CD Review --113--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「月とドライブ」 metro trip

男女2人ユニットの1stフルアルバム(10曲収録:うち1曲インスト)。「かわいい系ポップス」…とでもいえばいいんだろうか。洗練されたアレンジで都会的な音なのに、大人っぽさは感じない。永遠の少年少女っていうイメージだ。ボーカルの日野さんは、決して音域が広い方ではなく、高いところになるとすぐにファルセット系の歌い方になってしまう。でも、そんなところが逆にアイドルっぽくていい感じ…に思えてくる。曲はどれも抜群に良い。アップテンポなナンバーのとことん楽しい気分も好きだし、一転してセツナい感情が溢れてくるようなミディアム曲にも泣かされる。たとえばM4「僕らの街角」。この曲は歌詞も青木氏が書いている。案外、男の方がロマンチストだったりすることってあるんだよね。(^v^) ★★☆(06/02/25)

「戦いの矛盾」 熊木杏里

3曲収録のシングル。このところ、ライブでもよく歌っていたメッセージソング的なナンバーを集めた作品。シングルには珍しくセルフライナーがついてて、イラクのニュースを見たり沖縄に足を運んだりしたことが制作のきっかけになった…と書かれている。メッセージソングといっても、決して激しくアジってるわけではない。どれもとても静かに、自分たちがいる世界で何が起こっているのか(そしてかつて何があったのか)、考えてみることから始めよう…と問いかけている曲だ。そう、たしかに今の日本は、自分たちが“平和ボケしている”ことを認識することすら出来ていない。しかし彼女はそれに気づいた。ジャケットの写真のまっすぐな眼差し。思いはきっと伝わるはず…。もちろん、メロディーやサウンドは、彼女ならではの美しく儚いものだ。M3「いつか七夕」も名曲だと思うよ。 ★★☆(06/02/25)

「KEY」 ナチュラル ハイ

これは相当なもんでしょうね! ピアノをフィーチュアした女性2人組ユニット…という言葉からくる大人しそうなイメージの後頭部に強烈な回し蹴りを決めてくれる2ndフルアルバム(15トラック収録:実質12曲)。冒頭のインストナンバーからして、ゾクゾクするようなグルーヴ感に満ちていて、これから何が始まるんだろうという期待が一気に高まる。ボリュームは住宅事情が許す限り大きめで聴きたいね。強力なナンバーが次から次へ。どれも印象的な楽曲。クレジットを見ると、メンバー2人の単独作、そして共作曲などが混在しているのだけど、そこにはクオリティのばらつきが全くない。ユニットとしての好調さが感じられるではないか。白木さんのボーカルは砂糖を入れないコーヒーみたいな大人っぽい味わい。そして、ナチュラルハイらしさを象徴するような華やかで表情豊かな大嶽さんのピアノの存在感。文句なしにカッコいいぜ。 ★★★(06/02/25)

「卒業 〜さよならは言えない〜」 安次嶺奈菜子

沖縄出身の20歳のソロシンガー「あしみね・ななこ」のデビューシングル(2曲収録)。タイトル曲は、石垣島の中学校の先生が作り、歌い継がれてきたという卒業をテーマにした曲。ゆったりした三線のイントロ、そしてのびのびとしたメロディーとともに語られる、思い出と旅立ちへの希望が交錯する特別な一日…。まあ、基本的に誰でもこのシチュエーションには弱いわけです。(^v^;; 意外なことに歌詞には沖縄らしい要素が入ってないので、どこの地域でも違和感なく歌えそう。十分スタンダード化する可能性のある曲ではないだろうか。安次嶺さんのボーカルは、とても素直できれいな声、そしてストレートな歌い方が爽やか。C/W「未熟者の歌」も、人生応援歌みたいな内容なんだけど、決して押し付けがましくなく好印象。 ★★(06/02/25)

「人生すごろくだべ」 いきものがかり

厚木・海老名をベースに活動してる男女3人組バンドの3rdミニアルバム(4曲+DVDのライブ映像)。次の盤からはメジャーに移籍するそうなので、インディーズ最後の一枚だ(2005年5月リリース)。ライブを見て印象的だったので買ってみたんだけど、この盤の雰囲気もいいね。基本はフォークっぽい。素直でキャッチーなメロディーが印象的。明るい曲がメインだけど、M3「くちづけ」なんかはマイナーな歌謡テイストだったりして、引き出しもいろいろあるようだ。ライブでいちばん釘付けにさせられたボーカル、吉岡聖恵さんの伸びやかさは、CDからも十分伝わってくる。声質に華があるし、歌うことの楽しさを感じさせる。いわゆる“歌心”があるのが彼女の魅力だろう。メジャーでも成功して欲しい。 ★★(06/02/25)