CD Review --110--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Chatmonchy has come」 チャットモンチー

徳島出身のガールズ3Pバンドのデビューミニアルバム(6曲収録)。ミニマム編成らしい歯切れのいいサウンドと甘さを抑えているのに耳に残るメロディー、はっきりした歌詞。「小気味いい」という言葉がぴったりだ。アレンジも曲ごとに変化・工夫があり、完成度はかなり高い。CDで聴く感じでは、アップテンポのナンバーの方が断然いいけど、ミディアムの曲もライブなどではステージ映えしそうな気がする(M4「惚たる蛍」、M6「サラバ青春」…など)。ボーカルもとても魅力的。ごくごく普通の、どこにでもいそうな若い女の子っぽい声なのに、かわいらしさの裏側にしっかりした芯のある自己主張を感じさせる。ついついクセになりそうな感じ。 ★★☆(06/01/08)

「エビテン1」 Evita Temptations

女性ボーカル+男性ギター、ベースの3人組バンドによるデビューミニアルバム(6曲収録)。サウンド的にはロックに分類されるのだろうが、印象としてはとにかくポップ。スイートでキャッチーなメロディーの楽曲、音数は多くないけどキラキラ感のあるサウンド、スピード感とフレッシュさ。ボーカルのASUKAは、天野月子さんが以前楽曲提供していた広島のローカルアイドルユニット「ブランニューワールド」のメンバーだったという人材。つまり、もともとアイドル系体質のある人なのだ。けっこうパンチの効いたボーカルで、フワフワしたいわゆるアイドル系ボーカルとは一線を画すのだけど、なんともいえない華やかさ(そしてお茶目さ)が感じされる。分かりやすくいえば、聴いてて楽しい! 洗練とはほど遠いけど(失礼)、その勢いに三つ星だぁ〜。(^v^) ★★★(06/01/08)

「Oh My Darlin'」 中ノ森BAND

3曲収録の3rdシングル。タイトル曲はTVドラマ「鬼嫁日記」の主題歌で、ハートウォーミング&コミカルなラブソング。ライトコメディなドラマのストーリーをヒントに作られたナンバーだろうが、ドライブ感のあるサウンドと伸びやかな中ノ森さんのボーカルがとても心地よく、ぽっと心に灯りがともるような温もりを感じさせてくれる。本当に彼女の歌声は、聴くほどにほれぼれしてしまう。いわゆる美声とは違うのだろうが、感情をダイレクトに伝えることが出来る声なのだ。楽しいとき、うれしいとき、悲しいとき、セツナいとき…。微妙な想いの違いを歌声で描き分けられるボーカリストだと思う。C/Wの2曲もそれぞれよい出来。アルバムがとても楽しみ。 ★★☆(06/01/08)

「コバルトの風」 ドルチェ

福岡をベースに活動する男女2人ユニットの新作(4曲収録)。前作「吾亦紅(われもこう)」(アルバム)では、懐かしい風土を感じさせる日本的メロディーが印象的だったけど、今回はそのへんの要素が抑え気味で、わりと普通のポップスになっている(特にタイトル曲)。個人的には、やはりM2「梅が枝」のようなタイプの曲が一番好き。M3「すみれ想」もわるくない。きれいなミディアムテンポのメロディーを、ソプラノのきれいなボーカルで歌っていく。好みの問題ではあるが、一歩間違うと音楽的刺激のない「歌のおねえさん」的なものになってしまう危うさもある。今作では、かろうじて踏みとどまっている感じではあるが。
★★(06/01/08)

「Swingin' Party」 dorlis

「ドーリスからのウインターギフト」。帯にそう書いてあるように、ビッグバンドをフィーチュアしたリッチな冬向け企画盤。ライブバージョン4曲を含む10曲収録。以前から彼女のセンスの良さには一目置くものだけど、個人的にはいまいちノリ切れない一枚であった。その理由は、なんかボーカルのピッチがよくない気がしたこと。小編成の場合は、そのへんのハナウタっぽさも「味」ということでプラスに作用することもあるわけだけど、ビッグバンドでアップテンポとなると、どうも相性がよくない気がしてしまった。ライブ録音の4曲の方は、ラフさがいい方向に出てるだけに、全体的には惜しいんだけど…。 ★☆(06/01/08)