CD Review --165--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「創世記」 ミラーボールズ

名古屋を拠点に活動する男女2人組ユニットの2ndフルアルバム(12曲収録)。まったく予備知識はなかったのだけど、CDショップの店頭で何気なく試聴し、1分後にはレジに向かっていた…というくらいの強力なインパクトのあった盤。そのサウンドを一言でいえば、ブルージーなアコースティックロックということになるだろう。オープニングはバンド編成での曲が続くのでそのイメージが強いんだけど、メンバーのアコースティックギターとボーカルだけの曲もある。そして、独特の個性を放つボーカル。声自体はけっこうかわいい声質にもかかわらず、サイケデリックで幻惑的な楽曲の世界をがっちり支配し、聴き手を一瞬でトリコにしてしまう妖しい魅力に満ちている! アッパーなナンバーでの強烈なグルーヴ感がこのユニットの本領だと思うんだけど、ふいに現れるキャッチーなナンバー(「M9「フレア」)やミディアムの深い味わいにもやられる。曲の長さが平均3分台前半というところもクールでカッコいい。 ★★★(09/01/08)

「共鳴」 シギ

21歳のシンガーソングライターの1stミニアルバム(6曲収録)。とにかく有無を言わせない衝撃的で力強い作品である。彼女のバンドでのライブがかなり良かったので、アルバムもぜひ…と思って買ったのだけど、その期待は裏切られなかった。聴き手の魂を揺さぶるようなダイナミックな歌声、まずはこの彼女のボーカルに強くひきつけられる。そして激情的でいながら美しいメロディーが印象的な楽曲、ドラマチックで強力なサウンド、アレンジも魅力的。特に本作の中核と言うべきM2「思いのまま」からM5「僕の太陽」までの4曲には圧倒された。反面、惜しいな…と思ったのは、彼女のデビューシングル曲でもあるM1「証明」のアレンジがやや凝りすぎていることだろうか。できたらアルバムバージョンのアレンジにして欲しかった。そのへんもあって三ツ星はつけてないけど、気持ち的にはほとんど満点に近いかな。スケールの大きさを感じさせるアーチストだと思う。 ★★☆(09/01/08)

「ひとヒナタ」 熊木杏里

約1年ぶりの5thアルバム。初回盤のみボーナストラックが追加された12曲収録。…というわけで、私が買ったのは初回盤の方です。シングルやそのC/Wだった曲が5曲含まれるほか、さまざまな映画やCMなどで使われた曲が多いのは前作同様。そして、それにもかかわらずアルバムとして通して聴いた時の統一感がまったく損なわれていないのも変わらない点だと思う。個人的には、ラスト3曲、「やっぱり」「my present」、そして改めて新鮮な吉田拓郎のカバー曲「夏休み」(ボーナストラック)へ…という流れが特に好きかな。前作までサウンドプロデューサーとして彼女を支えた吉俣良氏が抜けて初めてのアルバムだけど、彼女が自分の足だけでしっかり歩んでいけるアーチストになったことを証明する作品になったのではないだろうか。 ★★☆(09/01/07)

「"Yes"」 the sad sad planet

約2年ぶりの3rdアルバム(8曲収録)。正式リリース日は1/21だけど、ワンマンライブの物販で約2カ月も早く先行ゲットして聴き込んでいた作品。時間をかけてライブで練り上げた楽曲がぎゅっと凝縮されている。作曲担当の工藤氏が、「全曲、どこからでもシングルカットできるくらいの出来になった…」と自画自賛してたけど、それくらい言っても全然オッケーだと思う。サウンド的にも、メロディーの美しさを引き立てるリリカルなストリングス系の音をたっぷり使ったアレンジなど、「どこから切ってもサップラ」という曲が並んでおり安心して聴ける。純粋な少女性を失わないそよぎさんのボーカルも好調。知らず知らずのうちに曲の世界に引き込まれてしまう理由の一つだろう。M4「金色の矢」で聴ける「♪絶望って 本当にきれいなのね…」という歌詞には聴くたびにドキッとさせられた。甘さだけではないサップラの魅力はこのあたりにもある。 ★★☆(09/01/07)

「Buster」 brainchild's feat. 奥田みわ

「ブレインチャイルズ」は元イエローモンキーの菊地英昭氏が主催するソロプロジェクト。そこにフィーチュアリング・シンガーとして奥田みわさん(旧芸名は奥田美和子さん)が参加している…ということで聴いてみた。3曲収録の1stシングル。サウンド、メロディーなどは、菊地氏が手がけているだけあってソリッドで非常に聴き応えのあるものである。奥田さんは全曲でボーカル、及びC/W曲2曲の作詞をしている。彼女がこれだけ本格的なロックサウンドに取り組むのは初めてではないだろうか。だから、すぐにはばっちりハマってるとも思えなかったのだけど、何度か聴いてると「これはこれで十分ありだな…」という気になってきた。特に、M3「愛の種」は、ヘヴィーなミディアム〜バラードで以前からの彼女のファンも素直に入り込める世界だろう。彼女のボーカルの持ち味も生きたとても良い曲だ。これを契機に新生・奥田みわとしての本格的な活動再開を期待したいと思う。 ★★☆(09/01/07)