CD Review --148--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「BIRTHDAY EVE」 CHIX CHICKS

6人組ボーカルグループ「チックス・チックス」の1stオリジナル・ミニアルバム(5曲収録)。わざわざ「オリジナル」と書いたのは、これまではスタンダード・ジャズのカバーなどを中心に活動していたため(「BJGirls」名義でCDも出している)。タイトルの「バースディ・イヴ」は、「デビュー前夜」を意味してるのだそう。つまり、これからオリジナル楽曲で勝負していく彼女たちの意気込みと可能性を詰め込んだ作品ということになる。聴いてみると実際その通りで、楽曲のクオリティーもサウンドもメジャー作品そのもの。レベルは相当高い。5曲ともポップスというカテゴリでくくれるという以外は、それぞれタイプやテンポ、テイストの異なるナンバーになっており、彼女たちのポテンシャルの大きさを感じさせられる。個人的には、華やかさのあるアレンジが楽しい「Shinig Star」、シャープで大人っぽい雰囲気が魅力の「Bye」、唯一のバラード曲「愛のふるえ」…などが好きかな。一人一人のボーカルが聴き分けられるようになったりしたらもっと楽しいのかも。 ★★☆(07/11/13)

「SUNSTAR」 ファズピックス

前作「NEO ROMANTIC」から約2年半。北九州をベースに活動している3Pバンドによる待望の3rdミニアルバム(6曲収録)。この半年ほどの間で、東京でも数回の彼らのライブステージを見ることができた。その時には、「最近の曲は、ちょっとメロディーのキャッチーさが薄れたかな…」という印象を受けていたのだけど、新作はいい意味で予想を裏切ってくれたといえるのではないだろうか。ピュアなギターロックであり、同時にどこか日本的でリリカルな湿り気を感じさせるメロディー。チダさんのボーカルも快調。全然いいじゃないか! 「ハイウェイマスター」「よい子のおもちゃ」「マイメロディー」…などなど。でも、これらの曲は(東京での)ライブではやってなかったのだろうか。それともやってたのに、ライブではイメージが違って聴こえてたのだろうか。うーん…謎だ。ぜひレコ発ライブに参加してそのへんの疑問を解消しなくては!(もちろんCDを聴き込んでね) ★★☆(07/11/13)

「ピアノ」 川江美奈子

2曲収録のシングル。タイトル曲「ピアノ」は、まさに遺書のような曲だ。私はもうすぐいなくなるかもしれない。ほんの少し先に行くだけだけど、そうなったら私のためにピアノを弾いて…と歌う。曲の設定というだけのことではなく、実際に川江さん自身がそういう立場に立ったことによって生まれた曲なのだという。8月にあったライブでのMCで、彼女はそう語ってくれた。幸い、手術を受けて今はすっかり快復した…と明るく話していたけど、この曲はその手術を受ける前に書かれ、録音されたのだという。自分にはあとわずかな時間しか残されていないかもしれない…そんな状況に置かれた時に、自分にしかできない仕事をやり遂げられる人はすごいと思う。「ピアノ」のメロディーはあくまでも美しく、歌詞は穏やかだ。でも、その内側にはおそらく強く揺さぶられるような感情が秘められている。凜とした自制の美、そして彼女の人としての強さにひたすら打たれる。 ★★☆(07/11/13)

「[a] Parable On [the] Pancake」 Silent Sprout

男女2人組ユニット「サイレント・スプラウト」の2ndアルバム(11曲/インストとリミックス各1曲含む)。男性メンバーのヨンプラス(4+)氏については、サップラのライブでギターを弾いているのを何度か見てるけど、このユニットのことはCDを試聴して初めて知った。ギターポップ的なサウンドをベースにしつつ、メロディー重視の穏やかなミディアムナンバーが多いこと、ストリングス系の音を効果的に使っていること、そして女性ボーカル(norさん)が柔らかい声質で優しく歌っていること…などが個性となっている。雨がしとしと降ってるような日に、住宅街の古い喫茶店で読書。そんなシチュエーションにぴったりきそうな雰囲気かもしれない。派手さはないけど、聴き疲れしない、どこか懐かしいような気分にさせてくれる音楽。唯一英語詞で歌っているM9「Sweet Stuff」も好き。 ★★(07/11/13)

「天海春香」 THE iDOLM@STER 〜MASTER ARTIST 01

人気ゲーム「アイドルマスター」に登場するキャラクターの一人、天海春香(あまみ・はるか)名義のCD。声(歌)を担当しているのは声優の中村繪里子さんだ。このゲーム、アイドル候補生の女の子を育成するという内容なので、キャラの持ち歌もいわゆるアニソンっぽいものではなく、比較的普通のポップス(アイドルポップス)に近い曲が中心。ニコニコ動画などでもおなじみの「GO MY WAY!」や「太陽のジェラシー」などはまさにそれっぽい出来で、素直に楽しめる。ロック調の「I Want」もいいねぇ。また、カバーで広末涼子の「大スキ!」、斉藤由貴の「悲しみよこんにちは」も。どっちもいいけど、特に「悲しみよ…」の方は、スッキリしたアレンジに仕上がっており、原曲の良さを再認識させられる。このシリーズ、他にもオリジナルに良曲があるみたいなので、そのうちまた他のキャラの盤も買ってしまうかも…。(^v^;; ★★(07/11/13)