CD Review --120--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「この星の鼓動」 川江美奈子

2ndフルアルバム(12曲収録)。前作の1stアルバムもとても完成度が高かったけど、今回はさらに良くなってる印象。1枚目よりも余裕が出てきたというのか、肩の力が抜けた分、聴き手には一層心地よく響いてくるのに、内容的なクオリティーはまったく下げてない…そんな作品になっている。美しいメロディーと丁寧に書き込まれた歌詞。大人っぽい凜としたところと女らしいかわいらしさが共存しているボーカルの魅力…。何度もじっくり聴き込めるし、おそらく何年後かにまた聴いたとしても、このみずみずしさは失われていないだろう。M8「あなただらけ」のボサノバなんかもリラックスできるアクセントになっててGood。エバーグリーンなポップスの魅力ということでいえば、竹内まりやなどを思い出す。でも、もうちょっと“和”のテイストが濃い感じ。 ★★★(06/07/08)

「リズム」 POP CHOCOLAT

京都出身の女性3Pバンド「ポップショコラ」の2ndアルバム(9曲収録)。ギターを中心にしたエッジの効いたサウンドは、個人的には最近好きなタイプ。でも、ハードなイメージはなくて、透明感のあるボーカルや多用されているコーラス、女性らしい繊細なアレンジ…などが聴きやすくて楽しい。キャッチフレーズは「はんなりオルタナ」。分かる感じ…。歌詞も日本語中心で、何を歌ってるのかちゃんと聴き取れるのは好印象だしね。反面、全員がボーカルを担当、というのが特徴でもあるんだけど、これは裏を返せば、一人で引っ張れる強力なボーカリストがいないということでもある。まあ、ジャンル的には“歌もの”ではないわけだし、完璧じゃない方が肩入れしたくなる…ということもある。ちょっと見守ってみようかな。
★★(06/07/08)

「雨があがったら」 岩崎 愛

大阪在住、19歳のシンガーソングライターのデビューミニアルバム(5曲収録)。アコースティックでフォーキーな雰囲気のポップ曲が並んでいる。全曲ミディアム。ちょっとブルージーな曲も。若いんだけど、シブイというか懐(ふところ)が深いというか、どーんと構えてて堂々としている。歌もサウンドも不思議な余裕を感じさせる。キャピキャピしてないところが、なんか大阪っぽい。ボーカルはハナウタ系といえばいいのだろうか。曲自体もシンプルでキャッチーさはあまりないんだけど、ライブになると独特の世界をつくってしまうようなタイプかも。本来はギター弾き語りだそう。古くからある音楽喫茶…みたいな場所で歌ってたらメチャクチャ似合いそうだ。 ★★(06/07/08)

「i Need Love」 中ノ森BAND

3曲収録の4thシングル。タイトル曲は、もうすでに彼女たちのファンだという人にとっては、ちょっと物足りないかもしれない。オールディーズ調の単純なロックンロール。シャッフルリズムが楽しいとか、中ノ森さんのボーカルは一切手加減してないよ…とか、無理やり楽しみどころを見つけることはできるけど。でも、彼女たちには意外に女子中学生くらいの若いファンが多いみたいなので、その辺の層をもっと取り込もうという意図で“ロック入門編”みたいな曲をあえて出してきたんだろうか…。それに対して、C/Wの2曲はタイプが異なる。メロディアスでスピード感のあるカッコいいナンバー「サヨナラボンバー」、そして情感あふれる大バラード「リメンバー・ミー」。本来の中ノ森BANDのイメージ。こっちは文句なしだけに惜しい気もするけど…。 ★☆(06/07/09)

「humming *」 TiA

現在は芸名も「TIA」に変わった(全部大文字になった)ティアさんの1stフルアルバム(11曲収録)。2005年2月リリースの旧譜なんだけど、最近けっこうお気に入りなので、過去にさかのぼって購入。で、その内容は…。こういう盤を聴き逃してちゃいけないよねぇ…と反省させられてしまうもの。とにかく佳曲ぞろい。テイスト的には、ポップスとR&B(ソウル)のクロスオーバー的な曲がほとんど。でも、いずれもダンスものではなく、あくまでも歌を中心とした曲としてメロディーがよく練られている。アレンジも的確。主役のボーカルは、若さや青さを感じさせるところも少しあるけど、基本的に抜群に上手いし、フレッシュな声質と伸び伸びした歌唱がとても気持ちいい。特に、ミディアム〜スローのナンバーでの安定感とキラメキは素晴らしいの一言。デビュー曲を買って以来、少々ブランクのあったファンだけど、ここに復帰させていただきます!(^v^;; ★★☆(06/07/09)