ったような伸び伸びとしたメロディーの「影おくり」…と3曲のバランスもいい感じだけど、あえて欲をいえば何か決定打に欠けるような気がしないでもない。ていうか、シングル向きの一発インパクトで勝負というタイプのアーチストじゃないんだから、リリース頻度が下がってもミニアルバムなどでじっくり聴かせる作戦の方がいいような気がするんだけどねぇ。どうなんでしょう。 ★★(05/10/08)

「タッチ / 夢の続き」 ユンナ

4thシングル(2曲収録)のタイトルナンバーは、有名なアニメ「タッチ」の主題歌をカバーしたもの(オリジナルは岩崎良美さんですね)。ちょうどこの時期に公開される同作品の実写版映画の挿入歌ともなっている…ということで、まあ一種の企画物といえる。個人的には、「タッチ」のコミックにもアニメにもまったく思い入れがないので(そもそも見てなかったし)、あんまりとやかくもいえないのだけど、聴いた感じだけでいえば、パンチの効いたユンナのボーカルと曲との相性は悪くはないようだ。PVなんか見ても、本人もノリノリでダンスにも挑戦したりしているので、まあこれはこれでいいのでは…? C/W曲の「夢の続き」も映画で使われてるようだけど、こちらは「ゆびきり」などに通じる彼女本来の路線の曲。情感あふれるアコースティックのミディアムナンバーだ。この曲だけで星2つというところ。 ★★(05/10/08)