CD Review --156--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「キリンの首より長くなる」 CHERRY LYDER

ワンマンユニット「チェリーライダー」の2ndシングル(3曲収録)。タイトルナンバーは、オールディーズライクでアップテンポなロックチューン。「恋はあせらず」のあのリズムパターンね。遠距離恋愛してる女の子が久しぶりのデートの日を待ちわびる(だから首が長くなる)…という内容。これはこれで良いのだけど、でも彼女本来の世界は、もう圧倒的にカップリング曲の方だったりする。M2「バイバイさよなら、ぐるぐるこんにちは」、そしてM3「コイカゼ」。ともにスピード感あふれるマイナー調の歌謡ロック。前作(「NAMUKINガール」)のノリをさらにハードにした感じだけど、でも決して情念系じゃない。キャッチーなメロディーと個性的な歌詞がとにかく耳に残るし、「バイバイ…」はGS風、「コイカゼ」は初期の森高千里風…とアレンジもカッコよく決まってて、勢いと同時に女の子のかわいらしさも感じさせるボーカルとの相性もばっちり。これはかなり好きだな〜。 ★★☆(08/06/28)

「infinity」 多和田えみ

沖縄出身のソロシンガーの1stミニアルバム(5曲収録)。自分で作詞・作曲している曲も2曲ある。イベントの案内などを見てると「ソウル・ディーバ」と紹介してるケースもあるみたいだけど、ボーカルもサウンドもR&B系というよりは、むしろナチュラル志向、アウトドア志向を強く感じさせるものである。彼女の最大の魅力は、そのややハスキーな声質とちょっと甘さを感じさせる唱法だろう。明るく伸びやかという言葉がぴったりで、どんな曲を歌っても決して暗くならない大らかさがある。サウンドは細部まできっちり詰められたポップス。個人的には、彼女の自作曲2曲(「Music Box」と「Can't Reach」)に共通した、モダーン今夜などを連想させる管楽器を効果的に使ったアレンジが印象に残った。どちらもとても良い曲で、彼女のソングライターとしての才能にも注目したくなる。レゲエのリズムによるタイプの異なる2曲(「Naturally」と「ゆらゆら」)のコントラストも楽しい。 ★★☆(08/06/28)

「like you, like me」 song soup

女性ボーカルをフィーチュアした男女2人組ユニット「ソングスープ」の2ndミニアルバム(5曲収録)。全体的には、R&B的なテイストを持ったシティポップのイメージ。アレンジや演奏はシャープで洗練されており、アルバム前半ではフュージョン的でクールな要素が強く、後半になるといわゆるJ-POP的な温かみのあるサウンドになっていく。個人的には前半の「カッコいい系」の音の方が好みかな。特に、M2「ハングリー」の後奏が2分以上続くあたりの展開はライブっぽい雰囲気もあり、けっこうスリリングだったりするしね。ただ、ボーカルについては上手いと思うと同時に、何かもう一つ個性が欲しいような気もする。
★☆(08/06/28)

「Happy Birthday」 Candy

2年8カ月ぶりの通算4thシングル(2曲収録)。…といっても全国流通とかではなく、当初は4月のCandyのバースディライブ会場で当日限定の発売だった盤である(その後、彼女のサイトからも通販で買えるようになった)。いってみればファンサービス的な作品としてとらえるべきだろう。2曲ともCandy自身が作詞・作曲したナンバーとなっている。タイトル曲は、リリース日の誕生日にちなんだ曲でポップで楽しいリズムが印象的なアップテンポ曲。一方のC/W「Pleasure in the sky」は、ストリングスをフィーチュアしたリリカルなミディアムナンバーだ。両曲ともしっかりしたアレンジに支えられて歌う彼女の伸び伸びとしたボーカルを楽しむことができる。ソングライターとしてはまだ発展途上中の彼女だけど、現時点でこれはこれで良いのではないだろうか。 ★★(08/06/28)

「Home Town」 寺前未来

関西をベースに活動しているシンガーソングライター「てらまえ・みき」さんの1stミニアルバム(7曲収録)。ジャケットには三日月のペーパームーンに腰かけてギターを弾く寺前さんの写真。そう、サウンドもまさにそんな感じかな。聴く者をリラックスさせてくれる気持ちいいアコースティックサウンド。決して派手じゃないんだけど、メロディーもすっと胸に入ってくる感じの自然なもので、知らず知らずのうちに引き込まれてしまう。力の抜けた優しいボーカルは、ちょっとオオタユキさんなどを思わせるところもある。ほのかな色気を感じさせる声質は彼女ならではの持ち味だろう。どの曲も良いけど、M2「泣けてくる」、M5「ピーターフロント」などは特に好きかな。ドリーミーなM6「恋模様」も印象に残る。2008年1月にリリースされた作品だけど、なぜか新宿タワーレコードで試聴に入ってたのは4月。即決で買いましたよ。
★★☆(08/06/28)