CD Review --117--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Rendezvoue」 Lady Marmalade

女性3人組コーラスグループのデビューシングル(3曲収録)。「レディママレード」というと、古い人間はどうしても70年代のラベルのヒット曲を連想してしまい、「R&B…?」と思いがちなんだけど、実際に聴いてみるとベースになってるのはポップス。もちろん、イマドキのポップスなので洗練されたR&B的テイストは随所に感じられるけど、別に本格志向じゃなく、パフォーマーの個性を生かしたキュートな味わいが素直に楽しい。タイトル曲「ランデブー」は、弾むようなリズムが心地よいアッパーチューン。そして、C/Wの「終わらない夢」「Identity is all」は、いずれも沁みわたるようなセツナ系のメロディーとコーラスが美しいミディアムナンバー。特に「終わらない夢」は、青春のワンシーンを切り取った歌詞の世界も好きだしね。思わず胸キュンものです。 ★★☆(06/05/28)

「心のカタチ」 榎本くるみ

シンガーソングライターのデビューシングル(2曲収録)。透明な…と形容するのがぴったりの儚げで美しいボーカルと、奥行きと浮遊感を感じさせるエレクトリックギターの響きが印象的なタイトル曲。メロディーの展開やきちんと端正なボーカルのたたずまいは、どこか70年代のフォークソングを思わせる古風なところがあるのに、アレンジは洋楽(イギリス)っぽい。不思議なクロスオーバー感覚。ボーカルの声質自体は、必ずしも好みのタイプというわけではないのだけど、すうっと心の中に入っていく瑞々しさがある。C/W曲の「one of them」はスケール感に加えて力強さも感じさせ、ミディアム〜スローのタイトル曲とはまた異なった魅力がある。ライブも良いそうなのでぜひ一度聴いてみたいものだ。 ★★(06/05/28)

「Private Address」 jenny01

2ndミニアルバム(7曲収録)。前作からの延長線上…といっていいんでしょうね。洗練された快適なラウンジサウンド+ウィスパー系の雰囲気ボーカル。ジャケット周りもセンスがよくて、すっきり片付いた部屋で過ごす午後のリラクゼーションタイムのお供には最適だろう。どの曲もよく出来ている。特に文句のつけどころもないんだけど、個人的には全体的にあっさりしてるところが若干物足りないのかもしれない。“ひっかかり”というのはある意味で不恰好なものかもしれないしね…。なんて言いながら、メロウの極みといえるM6「It's A Fine Day」から、フルートが効果的で軽快なラストナンバー「White Diary」に至る流れなんて、なんとも抵抗しがたい魅力があるのもまた確かなんだけど。 ★☆(06/05/28)

「Hello」 山本朝海

むむむっ、このイントロは…そして聴いてるだけで胸がドキドキ昂ぶってくるようなこのギターサウンドは…。そうです、おなじみ山沢大洋サウンド! 21歳のソロシンガー(やまもと・あさみ)のデビューシングル(2曲収録)。現代の複雑な音楽を聴きなれた耳には、単なる古典的ロックンロールのコピーじゃんと思われてしまうような超シンプルなサウンドなんだけど、そのメロディーやリズムからは、青春の理由もないポジティブさ(タイトル曲)や甘さの裏側に潜む苦さ(C/W「lamp shade」)…などがストレートに伝わってくるようだ。ボーカルは決して歌唱力で圧倒するタイプではない。でも、歌うことが楽しくて仕方がないという素直な感情をふつけてくる伸び伸びとした歌声は魅力的。山沢氏が楽曲提供だけじゃなく、もう一歩踏み出してプロデュースまで買って出たという新人。次回作もよろしくお願いしますよ!(^v^)
★★☆(06/05/28)

「炭酸水」 フーバーオーバー

えーっと何枚目になるのかよく分からないけどミニアルバム(7曲収録)。あいかわらず良い曲ばっかりで、特に今回はオープニングのタイトル曲がなんといっても楽しい。「♪ピリピリッとしてサイダ〜」…なんてフレーズ、誰が聴いても一発で覚えてしまいそう。「不安全ピン」「駄洒落小説」「ライバルはリッケンバッカー」…このあたりもいいねぇ。独特の親しみやすいメロディーとちょっとユーモラスな歌詞の世界。深夜TVの青春コメディードラマに似合いそうだ。あんまりロック!っていう硬派なイメージはないんだけど、よく聴くとここぞというポイントではけっこうロックンロール的なカッコいいアレンジをとり入れたりしている。レコ発ツアー、行けず残念…。 ★★☆(06/05/28)