CD Review --172--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「LOUD CUT」 Swinging Popsicle

約2年ぶりのフルアルバム(14曲収録)。最近は、その活動ぶりをそう細かくチェックしてるわけでもないので、本作のリリースもCDショップの店頭で現物を見て初めて知った。「ああ、ポプシクルの新作出てるんだ…」というぐらいの感じで何気なく試聴してみると…良いんだなぁ、これが。繊細でコクのある美しいメロディーと、ディテールにまで神経の行き届いた上質なアレンジ。全編でギターの音がとにかく気持ちいい。そしてどこかに青春の憂いを秘めた藤島さんのボーカル…。まさにポップスのおいしさのツボを知り尽くしたといってもいい楽曲が詰め込まれたアルバムを前にして、これを手に入れないという選択肢は私にはなかった。解説によると、本作はPCゲームのサウンドトラックとして作られた曲を含む…とのことだけど、普通に聴いただけではどの曲がそれなのか分からないくらい、圧倒的なポプシクルカラーの世界が展開されている。また、終盤にはリマスター曲なども収録されており(これがまた名曲ばかり)、全曲が新作というわけじゃないけど、聴き応えも充実感もともに素晴らしい。 ★★★(09/10/20)

「Spectacle」 のあのわ

11曲収録の1stフルアルバム。メジャーデビューしてまだ1年もたたないバンドの、まさに上り調子の勢いが感じられる、非常に意欲的で新鮮な作品という印象を受けた。とにかく、収録曲のレベルが高く粒ぞろい。華やかな高揚感に包まれるタイトルナンバーをはじめ、ロックを基本にしつつも物語性を大いに感じさせるロマンチックな楽曲が並んでおり、最初から最後までまったく聴き飽きることがない。緩急の変化も効いてるし、「のあのわらしい」個性では一本筋を通しながらも、引き出しの豊かさを感じさせるアレンジ、サウンドの多彩さもある。雰囲気としては、ふとエルトン・ジョンなどを思い出したりもした。そういえば8曲目に「Your Song」というタイトルの曲が収録されているが、何か(いわゆるオマージュ的な)関わりがあったりするのだろうか。そんな楽曲とともにこのバンドのもう一つの大きな魅力は、何といってもボーカルだろう。キュートでいながら力強く、その思い切りのよさからは確かな意思の力が伝わってくるようだ。素直に上手いと思う。★★★(09/10/20)

「ballooner」 waffles

フルアルバムとしては「cinematic」以来6年ぶり、ミニアルバム「君の魔法」からでも3年ぶり…という2ndフルアルバム(13曲収録)。インターバルが長かったこともあり、すでにライブではおなじみとなっている曲が半分以上を占めている。そういう意味では、この3年間ほどのワッフルズの集大成…という感じの作品でもあり、ファンにとっては「行きつけの店の心地よさ」のようなしっくり感を味わえる一枚といえるのではないだろうか。サウンドは自然体。よそいきではなく、普段着のやすらぎにも似たワッフルズらしい音になっている。スピード感のあるポップチューン、キリキリとしたセツナさを感じさせる曲、楽しいほのぼの系ナンバー、そしてしみじみと過去や未来に思いが広がっていくような曲…。どれもとても良い。歌詞はこれまでになく分かりやすい表現になっており、大野さんの「私小説」といってもいい、さまざまな思いがこめられた物語が心の中に浮かび上がってくる。私自身、瀬戸内に面した田舎から出てきて今は東京に住んでいる。ものすごくよく分かる感覚なのである。 ★★★(09/10/20)

「every-body」 谷村奈南

3曲収録のシングル。彼女のCDを買ったのは初めて。テレビで自動車のコマーシャルに使われているのを見て、なんとなく「いいな…」と思った。こういう時のカンには忠実でありたいものだ。じっくり聴いてみても、なかなか良い。基本的にはR&B系のダンスナンバーを得意とするシンガー。この曲もそのカテゴリなんだけど、なぜか歌謡曲っぽい匂いが強くする曲でもある。まあ、そのへんがツボだったということだろう。C/W曲の方は、よりR&B色が強かったり洋楽っぽかったりする。それらも含めて彼女の声質はけっこう好きだと思った。一言でいうと「かわいい声」なのだ。だからエッジの立った曲を歌ってもキツさがなくてまろやかでいい。アイドル的な人気があるのも当然…という感じかな。 ★★☆(09/10/20)

「ゆめの在りか」 のあのわ

2月にリリースされたメジャーデビュー盤。6曲収録のミニアルバム。シングル、フルアルバム…と聴いて、過去作品もさかのぼって聴きたくなって買ってしまった。まずは、冒頭のタイトル曲がやはりとても印象に残る。この曲はフルアルバムのラストにも収録されており、彼ら自身にとっても思い入れのある曲なのだということが分かる。確かに「のあのわ」というバンドのコンセプトを集約したようなナンバー、彼らのテーマ曲といってもいい曲であることは間違いない。以下の曲も、楽曲・演奏・ボーカル…とすべての面でクオリティーは高く、デビュー時から十分な実力を持っていたバンドであることを証明している。半年後にリリースされたフルアルバムと比べると、ややロック色が強い感じだろうか。人によっては、この方が引き締まっていて好きという人もいるかもしれない。ライブでの定番曲も含まれているのでファンなら必聴だろう。 ★★☆(09/10/20)