CD Review --124--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Perfume 〜Complete Best〜」 Perfume

3人組アイドルユニット、パフュームの1stフルアルバム。全曲をカプセルの中田ヤスタカ氏が作曲・編曲(12曲収録)。「コンプリートベスト」と銘打ってるけど、いわゆるベスト盤じゃなく、メジャー移籍後の全曲とインディーズ時代の代表曲などで構成された「これまでの集大成盤」っていう感じかな。近未来っぽいポップなメロディーとカラフルなサウンドが楽しいエレクトロナンバーを連発。アイドルといっても手抜き一切ナシ、の中田サウンドの徹底ぶりが何といってもイイ。アイドルものにとっては、いわば“禁じ手”といえる「声自体をいじってしまう」ようなエフェクトも容赦なく導入。それでいて、彼女たちのキュートさもたっぷり伝わってくる。J-POPも好きだけどアイドルも好き…なんて人にとっては(まさに私ですが)、けっこうワクワクさせられる盤だと思う。 ★★☆(06/09/10)

「Don't Stop THE LOVE」 FriDay

ソロシンガー「フライディ」のデビューシングル(3曲収録)。予備知識なしで試聴して、気に入ったので即決で購入。大まかな分類でいえば、R&Bということになるんだけど、ダンスやヒップホップではなく、どこか80年代っぽいシティ系のコンテンポラリーソウルである。特にディープでミディアムなタイトルナンバーがたまらない。ゴージャス感たっぷりなサウンド(それも本物のゴージャスじゃなく、どこかフェイクファー的な刹那さを伴ったそれ)は、ちょっと宇多田ヒカルの「Automatic」当時のサウンドを思い出させる。ボーカルにもたっぷりの艶があって、バックトラックとの相性もよく上手い。泣きのボーカル。コーラスの雰囲気も良い。C/Wには、それぞれタイプの異なる2曲が収録されてる。個人的には、やはりメロウ系のM3「UUU」がいい感じ。 ★★☆(06/09/10)

「Complex City」 こうもと あい

シンガーソングライターの1stフルアルバム(10曲収録)。いい感じに力の抜けたインディーポップ。体育会系とは正反対の文化系女子の匂いが随所に。キラーチューン的な強力な曲はないものの、タイプの異なるそれぞれのナンバーに、いろんなアイデアを詰め込んでる感じ。ウォーキングテンポが気持ちいいM1「キャロライン」、のんびりした雰囲気のM2「DELIVER」、ちょっぴりおサイケ調?のM3「二兎を追うのもは二兎ともkill you」、ロックに突っ走るM5「RUN」、ポップなメロディーがカワイイM8「ツイステッド」…などなど。ボーカルも力で押すタイプじゃなく、キュートな声質とおとぼけ調の歌い回しで親しみやすく聴きやすい。 ★★(06/09/18)

「世界の日暮れ」 メカネロ

2ndフルアルバム(10曲収録)。いまさらのように気づいたんだけど、このバンド、ベースの林氏が全曲の作詞・作曲なのね。ベース担当が楽曲面を仕切ってるっていうパターンは意外と少ないんじゃないかな〜。さて、本作ですが、デビュー盤に引き続いてクオリティーは高い。曲のレベルがとにかく安定してるし、ライブでは気になるボーカルの消極的な存在感も、CDではそれを逆手にとって、未熟さに同梱された微熱感、浮遊感にうまく置き換えることに成功している。1stと比べると、シューゲイザーっぽさは後退し、普通のギターポップ的なサウンドが中心になってきた。その分、サウンドの底に流れていた焦燥感が、ゆったりとした余裕に変化してきた印象。 ★★(06/09/18)

「Piece」 山本朝海

2ndシングル(2曲収録)。これ、このところのチョ〜超ヘビーローテーション盤。完全に頭に入ってるのに、それでもなぜかリピートボタンを押してしまう。2曲とも山沢大洋作品。やはりイイね。このメロディー、そして織り重なるギターの響きに胸が高鳴る。たしかに、タイトル曲の歌詞は何を歌っているのか、よく分からない。おそらく時代の閉塞感や、若さゆえの先の見えない不安、のようなイメージ。それは、明確にロジックや言葉にすることができない混沌とした不安。だから、具体的に分かる必要はないと思う。素直に聴いていれば伝わってくる。それを髪を振り乱して歌う彼女がそこにいる。ひたすらにストレートに、真摯に歌っている。だから引き付けられる。何度も何度も聴きたくなるのだ。一転して、C/W「靴ひも」は、さわやかな恋の予感にときめくポップロックチューン。これもタイトル曲に負けず劣らずにいい。対照的な2曲、時代の閉塞も恋の予感も、たぶんどっちも絶対的な真実。どっちも好きだ。 ★★★(06/09/18)