CD Review --111--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Calling !!」 AMADORI

11曲収録の1stアルバム。ボーカルがしっかりと中心にいる感じの、とてもレベルの高いポップ作品集。メロウで華やかさのあるR&Bテイストのメロディーと、J-POPらしく繊細でオーガニックで、そしてちょっとだけエレクトリックな響きを持ったサウンドのバランスが心地よい。素敵なミクスチャーミュージック。anemoneとか好きな人ならかなりハマりそう。もっとポップ寄りだけどね。すっきり清涼感のあるボーカルもクセがなくて聴きやすいし、冬の情景を歌った11曲それぞれに個性があってライターとしての力量の確かさも感じさせる。特に前半、M1「White Love」からM4「そばにいるから」…にかけての流れはスウィート感もたっぷり。柄にもなくシャンパンとか飲みたくなったりして…。(^v^;; ★★☆(06/01/25)

「ピリカ」 ピリカ

女性ボーカルをフィーチュアした4Pレゲエバンドの1stミニアルバム(5曲収録)。実は、レゲエに対して妙に身構えてしまうところがあって、これまでそれほど好きなジャンルというわけではなかった。その理由は「なんか重い」というもので、女性ボーカルでも気軽に聴ける雰囲気がないような気がしていたのだ。ところが…。このピリカの“軽やかさ”はどうだろう。チャーミングでキュートなボーカルの声質のせいももちろんあるのだろうが、バンドのサウンド全体に楽しくリラックスした雰囲気が満ち溢れている。一度、ライブも聴いてみたい。※ちなみに、メンバー4人のうちボーカルを除く男性メンバー3人がいずれも別のグループのリーダー、というスーパーユニットだったりする。実力あるわけだなぁ。 ★★☆(06/01/25)

「juradira」 Nagi

ソロボーカリストのデビューシングル(3曲収録)。まったく予備知識なしのジャケ買い。まっすぐこっちを見つめるまなざしのストレートさに、何か呼ばれたような気がしてね。アーチスト名は「ナギ」、作品タイトルは「ユラリラ」と読む。3曲とも、どこかに癒しの要素のあるようなアコースティックのミディアム曲。押しは強くないけど、気持ちよく聴ける。ボーカルはきれいな声質。でも、きれいなだけでじゃなく、何か心にひっかかるものも持っている。あとで、ネットで検索してみたら、このCDリリース後まもなく、お母さんになっているはず…だそうだ。道理で裏ジャケの写真のお腹がポッコリしてるわけだ。ベビーは元気に生まれたのだろうか。 ★★(06/01/25)

「Drawing」 MAY'S

男女2人ユニット「メイズ」の1stミニアルバム(7曲収録)。アーバンテイストなR&B系シティポップ。イマドキっぽいというより、80年代後半〜90年代的なちょっと懐かしさを感じさせるセンチメンタルなフィーリングの曲が多い。洗練されたサウンド、それぞれの楽曲はとてもよく出来ている。ボーカルはけっこうしっかりと力強さを感じさせるタイプ。個人的な好みからいうと、このサウンド+ちょっと弱めのボーカル…という組み合わせの方がハマるかも。聴きこむというより、ドライブや部屋のバックグラウンドにさらっと流しておきたい感じ…といえばいいだろうか。 ★★(06/01/28)

「マイ☆ラバ」 ユンナ

1stアルバムからのリカットシングル(3曲収録)。ただし、C/Wの2曲は新曲で、うちM3「かえり道」はユンナ自身が初めて作詞作曲したナンバー。アルバムを買ったファンにも手が出やすい配慮はしてある。実際、私もカップリングの2曲が目当てで買ってみたのだけど、正直いって、ユンナの曲はすべてそろえておきたいという熱心なファン以外は手を出す必要なしというレベルだろう。M2「冬のViel」はバラード曲だけど、聴きどころは大サビの展開部分くらいだし、自作曲の方も小品っぽい感じ。まだ習作の範疇だろう。 ★(06/01/28)