CD Review --137--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「春の風/夕焼けハミング/流星ビバップ」 柳田久美子

タワーレコード限定発売のトリプルA面シングル(3曲収録)。M1「春の風」は、吹っ切れたように走り出す爽快感がたまらないアップテンポでポップなナンバー。メロディー自体はゆったりしてるんだけど、春らしく浮き立つ感じがいいな。Bメロの展開は彼女ならではの独特の歌い回し。M2「夕焼けハミング」は、つじあやのプロデュースによるアコースティック感の際立つ世界。そして、M3「流星ビバップ」は、小沢健二作品のカバー。彼女がオリジナル以外の曲をリリースするのって初めてかも。でも、これが意外といってもいいほどハマってる。オザケンらしいメロディーも楽しいし、彼女の声質にもどこか、かつての渡辺満里奈を思わせるところがあったりして、なぜかウキウキ。新たな出発にふさわしい元気の出る作品だと思う。
★★☆(07/04/03)

「レミングス」 ジン

メジャー移籍後に発表されたシングル3作を含む1stフルアルバム(13曲収録)。通して聴いての印象を一言で表すなら「繊細」だろうか。もちろんサウンドはロック。インディーズ時代の盤「言錆の樹」で感じさせた、青いといってもいいほどの若々しさや爆発的な力強さ…などは決して失われていない。しかし本作では、そうしたマグマのようなエネルギーを正確にコントロールし、さらに緻密な計算のもとに聴かせるスタイルをつくりあげている。バンドの自然発生的なリズムに、アコースティック楽器やコーラスなどを加え、奥行きと広がりを感じさせるサウンド。個性的なボーカルは、聴き慣れると、このサウンドにはこの声と唱法でなければならない、という確信さえ覚えるようになってくる。歌詞もそう。歌詞カードと首っぴきで「解読」を試みても到底無理というものだろう。だとしたら、耳から入ってくる「音」だけを頼りに聴くしかない。音楽とは言語化できないものだ、ということを地で行くようなバンドだけど、知らず知らずのうちに引きつけられてしまう魅力を間違いなく持っている。 ★★☆(07/04/03)

「それは、素晴らしい音楽なのです」 きたはらいく

自分のレーベルを立ち上げて(つまり自主制作)の第一弾ミニアルバム(8曲収録)。これまでの作品では、ピアノ弾き語りを基本スタイルにしてた彼女だけど、今回はバンドアレンジによるカラフルなサウンドを聴かせてくれている。新曲のほか、既発曲の新バージョン、ライブでおなじみの曲…などもあり、彼女のいろいろな面が感じられる。タイトルをぱっと見ると、自分の曲を素晴らしいといってるみたいだけど、これはモダーン今夜の「愛しいリズム」と同じモチーフ。“好きな人の胸の鼓動”を「素晴らしい音楽」と表現した曲だ。個人的には、ストリングスを配した「哀しみのまほろば」、E・リーダーの曲に日本語の歌詞をのせた「Wings On My Heels」などが聴きどころだけど、まっすぐで飾らない歌の正直さは、どの曲にも共通している。 ★★☆(07/04/06)

「パール」 相沢巧弥子

1stフルアルバム(11曲収録)。彼女のデビューのきっかけになったオーディション番組「歌スタ」の審査員たちが大部分の楽曲を提供している。いわゆるプロのソングライターたちの手による曲は、どれも耳ざわりがよく、ツボを押さえたもの。明るく甘さのある彼女の声質にもよくあってると思う。個人的に一番いいなと思えたのは、古内東子さんが書いたというM4「遠回り」かな(古内さんは「歌スタ」審査員ではないけどね)。女性らしくしみじみとした感情を歌ったミディアムナンバー。メロディーにしっくりはまった歌詞が沁みる…。ただ、この曲も含めて、相沢さんの表現力という面についていうなら、まだまだ磨きをかけるところはありそう。声質の良さや思い切りのいい歌い方で、一見上手そうに感じるんだけど、もう一段深いものを求めたい気はする。 ★★(07/04/06)

「桜日和」 星村麻衣

3曲収録のシングル11作目。リード曲は、タイトルからも予想されるように日本風のモチーフが印象的でリリカルなナンバー。しっとりと柔らかい作風かと思いきや、ブリッジのメロディーやボーカルの力強さなど、意外と骨太でロックな意思を感じさせる曲でもある。ふわふわした雰囲気の良さではなく、きりっと背筋の伸びた孤独。桜の花との対比が鮮やかだ。C/W曲は、M2「Wonder Land」がシンプルでスピード感あふれるロックチューン。初期のピアノロックのイメージかな。一転してM3「夜月」はアコースティックなピアノをフィーチュアした和風メロディーのミディアム曲。3曲通して聴くと、「和風」と「ロック」というのがキーワードなのかなという気もしてくるんだけど、まだまだここが到達点というわけではないだろう。
★★(07/04/03)