CD Review --174--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「LIFE375」 川江美奈子

フルアルバムとしては約3年半ぶりとなる3作目(11曲収録)。シンガーソングライターとしての彼女の実力、充実ぶりを示す作品がぎっしり詰まっている。もう最初から最後まで良い曲ばっかり。「ほんのちょっと…」と思って軽く聴き始め、いつの間にか引き込まれて最後まで聴き通してしまっていた、なんてことが何度あったことだろう。一曲ごとに物語があるのだ。聴くたびに短編小説を読んでいるような気分にさせられる。あるいはショートフィルムを見ているような…。喜怒哀楽のすべてがそこにあるといってもいい。プロデュースは武部聡史氏。サウンド、アレンジにもまったく隙はない。正攻法でつくられた大人のためのポップスのお手本のようなアルバムだ。惜しむらくは、ジャケ周りのデザインだろうか。考えすぎというか、もっとシンプルでも良かったんじゃないだろうか。内容が素晴らしいだけに瑕瑾(かきん)としたい。
★★★(09/12/17)

「my life」 alan

2ndフルアルバム(14トラック、実質13曲収録)。オープニングからしばらくは、シングル曲の「Swear」に代表されるような軽い雰囲気のポップナンバーが続く。中盤にはダンスビートを導入した曲が集められている。そして、終盤は彼女の代名詞ともいえるスケール感豊かなスローバラードをじっくり聴かせる…。これは非常によく考えられた構成ではないだろうか。シンガーとしての彼女の魅力を多面的に引き出しながら、シャッフルしてしまうとまとまりを欠きそうな曲たちを3つのグループに集約したことで、それぞれの試みが持つ意味をより明確にすることに成功しているのだ。個人的には、中盤のダンス系サウンドと彼女の歌声との意外な相性の良さが新鮮だった。曲数的にもボリュームがあるので、一つ一つのパートにミニアルバム1枚分くらいの聴き応えがある。アートワークも非常に美しい。 ★★☆(09/12/17)

「Sweet Sweet」 のあのわ

2ndシングル(3曲収録)。11月中旬リリースの盤らしく、3曲すべてがどこかクリスマスっぽい雰囲気を漂わせた冬物サウンド。しかし、決して借りてきたような音ではない。いずれもどこからどう切ってものあのわ…という彼ららしい曲なのだ。タイトルナンバーは、ベルの音をフィーチュアした弾むようなポップナンバー。C/W「繋ぎ、踊る」は、まるで賛美歌のような清浄なメロディーを持つスローチューンで、しんしんと雪の降り積もる夜のイメージだろうか。同じくC/W「Heavenly」は、「ループ、ループ」タイプの曲かな。アレンジも凝っていて楽しい。そして、この3曲がすべて異なるメンバーによって作曲されている点にも注目すべきだろう。これはバンドとしての総合力の高さを示すもので、ますます今後の展開が楽しみになってくる。 ★★☆(09/12/17)

「BEST FRIEND」 仲代奈緒

8曲収録の1stアルバム。彼女のデビューシングル「きっと忘れない」を買ったのが1991年だから、個人的には約18年のご無沙汰だったことになる。当時18歳だった少女も今ではしっかり30代の大人の女性だ。実は、このアルバムのリリースを知ったのは本当に偶然だった。たまたまITS(iTunes Store)をぼんやり見ていて、そこに懐かしい名前を見つけた。試聴してみると、女性シンガーソングライターのアルバムみたいな雰囲気(実際、彼女自身が作曲している曲も2曲ある)。けっこう好きかも…ということで即ダウンロードした。改めてじっくり聴いてみると、ほとんどの曲がリリカルな和風メロディーのミディアムナンバー。正統派のアレンジもすっきりしていて聴きやすい。そして何より奈緒さんのボーカル。なんだか落ち着けて優しい気持ちになれるような歌声だ。18年前の可憐そのものの声もいいけど、シンガーとしての味わいが深いのは断然今の方だろう。 ★★(09/12/26)

「拝啓。」 organs cafe

約3年ぶりのリリースとなる6thアルバム(8曲収録)。おそらくタイトルには、「お待たせしました」…という気持ちが込められているのだろう。実際、収録曲はライブなどで徐々に発表され、すでに耳になじんでいるナンバーが中心。ファンにとっては、まさに「待ってました!」と言いたくなる作品集だ。サウンド的にはアコースティックが基本。ラテンリズムや4ビートの処理がとても洗練されている。現代的、都会的というより、南フランスの田園地帯などをイメージさせるような明るい日差しや爽やかな夜の空気…などが似合いそうだ。映画的ロマンチシズム、さらには開放的なリゾート感、コロニアル感などもあり、聴きながらさまざまなイマジネーションが広がっていく。どの曲も良いけど、やはりベストはM7「ブローチ」かな。ピアノがメインのシンプルな伴奏と、言葉の一つ一つに気持ちを込めて丁寧に歌う加藤沙香菜さんのボーカルがひときわ印象に残る。 ★★☆(09/12/26)