CD Review --151--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Winter Gold」 Stephanie

3rdシングル(3曲収録)。デビュー曲からスケール感のあるバラードが2曲続いていた彼女。そろそろアップテンポのナンバーも聴きたいねぇ…というファンの期待に真正面から応えてくれたスピード感いっぱいのタイトル曲が一発で気に入った。典型的な冬ものポップス。ストリングスやベルをたっぷり使ったキラキラ感のあるサウンドは、まさに冬ならではの楽しみだ。そして、テーマは単純&ハッピーな“ボーイ・ミーツ・ガールもの”…とくれば、必然的に広瀬香美などを思い出すわけだけど、それでいいんです。これはもう一つのジャンルなんだから。そして、得意のハイトーンを中心にフルスロットルで飛ばすステファニーのボーカルも気持ちイイ!の一言。アタマをカラッポにして楽しむべし!(^v^) ★★☆(08/01/19)

「ラヴ」 柳田久美子

13曲収録。フルアルバムとしては2ndとなる作品。全体的に音の密度が高くなっている。これまでのアコースティックなサウンドをベースにしていた彼女のことを一度忘れて聴いたら、ロック系のバックグラウンドを持つアーチスト(orバンド)だと思うかもしれない。M2「LOVE」、M8「君のせいなんだ」、M12「太陽」…などは、この路線のいちばん上質な成果だと思う。シングル2作品「青春の輝き」「あなたと私」も方向性は同じ。どの曲もすごく真摯につくられてる。密度が高いのはサウンドだけじゃなく、そこに込められている「思い」においてもだ。彼女のプライベートな迷いや痛みや希望や自負や…あらゆる感情をストレートにぶちまけたような曲が並んでいる。それだけに、エンターテインメントとして楽しんでしまえる軽さには乏しい。完成度は高いけど、その重さが惜しい。 ★★(08/01/20)

「air feel, color swim」 school food punishument

女性ボーカルをフィーチュアした男女4人組バンド「スクール・フード・パニッシュメント」の2ndアルバム(8曲収録)。予備知識なく店頭で試聴した時、即決で「買い」と判断する理由となったM1「you may crawl」が、まずは圧倒的に素晴らしい。シンセサイザーのつくりだすエレクトロニカ、あるいは音響的なサウンドの広がりと、ロックならではのシンプルで力強いメッセージを融合したこのバンドの魅力がこの曲に凝縮しているのではないだろうか。マイナーを基本としたメロディー、そして焦燥感とともに突っ走るようなボーカルも良い。特にボーカルは、このへんのジャンルには珍しい“泣き”の入った声質で、個人的にはけっこう好きだな。アネモネとかメトロボあたりがお気に入りだったような人にはきっとポイント高いと思う。聴き込んで、もう一度ライブに行ってみたいな。 ★★☆(08/01/19)

「Like you」 世理奈

2004年にデビューしているシンガーソングライター「せりな」さんの5thシングル(5曲収録)。今まであまり接する機会がなかったんだけど、たまたまライブで聴いていい感じだったので買ってみた。タイトルナンバーは、ボサノバ風のゆったりしたリズムにのって歌われるメロディーに癒されるミディアム曲。セツナさとノスタルジーの入りまじった歌詞、そしてハスキー気味の優しい歌声…すべてのバランスがとても良い。何度も繰り返し聴きたくなる佳曲だろう。また、ミニアルバムといってもいいくらい曲数のあるC/W曲も、それぞれタイプは違うけど、いずれもミディアムテンポのナンバーで、情感ある大人の女性らしい歌の世界にひたれる。M3「愛として…」、M4「Touch your face」…どれも好きだな。他の作品も聴いてみたい。
★★☆(08/01/19)

「Embryo Love Songs」 LOVE

ソロのシンガーソングライター「ラブ」さんの1stアルバム(9曲収録)。これも予備知識なしで試聴して、そのままレジ直行…というパターン。基本、アコースティック感を生かしたフォークっぽい音楽を骨格にしてるとは思うんだけど、メロディーは随所にR&Bの影響を感じさせるし、重低音の効いたリズムはデジタルな感覚で、曲によってはヒップホップだったりもする。そこにクリアな声質で力強いボーカルが重なっていく。ブルース的なバックグラウンドを想像させる歌自体もかなり上手いと思う。とにかく、一言ではいい表せないとても個性的な音楽。しかも、いろんな要素を単にミックスしたという感じじゃなく、軸に一本通っているJ-POPらしい親しみやすさ(たぶんメロディーのおいしさ)が効いて、まったくオリジナルな魅力を生んでいる。M1「My Name Is Love」、M8「Sick and Tired」などが個人的にはベストだけど、他のどの曲も聴き応えたっぷり。相当な実力を感じさせられるアーチストである。 ★★☆(08/01/19)