CD Review --143--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Lovers」 metro trip

メジャー移籍後の1stフルアルバム(12曲収録)。通算だとフル、ミニあわせて4作目くらいかな。MCをフィーチュアしたレゲエナンバー(タイトル曲)からスタートするので、「おおっ、クラブ系サウンドにシフトしたの?」なんて感じだけど、2曲目からは、彼ら本来のポップでキュートなメロディー&ボーカル満載! 思わずニッコリ。たしかにサウンドは、全体的にちょっと大人っぽく、かつダンサブルな要素を増している。でも、そればかりが独り歩きしてるわけじゃなく、日野さんのボーカル、メトロ・トリップらしさとのバランスがうまくとれているから聴いてて楽しい。オープニングナンバーも何度かリピートしてるうちに慣れてきて、今ではけっこう好きだしね。いい曲いっぱい。新しい魅力を開拓した一枚。初の写真を使ったジャケットもイイネ。 ★★☆(07/07/29)

「シロツメ草 / 空庭」 瓜生明希葉

2曲収録のシングル。いずれも舞台版「東京タワー」の劇中歌として使われている楽曲だけど、ここではお芝居とは切り離して、純粋に曲としての感想を書いてみよう。アコースティックでシンプルなサウンド。「シロツメ草」は、穏やかな情景描写と優しいメロディーにほっとさせられるミディアムナンバー。「空庭(カラニワ)」は、♪夢が叶うたびにあなたが離れていく…というフレーズが心に突き刺さる切ないバラード。どちらもクオリティーは高いと思うのだけど、個人的には、彼女ならではの自由さ、伸びやかさ、大胆さ…がもっと欲しいと思ってしまう。星は期待を込めてちょっと辛めに(ゴメン)。 ★☆(07/07/29)

「songs in the birdcage」 コトリンゴ

ニューヨーク在住のソロシンガーソングライターによる1stフルアルバム(12曲収録)。坂本龍一氏に見出されてデビューした…という経歴からも想像される通り、いわゆる定型の分かりやすいポップスではない。ウィスパーボイスで、まるでハナウタのように自由なメロディーを歌うボーカル。バックのサウンドは、そのボーカルに寄り添うかと思えばさっと離れ、独自の美しいメロディーをフリーに紡いでいく。ボーカルとそれ以外の楽器が対等な立場でインタープレイを繰り広げている。そういう意味ではジャズ的な感覚もあるけど、サウンドの全体的なイメージはポップスとしてきちんと成立していたりする。テンションとリラクゼーションの不思議な共存。聴けば聴くほど奥が深くクセになりそう。すきっとした現代アートのような音楽だ。 ★★☆(07/07/28)

「海鳴りライダー」 扇 愛奈

「おうぎ・あいな」さん。このサイトでは初紹介だけど、すでに3作目のアルバム(9曲収録)。以前の作品も試聴したことはあったのだけど、なぜか手が出ず。でも、この作品は聴いたとたんに速攻で「買い」に決定していた。ブッ飛んだ感じのジャケット。内容もそのままの痛快なロックンロール集で、つべこべ言わずにとにかく楽しんで聴ける。湿度じっとりの日本の夏にぴったりハマる感じの独特のクセのあるメロディーと歌詞、そしてボーカル。彼女、地元は湘南らしいけど、お洒落な葉山あたりの湘南じゃなく、潮と魚の干物の香りが漂うようなローカル湘南…だろうな。いや、これ褒め言葉ですよ。そして、じっくり聴き返していくと単純なだけじゃなく、あちこちに小技も効かせてあることが分かってきたりもする。いいんじゃねぇの!(^v^) ★★☆(07/07/29)

「NAZE?」 池上ケイ

池上ケイ名義での2枚目のシングル(2曲収録)。タイトル曲は「ナゼ?」と読む。彼女らしいメロディーではあるんだけど、全体的にどこか地味な印象。悪くはないんだけど、なんとなくエネルギーが感じられない。それは、C/W曲「Yours」にも共通している。ギターの感じとか、楽曲的には、けっこう好きなタイプなんだけどね〜。やはり、彼女の場合シングルというメディアは不向きなんだろうか。最低6曲くらいのミニアルバムで聴きたかった気がしてしまう。それだけのボリュームと、一発キャッチーなリード曲があれば、この2曲もまったく違う響きを持っていたかもしれない。それと、ジャケットが意味不明。モノクロだし、わざと目立たないようにしてるとしか思えない。「ナゼ?」とこっちが訊きたくなる。まさか色をケチったわけじゃあ…。 ★☆(07/07/29)