CD Review --116--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「ROCKSTAR」 MEG

1年半ぶりの新作は、別バージョン(アレンジ違い)が収録されているとはいえ、またしても「1曲だけ」収録のシングル。もっとも、最近の彼女の活動は音楽が中心というわけではない。アパレルブランドのディレクターとして、デザインからそのモデルまでこなしている。つまり数ある表現方法の一つが音楽だということ。ファンとしては少し寂しいけれど、まとまった作品を聴けるのは、もう少し先のことになりそうだ。さて、今回はなぜかハウスだった前作「STEREO04」とは違い、本来の彼女らしさが戻った作風といっていいだろう。アップテンポで弾けるようなPOPなロックサウンド。のびのびと楽しく春らしい気分がたっぷり。化粧品のCMなどならすぐにでも使えそうだ。洗練されたオシャレな雰囲気とともに、どこか80年代っぽい懐かしさもある。C/Wの「slow lab ver.」は一転して奥行きとメロウな陰影を感じさせる、大人っぽいミディアムテンポのアレンジ。これも良い。何回リピートしてみても1曲しかないのが残念でならないね。
★★(06/05/06)

「咲きましょう」 berry

メジャーデビューとなる1stシングル(2曲収録)。2002年の初頭にミニアルバム「Time for Change」を聴いて以来、足かけ5年のファンとしては、何はともあれお祝いを言いたい。そんな「咲きましょう」は、リリカルなメロディーと泣きのボーカル、そしてアコースティックなストリングスの美しさ…が印象的なミディアムナンバー。聴く者の心にすっと入っていくような優しさと同時に、凜とした芯の強さをあわせ持つ、彼女の持ち味を十分に生かした佳曲といっていいだろう。歌詞(松井五郎氏)は、ちょっと「世界に一つだけの花」っぽいところもあるけど、サビのフレーズとの相性や印象度もばっちり。C/Wは詞・曲ともにberryさんの作で、こちらもミディアム曲ながら、UKロックっぽいギターの響きが生きている。当初は九州方面でのプロモーションが中心になってるみたいだけど、早く首都圏でもライブで聴かせてもらいたいものだ。
★★☆(06/05/06)

「ずっとずっと…」 TIA

5thシングル(2曲収録)。これはいいな〜。何度も繰り返し聴いては、そのたびにどっぷり曲の世界に浸りこんでいる。別々の道を選ぶことになった二人…80年代頃の田中康夫の小説を思い出すようなセンチメンタル度全開のストーリーはメチャクチャ好みだったりする。彼女の自作の歌詞なんだけど、実体験なんだろうか。すごく切実だもんね…。セツナさがあふれるミディアムのきれいなメロディー。アレンジにもR&B的なカラーはほんの少しで基本はポップスというところもすごく好印象。2番のAメロのあとすぐにインタールードが来て大サビへ…という構成も良いし、要所でのストリングスも効いてる。そして、美しい声質と情感たっぷりのボーカルの魅力。同年代では間違いなくトップクラスの歌唱力といっていいだろう。C/W曲「ちいさな手」は、詞・曲ともに自作。こちらはよりポップ色が強い。小品っぽいけど、軽快なこの感じもかなり好きだな。 ★★★(06/05/06)

「SAKURA」 いきものがかり

メジャーデビューシングル(3曲収録)。「桜」がモチーフ…というと、「えぇ、また〜?」という反応が返ってきそうなJ-POPの桜ブームだけど、まあそういうトレンド的な部分をはずして素直な気持ちで聴けば、これはけっこう良い曲だと思う。実はこのページでとりあげてるCD、ここまで3作続けて「ストリングスを使ったミディアム曲」という共通点があって、モロに個人的な好みだといえるのも確かなんだけどね。卒業シーズンにぴったりくる儚さをたたえた甘酸っぱい和風メロディー。そして一部に文語調を交えた歌詞からは、高校時代に習った明治の文豪の作品などを思い出してしまったり…(このへんの雰囲気の作り方はすごく上手いと思う)。ボーカルは、以前ライブのレポでも書いたけど、伸びやかで声質もきれいで好きなタイプ。やや氾濫気味の“桜もの”ではあるれけど、不思議と狙ってるなという感じがなく許せてしまうのは、裏表のなさそうなバンドの人柄のたまものかもしれない。 ★★(06/05/06)

「Working Girl」 Sister Q

3rdシングル(2曲収録)。アップテンポでアグレッシブなイメージのタイトル曲。メロディーというよりアレンジかな。そこで歌われている歌詞は、「恋じゃなく仕事に生きがいを見出す女の子がいたっていいじゃない」というメッセージ的なものだ。それぞれは悪くないんだけど、あわせ技になると、いまいちフィット感がないのはどうしたことだろうか。この歌詞の内容なら、もうちょっとゆったりした癒し系の感じの方がふさわしいような気がするんだけど…。オケだけ聴くと、けっこうカッコよくていいなと思えるのにね。歌詞のテーマなどは似た感じながら、どっちかといえばC/W曲「フリフリレディ」の方が、80年代っぽいレトロサウンドだったりするせいもあって、なんとなく憎めない味わいがあって好きかな。まあ、こっちがタイトル曲だとB級っぽさが前面に出てしまうけどね〜。(^v^;; ★☆(06/05/06)