CD Review --130--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「ガールズ' ン' ボーイズ」 ユハラユキ

2ndシングル(2曲収録)。クッキリとメリハリが効いて、スピード感のあるポップなメロディーが楽しいタイトルナンバー。オモチャっぽいサウンドで、よりオチャメ度が高いC/W曲「きっと幸せ」。どっちもすぐにサビのフレーズとか覚えてしまいそう。そんな彼女の個性を思いっきり大まかにくくってしまうと、「メロディー」と「楽しさ」というキーワードがぴったりだと思う。迷いがなくて明るくはっきりした楽曲。ふと思ったんだけど、広瀬香美などをイマドキっぽくした雰囲気かもしれない。元気いっぱいのボーカルからは、彼女の素直で温かい人柄が伝わってくるしね。平均点はけっこう高いと思う。いいですよ。 ★★(06/12/27)

「カタルシス」 the sad sad planet

6曲収録のミニアルバム。どの曲もとてもよくできていて密度が高い充実作。本当にどこからでもシングルを切れそうだ。下手なフルアルバムを聴くよりもよほど聴き応えがある。この作品のレコ発ライブに込められていた気合を思い出した。このユニットの特徴は、湿り気のあるメロディーに深い情念の世界を歌った歌詞がくっついているにもかかわらず、不思議と重くならないこと。メロディー、歌詞、アレンジ、ボーカル、そして世界観…。自分たちの個性や得意分野を完全に把握して、まさにオリジナルな音楽を作り出しているのではないだろうか。活動パターンもじっくりマイペースなんだけど、ぜひこのクオリティーを維持していってほしい。 ★★☆(06/12/27)

「新しい私になって」 熊木杏里

通算7枚目のシングル(3曲収録)。タイトル曲は、もともと資生堂の企業コマーシャル用に作られたもの。最初はCFの時間分しかなかったらしい。それが好評だったので、ちゃんと曲になるよう残りの部分を書き足してリリースしたものだ。失恋した女性が“新しい私になって”気持ちを切りかえる…。メイクと女性の関係をとてもうまくとらえてると思う。もっとも、歌詞の主要な部分を書いたのは男性のコピーライター。熊木さんは作曲とボーカル(そしておそらく2コーラス目の歌詞も)を担当している。曲ができた経緯がそんな感じだから、最近の彼女の作品の中で位置づけるというよりも、単発作品として聴くべきだろう。らしさは十分出てるんじゃないだろうか。 ★★(06/12/27)

「散歩」 nobol

男女4人組バンド「ノボル」のデビューミニアルバム(6曲収録)。サウンドを一言でいえば、ピアノをフィーチュアしたギターポップ。アコースティック色の強いワッフルズ、という感じだろうか。楽器構成も同じだし、一緒にイベントに出演してたのを見たこともあるしね。楽曲やアレンジは、個人的にはまさにツボにきてる。とてもいいと思った。初期ワッフルズが好きな人なら、絶対気に入ると思う。ただ、好みが分かれるのはボーカルだろう。ちょっと突き放した感じの歌い方。ベタベタしないのはいいんだけど、なんとなく無造作すぎる気もしてしまう。繊細で雰囲気のいい曲が多いのでもったいない。 ★★(06/12/27)

「シャングリラ」 チャットモンチー

3rdシングル(3曲収録)。これは相当キテるよね〜。イントロから最後までいい。メジャーシーンでも評価がどんどん高まってる彼女たちが、こういうポップ感のある曲を送り出してくれるっていうのは、個人的にはとてもウレシイ。タイトルナンバーは、印象的なサビの展開、リリカルな歌詞(「♪携帯電話を川に落としたよ、笹舟のように流れてったよ」…なんてなかなか書けないフレーズだと思う)などのバランスがとてもいい作品。でも、どこか“勢いで作りました”的な豪快なところもあったりして。3分ほどの小品とは思えない魅力がある。C/Wの2曲もそれぞれ味わいがある。轟音系のサウンドのわりに歌詞のおもしろさもあわせ持っている。 ★★★(06/12/27)