CD Review --123--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「打ち上げ花火」 榎本くるみ

どうして「夏」は「思い出」になってしまうのだろう。夏がいつまでも続くことはないのだから、当たり前のことなんだけど。それ以外の季節と比べても、夏はいつも思い出の中にだけあるような気がしてしまう。2曲収録の2ndシングル。夏の思い出に欠かせない花火を題材にしたタイトル曲がとても良い。儚く、美しいメロディー。ボーカルと歪んだギターのサウンドが柔らかく優しい。そして、包み込むようなストリングス…。さりげない歌詞も、目の前に情景が広がるよう。何度も繰り返して聴いてしまった。C/W曲「スペシャル」は、一転してポップス的な雰囲気を強く感じさせる。「スペシャル」の「る」の発音が気になるけど、でもこれもいい曲だ。 ★★☆(06/08/25)

「インターフェース」 福田 舞

約2年ぶりの2ndアルバム(9曲収録)。前作がバンド的なサウンドだったのと比べると、今回はすべての音が、中心にある「歌」を支えるために存在しているような印象を受ける。圧巻は、何といっても「沈黙」だろう。冒頭の「序章」で設定されたテーマが、様々な変奏となって反復され、終盤の「本編」でクライマックスを迎える。そう思って聴くと、9つの断章で構成された物語、舞台のような気がしてくる。以前、「沈黙」をライブで聴いた時に“浄瑠璃の道行物に似合いそう”と書いたのだけど、実にドラマチックにスケールアップしていて、まさにそんなイメージに仕上がっている。圧倒的な情念の嵐に翻弄された直後、ふいに雲が切れて現れた青空のように、最後のボーナストラック曲「まほうつかいのうた」が始まる瞬間のカタルシスも何ともいえない。 ★★☆(06/08/25)

「パズル」 ROUND TABLE featuring Nino

前作の時も、このところシングルばっかり出して…なんて書いてたら、とうとう「フィーチュアリング・ニノ」の新作アルバムが出るそうで(パチパチパチ)。これは、そのアルバムを前にしての最後のシングル(2曲収録)。ブラスとストリングスをアレンジした、これぞ王道ポップスという感じの軽快なスピード感のあるサウンドがたまらない。定番といえばいえるんだけど、やっぱりいいもんです。そしてニノさんの声に影のように寄り添う北川氏のボーカル。これがまたツボ。男女ユニゾンボーカルって好きなんだよね。初期のピチカートファイブとかを思い出してしまう。C/Wは伊藤さん作曲のしっとりナンバー。アルバムが待ち遠しい。 ★★☆(06/08/25)

「Bougain Ville-A」 ブーゲンビレーア

女性2人+男性2人の4人編成ユニット。そのデビューアルバム(8曲収録)だ。サウンドは、現代的にアレンジされたサンバやボサノバなどを、リラックスした空気感で聴かせている。洒落た感じで都会的なんだけど、リゾートっぽいゆる〜い雰囲気もたっぷり。レトレ(Le3)の松本浩一氏がプロデュース…と聞くと「なるほどね」という感じだ。メンバー自体もけっこう大人だし、肩肘張ってないところが良い。小唄風のボーカルもね。難しいことは言わずに、昼だろうが夜だろうが、どんどん聴いちゃって下さい。1曲だけ収録されてるカバー曲「DOWN TOWN」(シュガーベイブ)の存在も効いている。※なぜか瀬戸内海の小さな島・直島にあるという「直島レコード」からのリリース。不思議だけど、そんなところもいい感じ。
★★☆(06/08/25)

「リズム」 Fonogenico

男女2人ユニット「フォノジェニコ」の2ndシングル(3曲収録)。シャープなフュージョン系のポップサウンド。センスを感じさせるリズム感、隙間がほどよくあり、一つ一つの楽器の表情をたっぷり感じることができる。すっきりしてみずみずしい味わいのボーカルも気持ちいい。聴いてると、初期の一十三十一サウンドを思い出した。ポップ感はもっと強いけどね(実は、一十三十一さんとはライブで共演したりもしてるらしい)。これはなかなかのものでしょう。C/W曲もそれぞれクオリティーが高い。3曲目ではスタジオライブ風の録音で楽しませてくれる。このシングルのレベルの曲を並べたら、そうとう良質なアルバムができるのではないだろうか。 ★★☆(06/08/25)