CD Review --178--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「グラデーション」 のあのわ

3rdシングル(3曲収録)。タイトルナンバーは、のあのわらしいドラマチックなサウンドで夏の風景の輝かしさを表現した曲。導入部において特に印象的なフロアタムとベースのリズムが、何か新しいことが始まりそうな「夏」のイメージをかきたててくれるようだ。スピーディーなメロディーの展開、ギター中心の切れ味のいいサウンドも良い。クオリティーの高さはさすが。ただ、歌詞に何かもっと具体的なイメージがあったらより印象に残ったのに…という気はした。そこがクリアされれば満点だっただろう。C/Wはそれぞれ個性的な曲。強力なエネルギーとコーラスのコントラストが鮮やかな「もぐらは鳥になる」、軽快なABメロから重量感たっぷりのサビへの転換にインパクトがある「STAR HOUSE」。さらに初回盤には代表曲2曲(「ループ、ループ」「ゆめの在りか」)のアコースティック・スタジオ・ライブ・バージョンも収録されていて聴き応えはミニアルバム並み。 ★★☆(10/06/12)

「キャプテンは君だ!」 Tomato n' Pine

約1年のブランクを経て、3人組ユニットとしてリスタートしたトマパイ「シーズン2」の新曲。いずれはCDでリリースされるのかもしれないけど、ITSでの配信が始まったので、さっそくダウンロード購入してみた。曲調はずばり「フィリーソウル」。それもかなり本格的なサウンド。もうこの段階ですべてオッケー!という感じではないだろうか。ミドルグルーヴと華やかさたっぷりのストリングスがとにかく気持ちいい。もともとアイドルポップスというジャンルは、「なんでもあり」が魅力だったはず。それなのに昨今は妙に枠にとらわれた「アイドルっぽい曲調」ばかり…。トマパイにはぜひそのへんの膠着した状況に風穴をあける存在になってほしいと思うのだ。ボーカルにはまだ素人くささが残ってるけど、今は気にしなくていいんじゃないかな。 ★★☆(10/06/12)

「泣き顔スマイル」 hinaco

デビューシングル(2曲収録)。CDショップで試聴したら「けっこう良いかも…」ということで衝動買い。プロフィールを見ると、デビュー前はシンガーソングライターとして活動してたみたいだけど、本作の収録曲はいずれも、作詞が本人、作編曲はプロデューサーのイワツボコーダイ氏…という振り分けになっている。当面はシンガーとしての力量をかわれてのデビューということになったようだ。たしかに曲を聴いてみると、ハスキーな声質と感情豊かなボーカルで、楽曲のイメージにぴったり。ミディアム〜スローのタイトル曲も良いけど、実はC/W「満月キラリ」のアッパーでロックっぽいサウンドとの相性も抜群。幅の広さも感じさせる。自作曲の雰囲気やライブでのパフォーマンスなども知りたいな。 ★★(10/06/13)

「Def&Def」 バニラビーンズ

6トラック(5曲+リミックス1曲)収録のミニアルバム。リード曲の「D&D」は、彼女たちが出演した「薬用メンソレータム リフレアD&D」のCM曲をベースにリメイクしたもの。それ以外の4曲は、いずれも魔法少女ものアニメソングのカバー。2月にリリースされたコンピレーション「キラキラ魔女ッ娘Cluv」への参加曲を中心にしたセレクトだ。それぞれの背景を考えても、いわゆる「企画物」という位置づけになる作品だろう。サウンドは、「D&D」が女性デュオの先輩であるWinkを意識した80年代風ユーロビート、アニソンカバーの方はピコピコ系テクノアレンジ…となっていて、バニビ本来の路線である北欧ポップスとは若干テイストが異なる。ファンとしては「遊び心があって楽しい」作品だけど、同時に「今からバニビを聴いてみたい」という友達に薦めたくなる盤か…というと疑問符もつく。バニラビーンズの実力はこんなもんじゃないだろう、という激励の意味も込めて星は辛目で。 ★☆(10/06/10)

「BKK to NRT」 Neko Jump

タイの双子女性アイドルデュオ「ネコジャンプ」の日本編集アルバム(10曲+リミックス2曲)。タイフェスティバルで見たライブが印象的だったので買ってみた。内容は、2006年と2007年にリリースされた初期のミニアルバム2作を1枚にまとめたもの。つまり「初期ベスト」という位置づけの作品だけど、曲自体は今もライブで歌われており、新しくファンになった人にとっても十分に価値のある盤だろう。
というわけで、改めてじっくり聴いてみたら…完全にやられた。心のどこかで「東南アジアのアイドルでしょ…」とたかをくくっていた自分が恥ずかしくなるようなクオリティーの高さ。ステージを見て感じた「いいな」というレベルから、もう「大好き」レベルに評価も急上昇せざるをえない。メロディーもアレンジもボーカルも、どこから聴いてもアイドルらしいキュートさとフレッシュさ、楽しさがいっぱいで、何度でも繰り返して聴きたくなる。サウンドは80年代アイドルポップスがベースだろうか。でも、アップテンポな曲での大らかで、どこかゆったりした楽しいノリ、あるいは全体の約半分を占めるミディアムナンバーのリリカルで女性的な繊細さ…など、それぞれなんともいえない魅力があり惹きつけられる。アイドルポップスというフォーマットをタイならではのセンスで発展させた、非常にオリジナリティーの高い音楽ではないだろうか。ヌーイさんとジャムさん、2人のボーカルもリズムへのノリが素直でとてもチャーミング。声質や時折まじるカタコトの日本語もかわいすぎる。このカタコトっていうのは意外な萌えポイントかも。歌詞カードも写真一杯で文句なし! ★★★(10/06/12)