CD Review --177--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「In the souk」 瓜生明希葉

通算5作目となる3rdフルアルバム(11曲収録)。もともと演劇の舞台に劇中曲などを提供することも多い彼女だけど、この作品ではミュージカル・ナンバー仕立ての楽曲を導入している。それがオープニングの「指先のハチミツで」。R・ロジャース作品などを思わせる伝統的なブロードウェイ調アレンジと、彼女ならではの個性的なメロディー、歌詞の世界が相性ばっちり。シンプルだけどハッピーでリッチでキュート。こういうのありそうで意外とないのだ。聴きながら思わずニヤリとさせられ、この段階でもう完全にやられている。2曲目以降も「ちょっとミュージカル風」のテイストは続く。ライブでは初期の頃から歌っている「tool mouth」なども流れの中にきれいに納まっている。後半になるとポップスやロック的なアレンジの曲が中心になる。どの曲もアイデアや遊び心いっぱい。楽しく気軽に聴ける雰囲気は共通している。彼女の音楽は現在のJ-POPシーンで活躍しているどのアーチストにも似ていない。時代性みたいなものとは無関係なところで独自の時間を刻んでいる…とでもいえばいいのだろうか。間違いなく彼女の最高作だと思う。
★★★(10/06/02)

「フィルムノワール」 浜崎容子

アーバンギャルドのボーカリスト、浜崎容子さんの1stソロミニアルバム(6曲収録)。帯に「テクノ・シャンソン」とあり、また、彼女がソロではシャンソン歌手として活動していることも知ってたので、いわゆる「シャンソンっぽい曲」を想像していた。でも、実際に聴いてみるとあまりそっちの色は強くない印象。「フレンチっぽさ」を意識して聴けばそうかなあ…というぐらいだろうか。すべてミディアム〜スローのセツナ系ナンバー。実際のアーバンにはここまでリリカルな曲はないと思うんだけど、アーバンの新曲と言われても不思議と納得してしまいそうな雰囲気でもある。あるいは岩澤瞳時代のスパンク・ハッピーとか。M3「印象派」あたりは特にね。浜崎さんのボーカルは、ウィスパーっぽく情感たっぷり。全体的にメロディーがきれいな曲が多いし、アーバンもスパンクスも好きな私としてはこの盤もけっこう好きだな。 ★★(10/06/02)

「いちばん星」 星村麻衣

2009年、デビュー以来所属していたレーベルを離れ、約半年間活動を休止していた星村さん。本作は復帰後の第一弾シングルである。3曲が収録されているけど、もっとも印象的なのは、やはりタイトル曲だろう。メジャーレーベルとの契約がなくなるというアーチストとしての大きな挫折と、そこから立ち直り、再び歩き始めるまでの彼女の心の動き…。それがそのまま歌詞になっているからだ。昨今、メジャーからインディーズに活動の場を移すことを余儀なくされるアーチストは少なくない。だから、私たちもなんとなく「よくあること」と思いがちだけど、アーチスト本人にとってみれば、やはりこれは大きな試練に違いない。トップリーグのスポーツ選手がある日受けた戦力外通告、あるいは一部上場企業で活躍していた会社員に対する突然のリストラ…ぐらいのショックだったはずだ。そして、そういった事態は私たちの誰の身にも起こりうることでもある。そう思って聴くとこの曲はとても切実であり、それでもきちんと顔をあげて進んでいきたいと歌う彼女の勇気ある言葉に励まされる。C/Wの2曲も含めて、音楽性は以前とそう大きく変わってはいない。彼女らしい素直で親しみやすいメロディーを聴くことができる。 ★★☆(10/05/03)

「はるな」 横田はるな

約2年ぶりのリリースとなる3rdミニアルバム(6曲収録)。前作までがとても気に入っていたので、今回は試聴するまでもなく迷わず購入。聴いてみるとやはりとても完成度の高い作品だった。自然にすっと耳に入ってきて印象に残るメロディーと大人の女性らしい密やかな情熱を感じさせる歌詞。ソングライターとしての実力を証明するようなポップ曲が並んでいる。ボーカルの独特の歌い回しは旋律と一体化して、聴けば聴くほどにその味わいを増していくようだ。アコースティック楽器の響きを生かした正攻法なアレンジもよい。ほぼすべての曲がミディアムナンバーなんだけど、一曲ごとにカラーが違っていて聴き飽きない。6曲とコンパクトなこともあって最初の1曲を聴き始めるともう最後まであっという間だ。それぞれの楽曲ではM2「ひこうきぐも」、M3「あいたくて」、そしてラストM6「たからもの」…といったところが特に好きかな。「東の川江美奈子、西の横田はるな」という感じではないだろうか。★★☆(10/05/03)

「そばに」 森 恵

2009年3月リリースのミニアルバム(5曲収録)。4月の吉祥寺でのライブが印象に残っていたので、CDでも聴いてみたいなと思って買ってみた。「アコースティック・ミニアルバム」とサブタイトルがついており、サウンド的にもライブでの弾き語りのイメージに近い作品。全体的な印象としては、彼女の持ち味である「声質の良さ」「歌のうまさ」は十分感じられた。特にミディアムナンバーでのボーカルは魅力的だと思った。その一方で、楽曲については、メロディーにも歌詞にも、もう一つ何かプラスアルファが欲しい…という気がしてしまった。わりとさらっと流れてしまう感じで、悪くはないんだけど、それ以上でも以下でもないとしかいえない。作品としてはやや辛めの星になってしまうのが惜しい。 ★☆(10/05/06)