CD Review --150--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Everlasting Snow / 壊れかけのRadio」 池上ケイ

池上ケイとしての3rdシングル(2曲収録)。「Everlasting Snow」は、冬をテーマにした曲だけど、寒さよりも「温もり」を感じさせてくれるような心優しいポップソングだ。雪の降る夜、恋人たちがそっと肩を寄せ合って、お互いの手を息で温めあってるような…そんな情景が浮かんでくる。いい意味で女の子らしい、かわいい曲だと思う。メロディーとボーカルの相性がとてもよく、素直に聴ける。すっきりした透明感と冬らしいリッチさを両立させたアレンジもいいな〜。けっこうリピートしてますよ。両A面扱いの「壊れかけのRadio」は、徳永英明の有名曲のカバー。池上さんは、この曲にかなり思い入れがあるそうで、そのせいか大事に歌おうとするあまり、若干おとなしくなってしまった感がある。もっと伸び伸び…でも良かったんじゃないだろうか。 ★★☆(07/12/18)

「thank you, musicman」 myuuRy

2ndフルアルバム(10曲収録)。全体の印象を一言で書いてしまうと、ポップさが増したということ。前作は疾走感あふれる、いかにもロックらしい曲で統一されてた記憶があるんだけど、本作は「メロディーはポップス、アレンジはロック」という雰囲気の曲もあり、幅が広がった。その代表のような曲が、M3「君が君であるうちに」だと思う。けっこういいと思う。また、M4「はじまりのmorning」のように、さらりと聴かせるミディアム曲もある。これは前作にはなかったタイプのナンバーだ。楽曲はほとんど全部、ボーカルのポミーさんが書いている。曲ごとの緩急のメリハリもついてるし、それでいて統一感もばっちりある。M7「ブレイディー」の爽快さなど、アレンジにはすっきりした力強さがあり、完成度は高い。バンドの好調さが伝わってくる。 ★★☆(07/12/18)

「かけがえのない人へ」 星村麻衣

3曲収録のシングル。早いものでもう12作目となる。タイトルナンバーは、「Melodea」から「Merry Go Round」あたりまでのミディアム路線に回帰した雰囲気の曲。とびきりの派手さはないけど、彼女らしさの詰まった「定番曲」だと思う。味わいの深いメロディーを丁寧に歌っていて、個人的には好感が持てる。C/W「お願い!大逆転」は、このところ復活してたピアノロック系の楽しいアッパーチューン。これも彼女の引き出しの一つなので安定している。もう1曲は、企画物アルバム「セリーヌ・ディオン・トリビュート」への参加曲「IT'S ALL COMING BACK TO ME NOW」。スケール感のあるメロディーを英語で。ファンなら楽しく聴ける一枚だけど、何か新味が欲しかった気もする。 ★★(07/12/18)

「NAMUKINガール」 CHERRY LYDER

夏にインディーズからミニアルバムをリリースしていた、博多のワンマンユニット「チェリーライダー」のメジャーデビューシングル(2曲収録)。タイトルの「NAMUKIN」の意味は不明ながら、明るく勢いのあるフォークロックで楽しく聴ける。明瞭な歌詞がけっこう印象的。「♪コンビニのレジの隣にある ふっくらとした中華まん…」などと、すごく身近な現代日本の青春物語的世界がカワイイ。これぞまさに等身大だろう。この曲、最後はちょっと切ないんだけど…そこもまたよし。C/W「キャンバス」もイイネ。ちょっと和風なメロディーが歌詞の青さとともに心にしみる。曲としての完成度はこっちの方が上かも。素朴な言葉使いなんだけど、両曲とも情景描写にセンスを感じる。ソングライターとしても楽しみな存在ではなかろうか。またライブでも聴いてみたいな。 ★★☆(07/12/18)

「LOVE☆ 〜Reitic ROCK〜」 坂本麗衣

前作「LOVE☆ 〜Reitic POPS〜」と対になる6曲収録のミニアルバム。それぞれ「ポップス」「ロック」というサブタイトルがついているけど、サウンドそのものには大きな差はないような気がした(多少ロックっぽいアレンジは意識されてるけどね)。それよりも、曲の持つ雰囲気や歌詞に描き出される物語の違いの方が大きいのではないだろうか。前作は、明るく楽しい曲が中心。その気分はまさに「ポップス」らしいものだったと思う。それに対して、今回は失われた恋、通わない心…といったブルーな気分の曲が多い。メロディーや歌唱は彼女らしい甘さを感じさせるものだけど、歌詞を聴いているとじっと悲しみに耐えているような曲もある。そういう意味では、ジャケットの青は、それらの曲のブルーな世界を象徴しているのだろうと思う。 ★★(07/12/18)