CD Review --176--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「十三夜の月」 峰香代子

1stフルアルバム(13曲収録)。2009年にマンスリーで配信リリースした12曲+ミネカヨさんにとって一番思い入れある曲だという「CHILD」のニューバージョン。彼女の1年間の集大成的な作品でもあり、また毎月新曲が出るたびにダウンロードしていたファンにとっては、ちょっとしたベストアルバムの感覚で聴ける盤でもある。私ももちろん毎月買ってた派なのだけど、ここではまったく新しい作品を聴く気分でレビューしなおしてみよう。まず気づくのは、全体にとても丁寧なアレンジになっているということ。インディーズ時代に比べると間違いなく厚みのあるリッチなサウンドであり、同時に、彼女の清涼感のあるボーカルや楽曲を生かそうとするアコースティックな音でもある。オープニングからラストまでのトータリティーも素晴らしい。よく見ると何曲かが「アルバムバージョン」という仕様になっている。これは全体のテイストをそろえるためにアレンジを変えた曲のようだ。新バージョンで収録されている曲は前半に多い。つまり、後半になるに従ってサウンドが固まってきたということだろう。単に1年かけて作った曲を集めた…というのではなく、新しいアルバムとしてきちんと再構築しているのである。現在の彼女のすべてが分かる作品といっても過言ではないと思う。 ★★★(10/03/07)

「Merpeoples」 Merpeoples

女性4人組バンド「マーピープルズ」の1stミニアルバム(6曲収録)。2月のライブでたまたま見てとても印象に残ったので、リリースとほぼ同時に買ってみた。パッケージとしての完成度には多少粗削りなところもあるけど、ステージでの勢いをそのままCDにしたようなストレートな作品で、現時点ではこれで全然オッケーではないだろうか。サウンドを一言でいえば、ダンサブルでポップな歌ものロック。打ち込みなどは使ってないにも関わらず、エキサイティングなリズムや電子オルガン的なキーボードの音色など、どこかテクノっぽいと言いたくなる雰囲気も持っている。それも多くの人が指摘してるように1980年代のニューウェーブ的なテイストで、昨今のピコピコ系やクラブサウンドとは一線を画してる感じ。例えが良いかどうかは別として、どこか「イカ天バンド」的な楽しさやワクワク感も強く感じさせられた。そして、常に中心にあるボーカルの魅力的な存在感。彼女(シャルロットさん)はほとんどの曲のソングライティングも手がけており、そのポテンシャルは相当なものだといえる。とにかく、今はこのアルバムを聴き込んでもう一度彼女たちのライブを体感してみたいと思う。 ★★☆(10/03/07)

「また逢いたい」 初音

アーチスト名が「初音」になって3作目のシングル(2曲収録)。前の2作は、奥村時代との違いを際立たせようとしたのか、ラップなどをフィーチュアした都会的な作風に大きく舵を切っていたわけだけど、正直いって彼女らしい良さが出ているとも思えず静観していた。しかし、本作は再度、デビュー当時に戻ったかのような情感あふれるミディアムナンバーで、聴き手の胸にすうっと沁み込んでいくような佳曲となっている。確かにバックトラックをよく聴くと、イマドキのJ-POPらしいベース音が強調されたサウンドになっていたりもするのだけど、サビにきてリリカルなメロディーと優しい歌声がすべてを覆いつくすと、そこにいるのはまぎれもなく「恋、花火」からまっすぐにつながっている奥村初音さん自身であると思えた。この路線が今後も継続されるのかどうかは分からないけど、支持するファンは多いのではないだろうか。もちろん私もその一人である。 ★★☆(10/03/07)

「CHILDHOLIC」 JOANNA

本作は2009年のミニアルバムに続く1stシングル(3曲収録)。彼女の持ち味は、何といってもそのソングライティング力、特にメロディーの良さだろう。明るさと切なさをあわせ持つような味わい深い曲。さすがに歌詞には日本人の作詞者を起用してるけど(タイトル曲は共同作詞)、その実力がかなり高いレベルにあるのは間違いないだろう。本作に収録されている3曲も、どれがリード曲になってもおかしくない楽曲ばかりだ。アレンジもギターを中心にした華やかさのあるバンドサウンドで曲の良さをうまく引き出している。力強いボーカルとキュートな声質のバランスも魅力的。何度も繰り返し聴きたくなる。ノリの良い2曲の後に温もりを感じさせるミディアムナンバー…という構成もキマっており、シングルながらミニアルバムに匹敵しそうな聴き応えのある盤になっている。 ★★☆(10/03/07)

「プティ・メレンゲ城」 松井優子

2009年12月リリースの2ndミニアルバム(5曲収録)。1stアルバムが良かったので新作も聴いてみたいな…と思ってたのだけど、ライブ会場と通販のみでの販売となっていたので、2月のライブでやっと入手することができた。内容は、基本的には前作の延長線上の作品といっていいと思う。アコースティック楽器とストリングスをたっぷり使ったロマンチックでドリーミーなポップ。まさに期待通りの彼女らしい世界。ただ甘美さを全面的に打ち出していた1stに比べると、本作の特に中盤以降の曲ではアレンジもシンプルになり、甘さの中に少しだけビターな隠し味を含ませた雰囲気となる。また、ジャケット周りも1stの明るい写真に対して、新作は黒を基調にしたシックなデザインに変わっており、「表と裏」、あるいは「昼と夜」のような双子の関係になる作品という解釈も出来そうだ。ぜひセットで聴きたい。 ★★☆(10/03/07)