CD Review --125--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Flower Source」 松崎ナオ

メジャー復活の12曲入りフルアルバム。約3年ぶりの新作だけあって、まさに「満を持して…」という言葉がぴったりくるような充実作ではないだろうか。どの曲も練り上げられてる感じがするし、アレンジも曲によっていろんな趣向が凝らされてる。曲数は多いけど聴き飽きさせない。どの曲にも共通しているのはスッキリと抜けが良く迷いがないところだろう。ボーカルも個性的でアクが強いところを抑え気味にして、素直さが前面に出されてる感じ。こうして書き並べていくと、ほとんど欠点らしいところのない作品。バランスが良くて、クオリティーが高い。ジャケットのアートワークもきれいだしね。 ★★(06/10/07)

「友ダチ」 ユハラユキ

シンガーソングライターのメジャーデビューシングル(2曲収録)。フックのしっかりしたポップ曲で、聴きやすくて楽しい。タイトルナンバーは、Bメロあたりがすでにサビといってもいいくらいのインパクトを持ってるし、全体のスピード感もかなり心地いい。Michelle143の最近の曲とかを思い出したりした。C/W曲の「I miss you」は、ほんわかハッピー系のまったく違うタイプの曲。もっと他のオリジナルも聴いてみたくなる。ボーカルの雰囲気も好きだな。ジャケットの写真のように、Tシャツにジーンズみたいな飾らないスタイルがぴったりくる、明るさとキュートさをあわせ持つ歌声。欲をいえば、一声でユハラユキだ!と分かるような何かがあれば。 ★★(06/10/07)

「全肯定理論」 リナン

8曲収録の1stミニアルバム。アコースティック感を生かしたシンプルなポップナンバーを中心に、ロックっぽい曲もある。彼女の個性は、メロディーに洋楽っぽさを感じさせるところと、脱力したようなゆる〜い空気感を感じさせるボーカルだろう。中高音のきれいな声質だけど、このボーカル(歌い方)が好きかどうかで評価は分かれそう。個人的には…たぶん、ライブなんかだと集中して聴けるけど、CDだとちょっと…という位置に来てしまう感じだろうか。洗練されてるんだけど、同時にどこかにメランコリーな気分があって、それが聴いてて気持ちが晴れない要素になっているような気がする。 ★(06/10/07)

「Fly High」 中ノ森BAND

5thシングル(3曲収録)。同じ事務所の先輩、観月ありさ主演ドラマの主題歌というタイアップつき。そのドラマの内容にあわせて、ストレートでポジティブな自分応援ソングに仕上げている。若いファンには、たぶんこういうタイプの曲が等身大で親しみやすいんだろうな…と思いながらも、大人ファンの一人としては、ちょっと物足りない気分も。前作も、サウンドは若干違うけど、ベクトル的に同傾向だったしね…。それだけに、C/W曲のM3「強がりキューピッド」なんかは、小品だけど新鮮に聴けた感じ(ブルースっぽいフィーリングが感じられるミディアムナンバー)。アルバムでは、このへんの路線もフォローお願いしますね。 ★☆(06/10/07)

「とおり雨 / 愛しい人」 ハッチズクローバー

2人組ユニットになってから初めてのシングル(3曲収録)。リリースは6月だったんだけど、タワーレコードで買えるようになったのは9月だったので、ちょっとレビューが遅くなりました。でも、内容は良いよ! 基本はポップス。明るいロックテイストのアレンジがメロディーを引き立てている。そう、ハッチズの作品はやっぱり爽やかな甘さたっぷりのメロディーが魅力。スコールの中を駆け抜けていくような「とおり雨」のスピード感は、聴くたびに楽しい気分にさせてくれるし、一転してしっとり路線のミディアムナンバー「愛しい人」から立ち上がる情感も何ともいえない。ハッチさんのボーカルも快調。アルバムを期待するとともに、アイドル系シンガーへの楽曲提供なんかも、けっこうハマる可能性があるような気がするんだけどね。どうでしょう。 ★★☆(06/10/07)