CD Review --147--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「JEWEL SKY」 AZU

ソロシンガー「アズ」さんの2ndシングル(3曲収録)。SEAMOを筆頭に東海エリアをベースに活躍しているクラブ系アーチストの紅一点。サウンドはまさにそんな感じで、キラキラ感たっぷりの華やかなトラックと、ちょっとハスキーでキュートなボーカルのバランスがとてもいい! R&B色はもちろん感じさせるけど、本格志向って感じではなく、あくまでもJ-POP。だからどの曲もメロディーがキャッチーでとにかく楽しい。深みよりも、その場だけの刹那的な気持ちよさにかける…その心意気はナイトクラビングの儚さにも通じるものだろう。まさに「から騒ぎの美学」。いちばんポップなのは、やっぱりタイトルナンバー。80年代歌謡曲の21世紀的発展型だよね…なんていいたくなる。もうひたすらリピート中です。明るくてテンポのいいC/W「SO WONDERFUL」も好きだな〜。 ★★☆(07/10/24)

「ユー・ラブ・ミー」 バニラビーンズ

日本より先にスウェーデンでデビュー盤をリリースしたという女性2人組ユニットの1stシングル(2曲収録)。タイトルナンバーは「U(ハートマーク)Me」と表記します。楽曲は、いわゆるお洒落系のアコースティックポップス。北欧経由渋谷行き…みたいな感じ? すごく洗練されてて、よくできてると思う。タイトル曲は、初期のカプセルをアコースティック・サウンドで再現したみたいな雰囲気だし、一転してピュアな持ち味があふれるC/W曲の「a little crying」もなかなかの良曲。ちょっとまだアーチストとしての個性が見えにくいところがあるので、星の数はやや控え目につけてしまったけど、心中ひそかに期待したい気もしている。 ★★(07/10/24)

「あなたと私」 柳田久美子

3曲収録のシングル。ジャケの雰囲気など、前作「青春の輝き」からの一連の流れの中にある作品という感じ。基本的には同傾向のサウンドでまとめられている。その上で、薄いピンクを基調にしていた前作と比べると、淡いブルーがベースになっている本作は、より心の内面を深く掘り下げていくような曲を集めた印象だろうか。最初はちょっと地味かな…という気もしたんだけど、じっくり聴いていると何ともいえない味がじわっと出てくる。個人的には、彼女には早春の雰囲気がいちばん似合うと思っている。陽射しは明るくなってきたけど、大気自体は肌にぴりっと冷たい、固くて透明な季節の感触…。この盤を聴きながら、そんな早春の空気を思い出していた。今のこの路線は断然支持したい気がしている。 ★★☆(07/10/27)

「Hello」 THYME

女性ボーカル+サウンド担当の男性2人…からなる3人組ユニット「タイム」の1stシングル(2曲収録)。タイトルナンバーは、サップラっぽいストリングスを効かせたマイナーコードのポップソング。メロディーはフォークロック的な感じかな。イメージが近いのはYUIさんとか。C/W「Drive」には、ちょっとR&B的なテイストもあったりする。でも、アレンジに関していえばロックを基調にしたポップスだろう。全体にきちんとまとめられていて、クオリティーは高いと思った。ただ、ボーカルも含めて、これがこのバンドの個性なんだ、という明確なものがまだよく分からない。これはけっこう大事なところだろう。ライブ活動もしてるみたいなので、一度聴きに行ってみたら分かるのかも…。 ★★(07/10/27)

「オーガニック」 kaede

8曲収録の2ndミニアルバム。今年(2007)5月リリースの作品だけど、ちょうどそのタイミングで聴いたライブと1stミニアルバムが良かったので買ってみた。全体の構成・サウンドなどは、その前作「ランドマーク」に近いラインでまとめられている感じだろう。スピード感とポップなメロディーが気持ちいいリードトラックの「ハニーハニィ」、感情の込められた歌に惹きつけられるミディアム曲の「君」…などが印象に残る。ただ、比較してしまうと、インパクトという点では前作の方が強かった気がするのも確か。けっこう聴き込んでみたんだけど。また、ジャケット周りの妖精っぽい写真は、kaedeさん本人のキャラとは乖離してるような気がして、若干の違和感も。どうなんでしょう。シャレなのかもしんないけど…。(^v^;; ★★(07/10/27)