CD Review --140--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「chandan」 福田 舞

3曲収録のシングル。アコースティックギターとパーカッションだけのシンプルな作品だ。タイトルナンバーの「チャンダン」は、以前ライブでも歌っていた曲。彼女の作品の中では珍しい明るく爽やかな癒しの曲想が印象的。C/Wは、孤独と尖ったいらだちがむきだしになった「水面下」、諦念にも似た静寂を感じさせる「朝」…。この一見、統一感のない感情こそが、今の彼女なんだろう。これは音楽で綴った日記のようなものだと思う。そういう意味では、シングルではなく、3曲で一つの作品というべきだろう。ファンへの近況報告とでもいうべき、この作品を聴きながら、またライブで彼女の歌声を聴ける日を気長に待つことにしよう。※ホームページからの通信販売のみで発売中。 ★★☆(07/05/19)

「Day by Day」 Emyli

ソロシンガー「エミリー」の2ndシングル(2曲収録)。ぱっと聴いた感じ、前作に比べてずいぶん甘さを抑えた作風、本格的なR&Bを志向したサウンドになったのかな…と思った。たしかにアレンジはそんな感じなのだ。でも、何度かリピートしてるうちに、これはこれでけっこう良いんじゃないかという気になってきた。そして、聴けば聴くほど好きになってくる。それは、やはりベースになっているメロディーのおいしさ、日本語を中心にした歌詞の響き、そしてボーカルの存在感などが、けっこうJ-POP的だということだろう。平たくいえば、分かりやすく親しみやすい。C/Wの「Shake the Habit」は、よりその傾向がはっきりしている。アルバムの予定とかあるのだろうか。楽しみ。 ★★☆(07/05/19)

「追憶の庭」 RouseGarden

アーチスト名は、「ラウズガーデン」と発音。女性ボーカルをフィーチュアした4人組バンドのデビューミニアルバム(5曲収録)。実は、うちのブログにPRコメントを入れてくれてたのを覚えてて、CDショップの店頭で目に留まった次第。サウンドの雰囲気を一言でいうと、ギターをメインにしたお耽美系のエモーションロックかな。ジャケのデザインやアー写もそんな感じなんだけど、重さよりもキレのよさ、ポップな甘さを感じさせる音楽性で、けっこう私好みだったりする。なかなか良いんじゃないですか。ボーカルはミディアムテンポのナンバーでは、もう少しスケール感が欲しい気もするけど…。個人的には、M3「鎖」のスピード感のある展開がベスト。ライブでも一回聴いてみたいと思わせられた。 ★★(07/05/29)

「Sing a Song」 Nanako

男女2人ユニット「ナナコ」のデビューシングル(3曲収録)。2006年9月リリースで、その当時何かで試聴していいなと思いつつも、なかなか店頭に出回っておらず、それっきりになっていた作品だった。約半年後に、これまた偶然にタワーレコードで見つけて即買い。逆にいうと、半年経っても忘れられないインパクトがあったってことになる。改めて聴いても、その記憶を裏切らない佳作ではないだろうか。サウンドは軽い感じのギターポップ。ボーカルは、アイドルシンガー的な甘さもあって楽しい気分にさせてくれる。C/Wは、それぞれまったくタイプの異なる2曲。なぜかブルース調の「最後のキス」(でもキュート)、オモチャっぽい弾む感じがハッピーな「カニ☆ハニー」(コーラス部分がイイネ)。こういう掘り出し物があるからポップス聴きはやめられないんだよな〜。(^v^) ★★☆(07/05/19)

「銀色の灯台 」 The Fuzz Picks

このところ個人的に盛り上がっている北九州のバンド、「ザ・ファズ・ピックス」が2004年に発表した1stミニアルバム(7曲収録)。ちなみに、当時は4Pバンドだったんだけど、現在はドラムスが抜けて3Pバンドになっている。いわゆるギターロック。この1年後にリリースされた2ndアルバムと比較して聴くと、サウンドは全体に粗削り。でも、一発勝負!という感じの勢いがそれを補っている。そして、彼らの特徴である日本風の、ちょっとフォークを思わせるメロディーライン、そして少女のような独特の微熱感を漂わせたチダトモコさんのボーカル。この組み合わせが何ともいえない。楽曲、アレンジとともに、聴くほどに味わいを増していく魅力的な作品だ。※ザ・ファズ・ピックスは、地元を中心に、たまに東京でもライブ活動を行っている。新作の予定はあるのだろうか。 ★★☆(07/05/29)