CD Review --146--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Telepatia」 Our Love to Stay

約2年半ぶりの3rdアルバム(11曲収録)。リリース間隔がちょっと空いた、その間の想いをすべてぶちまけるような佳曲、良曲がぎっしり…という感じ。アコースティックジャズ風にアレンジしたポップナンバーを歌う、というコンセプトはデビュー時から変わらないけど、練りに練りこまれた楽曲とアレンジ、演奏、そして気持ちをこめた丁寧な歌唱…とまったくスキがなく、完成度はものすごく高い。すべての曲に共通してるのは、徹底したエンターテインメント性だろう。大人数のホーンズを配したゴージャズなビッグバンド曲での楽しさ、スウィンギーなナンバーの軽快さ、そしてウィズストリングスでしっとり聴かせるミディアム曲のセツナさ…。11曲のフルアルバムサイズが短く感じられてしまう。まさにこのグループの底力を示した現時点での最高傑作! ★★★(07/09/22)

「賞味期限」 紅月ノリコ

シンガーソングライター「あかつき・のりこ」さんの1stミニアルバム(7曲収録)。このアルバムがリリースされる少し前にライブで聴いてけっこう良かったので買ってみた。ピアノをフィーチュアしたアコースティックサウンド。ジャズ、ロック、ブルース…などが混在した音楽性だ。昭和テイストも若干あるけど、いわゆるベタ狙いではなくシャープな印象の方が強い。ややハスキーっぽいボーカルは力強く、ピアノにも存在感がある。初期ナチュラルハイなどに共通するテイスト。特にM5「雑踏」なんてそんな雰囲気だろうか。ただ、個人的にはもうちょっと甘さや楽しさ、余裕を感じさせる要素があれば…という気もした。デビュー作なので力が入っちゃったのかもしれないけど。 ★★(07/09/22)

「because of you」 Staphanie

2ndシングル(3曲収録)。基本的にはデビュー作の延長線上にある作品。曲調もだし、タイトル曲にスケール感豊かなミディアムバラード、C/Wにアッパーでポップなロックナンバー…という構成も同じ。ついでにジャケットのデザイン(写真)も、本当に「バージョン違い」といってもいいくらいにそっくりだ。つまり、意図的に「第二弾」として企画された盤といえるだろう。前作との違いは、必ずしもハイトーンボイスにこだわってないことだろうか。個人的にはこの方が自然で良いと思う。また、3曲目にはカバーで「Ben」(原曲はM・ジャクソン)を収録。英語詞の難しいバラードをしっかり歌っていて、これはかなりの聴き物ではないだろうか。彼女のシンガーとしてのポテンシャルの高さを改めて感じさせられる。 ★★(07/09/22)

「恋、花火」 奥村初音

大阪在住のシンガーソングライター「おくむら・はつね」さんのデビューシングル(2曲収録)。プロフィールを見るとまだ高校生みたいだけど、楽曲だけ聴くととてもそうは思わないのではないだろうか。タイトル曲は、天神祭りの花火を見ながら亡くなってしまった恋人のことを回想している…という内容で、じわりと心に沁みる和風メロディーがなんとも切ない。ボーカルも情感たっぷりで、瑞々しいフレッシュさも感じさせるんだけど、印象だけなら20代の女性シンガーと言われても納得してしまいそう。とにかくものすごく惹きつけるものがあるのは確か。C/W曲「やさしさのカタチ」はアップテンポのナンバーだけど、和風スケールが生きていて、青春の輝きと儚さが同居している。これも良い曲だ。 ★★☆(07/09/22)

「白い月」 坂本麗衣

2005年8月に自主制作でリリースした5曲収録のミニアルバム(旧譜)。ライブ会場での物販でしか買えないCD-Rである。時期的には、「Blue Bird」の1年以上前の作品。弾き語りやピアノトリオ形態から、現在のバンド中心のサウンドにちょうど移行する頃だろうか。「愛なんてきっと…」「Oh!ダーリン」「空と海のように」…などライブではおなじみの曲がバンドサウンドで聴ける。楽曲の世界は、完全に麗衣さん独自のもので、自主制作盤にもかかわらずクオリティーは高い。彼女のファンならぜひ聴いておきたい作品といえるだろう。 ★★(07/09/22)