CD Review --106--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Go! Younha」 ユンナ

これまでの全シングル4作を収録した13曲入り1stアルバム。シングルのC/W曲も一部含まれているので、まったくの新曲は6曲ということになる。10代らしく若々しいポップなナンバーから情感あふれるしっとり系のミディアム曲まで、とにかくいろんなタイプの楽曲が並んでいる。作曲家だけでも11人も起用していて、まずは色々なユンナの魅力と可能性を聴いてもらいたい…というのが、このアルバムのコンセプトなのだろう。だから、作品としてのトータリティーという面では、はっきりと軸になるものがなく、ややつかみどころがない印象も残ってしまう。でも、それもしかたがない。タイトルも「ここが出発点だ!」と宣言しているのだし。新曲の中では、軽快でポップなM6「向日葵」、アコースティック感のあるM10「相合傘」、以前ライブでも歌っていた岡本真夜の作品M11「願いはひとつ」…などの雰囲気が良い。 ★★(05/10/15)

「素直になれない」 星村麻衣

2曲収録シングル。このところコンスタントにいいね。タイトルナンバーは、ちょっと秋っぽさを意識したミディアム曲。しっとり感とともにポップスらしい華やかさのあるメロディー、ストリングスを加え聴き応えのあるリッチなアレンジで飽きさせない。C/W曲の「プラスティック・ラブ」は、クラブっぽい味わいの洗練されたレゲエで、ちょっと新鮮な試み。ここでも、どこか哀感を感じさせるメロディーのおいしさが光っている。力を入れすぎず、声質を生かしたボーカルの雰囲気もいい。この1年半ほどで、ソングライターとして実力を急速につけた感じの彼女。現在アルバム制作中ということだが、この調子なら、かなり期待できそうだ。
★★☆(05/10/16)

「アイチル」 フルカワモモコ

2ndミニアルバム(6曲収録、うちインスト1曲)。一言でいえば、シティ系ポップ。都会的な空気感をたっぷり含んだサウンドやメロディーは、かなりクールなんだけど、そこにのっかるボーカルが、力を抜いたさらっと半分ハナウタ系…ということで、全体の雰囲気はゆる〜り感がかなりの割合を占めるものに仕上がっている。ミディアム〜スローのナンバーがほとんどだしね。癒し系ではないんだけど、とにかくシティポップという言葉からイメージされるシャープさとは一線を画している感じだろうか。ボーカルの好みで評価が分かれそう。 ★☆(05/10/16)

「Cute」 Hazel Nuts Chocolate

2ndアルバム。前作リリース時は3人組ユニットだったけど、今作からはボーカルのゆっぱさんのワンマンユニットになっている(12曲収録)。カラフルで賑やかなポップサウンド。ガジェット感いっぱいの曲と、おとぼけ系でキュートなロリ声ボーカル。曲のタイプは様々で、ピコピコ系の打ち込みっぽいものや案外アコースティック感を生かしたもの、ラップ(でも決してヒップホップではない)、ミュージカルの挿入歌みたいなナンバー(セリフを歌っているような曲もある)…などなど。それぞれの曲はおもしろいし、ライブでビジュアルも見ながらだったら楽しいだろうと思うけど…。 ★☆(05/10/16)

「キャメレオン」 瓜生明希葉

「うりゅう・あきは」と読みます。ソロシンガーの1stアルバム(11曲収録)なんだけど、実は2004年の作品で、再発されたものを店頭で試聴する機会があって購入。基本はアコースティックで透明感のあるサウンド。フォークロア的なモチーフも印象的(M1のタイトルがずばり「フォークロア」だったりする)。心の内側をそっと覗き込むような静謐な曲と、水彩画のような鮮やかでポップなメロディーのナンバーが、不思議と仲良く並んでいる。どの曲もメロディーが良い。ふわふわした、ちょっとウィスパー系の入るキュートなボーカルも妙に魅力的。ついつい何度も聴いてしまう感じで、そのうちハマってしまいそうだ。遊佐未森や米村裕美を連想する人もいると思う。あまり人に教えたくない、自分だけの秘密のお気に入りアーチストにしておきたい…みたいな気分になってくる作品。 ★★☆(05/10/15)