CD Review --126--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「君を想う」 奥田美和子

2ndフルアルバム(11曲収録)。聴く前の予想としては、やはり前作「二人」の完成度には及ばないのだろうなと思っていた。本当は予断を排して聴くべきなんだろうけど、全曲を柳美里が作詞した「二人」はそれを許さないほど完璧なコンセプトアルバムだったのである。そんな気持ちで聴いた新作「君を想う」だったのだけど、結論からいえば、その予想はよい意味で裏切られていた。前作の作風をまったく変えるというのではなく、柳作品も3曲収めて、いわゆる軟着陸路線。“泣き”のボーカルの味わいを最大限に生かすべく、どの曲も非常に丁寧に作られていて聴き応えがある。要所で使われているストリングスのアレンジにぐっとくる。そのクライマックスは、M7「そばにいて」だろう。実にドラマチック。それでいて、全体としては聴きやすく楽しめる感じもある。「二人」が、素晴らしい出来なんだけど同時にちょっと気軽に聴くというわけにいかない…というくらいに感情の密度が高かったのにくらべると、少しだけ甘いところが良い方向に作用している。「柳美里作品を歌うシンガー奥田美和子」ではなく、何の冠もつかない「奥田美和子」の魅力を素直に感じられる作品だ。 ★★★(06/10/20)

「Nino」 ROUND TABLE featuring Nino

「ROUND TABLE featuring Nino」としては待望の2ndフルアルバム(12曲収録)。約3年ぶり。このNinoさんをフィーチュアしたユニットは、ラウンドテーブルが、アニメ関係の音楽を手がける時のフォーメーションみたいだけど、サウンド的には、いわゆるアニメっぽさをまったく感じさせない。とても洗練されたポップスアルバムになっている。逆に感じるとしたら、アイドルポップス的なセンスかな。それも、秋葉原に象徴されるコテコテなそれじゃなくて、代官山や自由が丘あたりに出没しそうなちょっとオシャレ系な空気感。楽曲もそうだし、ジャケット周りの写真やデザインにも、そのへんの気持ちよさはたっぷり注ぎ込まれている。前作「April」後のインターバルにリリースしたシングル曲も多数収録。準ベストアルバム状態なんだけど、かえってまとめて聴く楽しさもある。 ★★☆(06/10/20)

「いつもの風景」 rain book

3曲収録の2ndシングル。どの曲もいいんだけど、個人的にもっとも惹きつけられたのは、M2「あの子はだぁれ?」だった。系列的には、前作のC/Wに収録されていた「野ばら」に近い曲。いわゆる“オリジナル新作童謡”とでもいうもので、メロディーはまさしく童謡なんだけど、歌詞は大人視点だったりする。これって、レインブックならではの強力コンテンツではないだろうか。この方向性の作品ばかり集めてミニアルバムなんかにしてくれたら…。おそらく寝る前のナイトキャップがわりに年中重宝することになりそうだ。ぜひお願いしたいものです。タイトル曲とM3「ゆっくりな時間」は、NHK新潟放送局の番組のために作られた曲。どちらも、ほのぼのとした日常の光景と穏やかで幸せな気分をモチーフにしている。美しいボーカルとポップなメロディーの組み合わせはあいかわらずいいな。 ★★☆(06/10/21)

「今が大好き」 ユンナ

7thシングル(2曲収録)。タイトル曲は、力強いアップテンポのポップナンバー。「もっとふたりで」をよりパワーアップさせた感じの曲だろうか。ちょっと似てるよね。個人的には、「もっとふたりで」はかなり好きな曲なので単純にうれしい。C/W曲の「祈り」もいいね。題名のイメージだと、お得意のミディアム〜スローの曲かな…と予想したんだけど、軽快でちょっと80年代っぽいポップス曲だった。これまでの彼女のオリジナルにはなかったイメージ。ライブで聴いた時には、杉真理あたりにありそうな曲調だな〜と思ったものだ。どっちの曲でも、ユンナのボーカルは快調。チャンネルプロダクションの内古閑氏によるジャケットのアートワークは、色使いがシャープでGoodです。 ★★(06/10/21)

「かげぼうし」 相沢巧弥子

2ndシングル(2曲収録)。タイトル曲は、前作も手がけた師匠の多胡邦夫氏。青春の甘酸っぱさを感じさせるナンバーでなかなか良いのだけど、期待が大きい分、ちょっと厳しく聴いてしまう部分もある。それはサビのパートで、うまく歌ってはいるのだけど、同時にそれだけに終わってしまっていないだろうか。歌詞的には、心の中のもう一人の自分との対話…というのが題材になっている。叫ぶのではなく、噛み締める…そんな気持ちがベースであるべきだろう。むしろ、多胡氏の作品ではないC/W曲「雨男」の方が、やや抑え気味な分だけ、心地よい潤いと広がりを感じさせる。とはいえ、このタイプのシンガー、楽曲ともかなり好みなので、今後も楽しみなのは間違いない。頑張ってほしいものです。 ★★(06/10/21)