CD Review --153--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Tokyo Girls Talk」 高田みち子

11曲収録の3rdアルバム。彼女はアルバム毎にけっこう作風を変えてくるアーチストで、本作のテーマは「80年代シティ派ニューミュージック」…という感じだろうか。ギターのカッティングとエレピによるアクセントが気持ちいいオープニングのタイトル曲に、まずはニヤリ!とさせられる。都会的で洗練されたメロディーを歌っているのは竹内まりや?…なんて一瞬思ってしまいそう。ボーカルの声質もけっこう似てるし、サビのコーラスや「♪パレードの中 駆け抜けて…」なんてフレーズからは当然、山下達郎をイメージしてしまうしね。2曲目以降はミディアムテンポでじっくり聴かせるナンバーが中心となり、いずれも大人っぽく味わい深いメロディーやアレンジが印象に残る。歌詞の世界も80年代っぽく、松木恒秀氏をはじめとする腕っこきのミュージシャンがサポートする演奏のクオリティーの高さにも唸らされる。とにかくいろいろな面で充実した作品だ。 ★★☆(08/03/21)

「Soundmatic Brain」 arcorhyme

元ピチカート・ファイブの高浪敬太郎氏とソロのアーチストとして活動していた西村郁代さんによる2人組ユニット「アルコライム」のデビューアルバム(11トラック・実質8曲収録)。同日に2作品がリリースされていて、もう一枚は「la doure vie」。こっちを選んだ理由は、単にジャケットのデザインが好きだったから…かな。パッと聴いての印象は、80年代の初期ピチカートから発展したかもしれない、もう一つ別の可能性…という感じだろうか。リズムトラックは打ち込み中心、でも全体としては生音っぽい柔らかさが前面に出たカラフルなサウンド。ボーカルの西村さんは、ささやき系っぽいところはピチカート初代ボーカリストの佐々木麻美子さんとも共通するところがあるけど、よりキュートでオチャメなキャラクターを感じさせる。楽曲もバラエティーに富んでいてメリーゴーラウンド的な楽しさがある。気楽にセッションしているような、いい意味でのラフさが特徴だろうか。傑作アルバム「カップルズ」に代表されるようなストイックさを持ち味としていた初期ピチカートとの一番の違いはそこなのかも。 ★★☆(08/03/21)

「砂」 奥村初音

2ndシングル(2曲収録)。デビュー作「恋、花火」があまりにも鮮烈だったので、気持ちの中でどうしても比較してしまっている自分がいる。その分を割り引いたとしても、結論からいうと、今ひとつ響かない曲という気がしてしまった。メロディーや歌唱に問題はなく、やはりポイントは「歌詞」なんじゃないだろうか。何度聴いても、どういうことを歌っているのかが心の中に浮かんでこない。自分と相手の関係性の脆さや儚さを「砂」になぞらえてるのは分かるんだけど…もどかしさだけが残る。一方、C/Wの「君を想うと…」は、高校生らしい恋愛未満の思いを素直でストレートな言葉に託して歌っている。清々しいサウンドやフレッシュなボーカルも曲の世界にぴったりだ。こっちは文句なしに好きだといえる。期待が大きい分、星はちょっと厳しめで。 ★☆(08/03/21)

「Thank You xxx」 Mizrock

ミズロック名義での2ndシングル(2曲収録)。以前は「Miz」として活動してたソロアーチストだ。実は、Miz時代はジャケットの写真やアートワークがけっこう好みで、何度もジャケ買いしそうになった経験がある。特にアルバム「Dreams」なんてかなりグラッと来た。でも、全曲英語だったこともあって最終的には手が出なかった。改名後は、なぜか髪を白くカラーリングしてたりして、ビジュアル的には正直微妙。でも、それで初めてCDを買ってしまったりするんだから分からんもんです。タイトル曲はカバーだろうか。聴いた感じは典型的なユーロポップで、明るく前向きなメロディーが印象的。Aqua(アクア)とかを思い出した。単純だけど、とにかくとことんキャッチー。まったくタイプの異なるC/W曲「I feel」も良い。 ★★(08/03/21)

「風と花と光と」 世理奈

2005年12月リリースの4thシングル。焼酎「かのか」のCMに使われていた曲で、「♪風のように 花のように 光のように かのか香る〜」というサビのフレーズを聴けば、多くの人が「あの曲ね…」と思い出すのではないだろうか。ゆったりとした、大人のくつろぎの時間…というイメージが広がる、とても爽やかな曲だ。しかし、あまりにもCMと一体化していたので、彼女のライブで聴くまで独立した楽曲として発表されているとは思わなかった。今回全体を通して聴き、改めて良曲だと再認識させられたのだった。さらに、C/Wの「歓びを歌にのせて」も聴き物だろう。これはカバー曲で、オリジナルは同名のスウェーデン映画の楽曲。まるでイタリアオペラのアリアをアレンジしたようなスケール感たっぷりのナンバーだ。堂々とした世理奈さんの歌唱が素晴らしい。 ★★☆(08/03/21)