CD Review --139--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「ハロー・ハロー」 superfly

男女2人ユニットのデビューシングル(3曲収録)。タイトルナンバーの歌い出し、パンチの効いたボーカルの気持ちよい伸びやかさ、そしてストレートな声質の良さに思わず引きつけられる。楽曲も、パンク以前のブリティッシュロックっぽい豪快なスケール感とJ-POPらしいメロディーのおいしさが絶妙にブレンドされていて、新人らしかならぬ完成度の高さにうならされた。C/W「孤独のハイエナ」はブルーステイストのミディアムナンバー。一転、粘りのある横揺れ系サウンドでこれも良い。全体に洋楽っぽさを感じさせながら、明確な日本語の歌詞とマニアっぽくなりすぎない明るさが持ち味だろうか。M3「HOT'N'Nasty」はハンブル・パイのカバー。ソウルフルでブラックテイストあふれる演奏&ボーカル(もちろんここは英語)がとにかくカッコいい。 ★★☆(07/04/30)

「愛すべき人」 榎本くるみ

4thシングル(2曲収録)。アルバムのリリースが近いという話は知っていたけど、店頭で試聴したら買わずにはいられなかった。この作品でも、彼女ならではの世界がしっかりできあがっている。奇をてらうことのないストレートな楽曲と歌唱。愛する人との別れを前向きに考えようとするのだけど、心は涙を流している。アタマとココロの背反する動き。それが、アコースティック楽器を中心にしながら、しだいに重層的でドラマチックなサウンドに発展するアレンジによって描き出される。ボーカルの表現力も素晴らしいの一言。C/W「ハローとハロー」は、まったくタイプの違う曲。軽快で楽しくポジティブ。その作品の幅の広さに触れて、ますますアルバムが楽しみになってくる。 ★★☆(07/04/30)

「アップデート」 NIRGILIS

ニルギリスは、もうかなりの枚数をリリースしてる中堅バンド。ライブも見たことはあったけど、個人的に作品を買ったのは初めてだった。3曲収録のシングル。直接のきっかけになったのは、タイトルナンバーが主題歌になっていた映画(「渋谷区円山町」)を見たこと。映画館からの帰りに、速攻で買いましたよ。それくらい映画にはマッチしてたと思った。ポップなメロディーとカラフルなサウンド。けっこう良いんだけど、ライブで聴いた時の躍動感やパワフルさ…とは、ちょっと感じが違ってる気がしたのも確か。3曲の中で、一番自分の中のイメージに近かったのは、M3「ICE KRAFT 4 LIFE」かな。映画とは関係ないアルバムを聴いてみるべきなのかもしれない。ボーカルの岩田アッチュさんの歌い方は、ふとMichelle143を思わせる歌い回しがあったりして、けっこう好みだし。 ★★(07/04/30)

「Spell」 愛名

デビュー曲「ささくれの木」から約1年半。待望の新作はインディーズに場を移しての2ndシングル(3曲収録)。タイトルナンバーは、リリース時期(2006年の末頃)にあわせて冬をテーマにしたミディアムナンバーとなっている。R&Bテイストのポップスで、覚えやすくフックのあるメロディーと彼女のナチュラルなボーカルの雰囲気が好き。特に、ボーカルは力で押し切るタイプではなく、気持ちを入れることを重視してる感じかな。だから、ディーバ系R&Bにありがちな押し付けがましさがなく、優しい気持ちにさせてくれる。C/Wナンバーも、彼女初のアッパー曲「miracle」、しっとり沁みる「あの日のように」…と充実。ブログを読むと、この春、高校を卒業して大学に進学したとのこと。地元・京都を拠点にした活動が続くけど、そのうち東京方面でもライブをやってほしいもの。楽しみにしてますよ。 ★★☆(07/04/30)

「「地図と手紙と恋のうた」より-春」 坂本真綾

オンラインの「iTunes Music Store」だけで販売されていた坂本真綾さんのベストアルバム(11曲収録)。タイトルに「春」とついてるように、この季節らしい曲を集めていて、今後四季がそろう計画なのだろうか。さて、坂本真綾さんは、声優とシンガーなどのアーチスト活動を並行して展開してて、もうかなり有名な方。オリジナルアルバムも何枚もリリースしている。これまでは、なんとなく声優=アニソンっぽい曲?…というイメージがあって、ちゃんとチェックしてなかったんだけど、たまたまこの作品が入門編に良いかなと思って聴いてみた次第。印象を一言でいえば、「いわゆるアニソンとは大違い。もっと早く聴いとけ!」という感じですかね。繊細な楽曲と透明感のある美しいボーカル。冒頭の「I.D.」「うちゅひこうしのうた」の2曲が特に素晴らしい。その後の曲のクオリティも高く、とても出来のよいシンガーソングライターもののポップアルバム…という味わい。まあ、ベストアルバムだからというのはあるとしても、今まで聴いてなかったのはひたすら反省…でした。 ★★★(07/04/30)