CD Review --115--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「FROM ME TO YOU」 YUI

13曲収録の1stフルアルバム。これまずジャケットがカッコいいよね。ギターを持った彼女の写真が、少しブレた感じで左半身だけ写っている。白っぽい背景に薄い緑。フレッシュな躍動感。それはそのままパッケージされた音楽にも共通している。全曲自作。期待を裏切られることはない。とにかく楽曲のクオリティが高い。みずみずしさとメリハリを効かせたプロっぽい上手さが違和感なく共存している。楽器を適当に弾いて作ったようなイージーなメロディーではなく、この歌を歌いたいんだ…という強い思いが溢れ出したような歌心を感じさせられる。やや幼さを残したボーカルの声質、そして10代のひたむきな感情をストレートにつづった歌詞とがシンクロして心に響いた。もちろん、アレンジの的確な仕事も素晴らしいもの。フォークロックを基調にしたサウンドで、曲ごとの魅力を引き出していて聴き飽きない。 ★★★(06/03/26)

「“Sensitive doll”」 清家千晶

セルフプロデュースによる7曲収録のミニアルバム。全曲ミディアム。シンプルな音響を意識したバックトラックと全体に肩の力が抜けたようなゆとりを感じさせる歌(ボーカル)が印象的。これまでの彼女の作品、特にアルバムには、どこかやり場のない張り詰めたテンションが満ちていて、なんだか気軽に聴けないようなところがあったと思う。もちろん、そんな激しさも彼女の魅力だったわけだけど、今回の作品では必要な緊張感は保ちながらも、優しい包容力や開放感のようなものがより強く感じられる。何度も繰り返し聴いても疲れない。そのかわり、じわじわとシブい銀色に似たメロディーの美しさが効いてくる。
★★(06/03/29)

「SLAVE of KISS」 北出菜奈

プリンセス・プリンセスのカバー「KISS」が1曲目に。以下、「キスを下さい」「KISS or KISS(English Version)」「Sweet frozen kiss」…と収録されてる4曲とも、いずれもタイトルに「キス」がからんでるという企画盤。シングルとも違って、なんとなく核になる曲がないというか、いまひとつ評価のしにくい作品という気がしてしまった。曲として好きなのは、彼女らしいマイナー調で疾走感のあるM2「キスを下さい」、そしてラストの淡く甘いバラード曲M4「Sweet…」だろうか。カバーも可愛らしさがあって、たまにはこういうのも聴いてみたい感じはある。ただ、英語で歌った「KISS or KISS」は意味不明。等身大フィギュアと化したジャケットの写真もねぇ…微妙です。(^v^;; ★☆(06/03/28)

「恋の煙」 チャットモンチー

1stシングル(3曲収録)なんだけど、デビューがミニアルバムだったので2作目のCDということになる。前作に引き続いて、楽曲、演奏、ボーカルいずれもとても充実している。ミディアムのタイトル曲、C/W曲はアップチューン、バラード…と3曲の組み合わせもバランスが良い。ただ、この盤など聴いていると、あまりにも切れ味がよすぎて、そこがちょっと物足りなくなってきたりもする。もっと演奏が下手な方が(あるいはラフな方が)、よりひっかかりが出来たり、親しみがわいたりするような気もする。どんなもんでしょう。まあ、ライブなどだと適当に荒れていて良いのかもしれないけどね。そういう意味でも、一回ライブ見にいかなきゃ…と思いつつ、何度も機会を逃してばかりです。 ★★(06/03/29)

「夜明け」 笹川美和

3rdフルアルバム(12曲収録)。風土というか大地というか、巨きな自然を遠景として、その中で生きる人間の感情を歌に託した…そんなスケール感たっぷりの作品集。まさに笹川美和の世界としかいえない。スタイリッシュな歌とサウンド。歌詞の一つ一つに“言霊”が宿っている。それがメロディーという翼を得て、湧き上がり漂い始める。もはや「ポップス」という概念からはかなり遠いところに到達してしまっている。素直に音だけ聴いて判断するなら、むしろ「ワールドミュージック」などに分類するのが自然ではないだろうか。完成度は非常に高く、聴いていると引き込まれるように最後まで通してしまうのだけど、都会の日常生活の中で気軽に聴けるものでもないような気もする。優れた演劇の舞台を見ることが、「劇場という異界」に身を置くある種の体験であるべきなのと同様に、おそらく彼女の歌も、どこか遠い土地での野外コンサートのような「異世界」に身を置いて聴くべきなのだろう。そういう意味では、紫雲寺町でのライブを体験出来た人はとても幸せだと思う。 ★★(06/03/25)