CD Review --118--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Here I am!」 宮川 愛

これは相当なもんでしょうね! 19歳のソロシンガーのデビューシングル(3曲収録)。都会的で洗練されたR&B系サウンドとフレッシュでみずみずしいボーカルの組み合わせ。はっと目が覚めるような鮮烈な完成度。テクニックや力強さも感じるのに、押し付けがましさや濃くて暑苦しいところがまるでない、レモンかライムのようにキリッと引き締まった声質の可憐さ…。そんな彼女の魅力を最大限に生かそうとするかのように、楽曲も「歌もの」というはっきりした意識のもとにメロディーやアレンジが練りこまれている。踊れりゃいいんでしょ的な安易さがまったくない。だから何度聴いても聞き飽きないのだろう。3曲はいずれもタイプが異なるが、コンテンポラリーなオリジナルに対して、M3のカバー(原語で歌っている)のメロウなフィーリングも素敵なコントラストを生んでいる。 ★★☆(06/06/11)

「夏待ち」 ROUND TABLE featuring Nino

映画音楽のようなたっぷりのストリングスをフィーチュアしたタイトルナンバー。涼しい木陰からキラキラ輝く初夏の風景を眺めてる気分にさせられるミディアム曲を聴いていると、セツナさと懐かしさがこみ上げてきて…。ポップス好きにはたまらないよ。ラウンドテーブルとニノの新作は2曲収録のシングル。C/W曲の「潮騒」もほぼ同傾向の曲といっていいかな。こちらは大サビの展開がなんともいえない。こういう予告編風の思わせぶりシングルばっかり小出しにしてないで、いい加減にアルバム制作してほしいものです。…っていうか、そのうちベストアルバムが出てしまうんじゃないだろうか。豪華ブックレット(ミニ写真集)付でお願いします。(^v^) ★★(06/06/11)

「願い」 RYTHEM

2003年デビューの女性2人ユニット「リズム」。作品はもうけっこうリリースされてて、これは10thシングル(2曲収録)。これまでコーラスのあまりのキレイさが、なんか“良い子”しすぎなんじゃないの…と思って手が出てなかったんだけど、今回の新作は試聴してみたところ、すんなり聴けたので買ってみたのだった。タイトル曲は、清楚で哀愁味のあるオリエンタル調のメロディーと「ゴンドラ」なんていう言葉の組み合わせが、少年向けの冒険物語の世界につれていってくれるような雰囲気。C/W曲の「ピカソの休日」も、オールドスタイルのジャズアレンジなんだけど、ジャズです!みたいな気負いがなくサラッと仕上げていて好印象。こういうかわいい世界もたまには良いかもネ。心がなごみます。 ★★(06/06/11)

「melody 〜SOUNDS REAL〜」 絢香

2ndシングル(2曲+ライブ音源3曲収録)。タイトル曲は、デビュー作に続くスケール感たっぷりのポップ曲で、今回はかなりアップテンポになっている。歌はもちろん上手い。ただ、個人的な好みでいえば、C/W曲の「ブルーデイズ」の方が断然好きかな。こちらはしみじみ語りかけるようなバラード曲。彼女の声はとても“強い”ので、アップテンポでスケールの大きな曲はハマるんだけど、同時にちょっと息苦しさも感じたりする。それに対して、「ブルー…」のような曲は適度に抜いて歌っていて、余裕がある分だけ、奥行きや情感の深さなどを感じられる気がする。ライブバージョンの3曲は、アコースティックな空気感が出ていて、コンサート会場にいる気分になれる。ミディアムナンバー「Sha la la」の雰囲気もいい。
★★(06/06/06)

「Springs Super Best」 Springs

2003〜4年頃に活動していた3人組ガールズアイドルユニット「スプリングス」のベストアルバム。収録されてる10曲はすべてカバーで、主に80年代のアイドルポップスやJ-POPの有名曲ばかり。でも、これが意外とイケる。冒頭の「DOWN TOWN」のキラキラっぽさや、続く「木枯しに抱かれて」のセツナさ加減…。この2曲で十分モトが取れるほどの充実ぶりだが、それ以外の曲も良いよ〜。アレンジは原曲の古さを感じさせないよう適切にリニューアルされているし、ボーカルも“企画物アイドル”という言葉から想像するレベルを超えてなかなかGood。聴いてるうちについついニヤけてしまいそうになる不思議な「ムフフ感」がある。なんだか若い女の子たちと一緒にカラオケに行ってる感覚…とでもいいましょうか。「赤いスイートピー」「雨」「Raspberry Dream」…。まさにそうでしょ。(^v^) ★★☆(06/06/06)